ハードコアゲーマーのためのWebメディア

侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場

ゲーム文化 インディーゲーム

侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場

インディーデベロッパーSuperlegitgamesが開発を手掛けているローグライクRPG『Shigatari』がSteam Greenlightに登場しました。


本作はランダムに生成される江戸時代を舞台に、1人の侍が死ぬまでを描いています。 歌川国芳、歌川広重などの作品を使用した浮世絵調グラフィックが特徴的で、無防備な農民を斬り伏せたり、滝の下で瞑想したり、芸者の下を訪れたりできるほか、俳句をしたためることや切腹も実行可能となっています。


また、本作で行われる戦闘はターンベース制。標準的な攻撃、アクティブな防御に加え、中段、下段、八相など、いわゆる「五行の構え」も導入された戦略的な戦いが楽しめます。7つ存在する道場のマスターと"Emperor"を倒すことが目的となるようです。


山本常朝が著した「葉隠」の引用から始まる映像では、そんな本作のシステムや世界観を収録。選択制の会話シーンや俳句の制作システム、RPGならではの成長要素、いつでも行える「切腹」といった今作の魅力が映されています。


『Shigatari』はWindows/Mac/Linuxを対象に、2016年春のリリースを目指して開発中。Steam Greenlight通過への投票はこちらから可能です。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 30 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』メイの悩殺コスプレ―この視線誘導に抵抗できない…

    『オーバーウォッチ』メイの悩殺コスプレ―この視線誘導に抵抗できない…

  2. 80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

    80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

  3. 『スカイリム』世界初のコンサート開催も作曲家は「聞いてなかった」

    『スカイリム』世界初のコンサート開催も作曲家は「聞いてなかった」

  4. クラブ愛を示せる?『FIFA 17』ではパッケージを好きなクラブに換装可能

  5. ダンボール同士が殺しあう対戦シューター『What The Box?』インプレッション

  6. 赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

  7. 入魂インディー『Unworthy』開発中―ダークソウルの雰囲気も

  8. 直視できない!?セクシーすぎる『ウィッチャー3』サキュバスコスプレ

  9. イタリア美女が贈る『FF7』ティファのセクシーコスプレショット!

  10. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」海外発表!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top