“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

家庭用版『Fallout 4』最新パッチ1.3が海外配信―オブジェクト描画距離が劇的改善!

家庭用版『Fallout 4』最新パッチ1.3が海外配信―オブジェクト描画距離が劇的改善!

February 10, 2016(Wed) 02:14 / by RIKUSYO


Bethesda Softworksは、先日PC版に配信された『Fallout 4』の最新アップデート“1.3”が、PS4/Xbox One版でも配信開始となったことを海外向けに発表しました。本アップデートでは“入植者のステータスメニュー”や“手で持っているオブジェクトの回転機能”に加えて、多くの修正や改善が行われていますが、特にオブジェクトのフェージング距離が劇的に増加したとのこと。Twitterでは比較映像が披露されています。


詳細なアップデート情報はBethesda.netをご覧ください。なお、記事執筆時点では国内向けのアップデート情報は公開されていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

特集


評価の高いコメント

  • 2016年2月10日 04:40:05 ID: ceionyci1Kpy
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    逆にコンソール版こんなにひどかったのかよ…

  • 2016年2月10日 09:20:40 ID: GXgmTsl54n6r
    11 スパくんのお友達さん
    通報する

    最適化も大事だが、それ以上に酷いバグ修正の方が急務であったと思うけどね。

  • 2016年2月10日 07:36:11 ID: mqCIKdVWE4jO
    8 スパくんのお友達さん
    通報する

    やっぱ最適化って大事だな
    現在のタイトルでPC盤とCS版で一目で解るような差が出るようなのは大体これが原因
    バットマンアーカムナイトのような真逆の例の存在からも最適化のスペック差以上の重さがよく現れてる

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 26 件

no image