ハードコアゲーマーのためのWebメディア

侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場

ゲーム文化 インディーゲーム

侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場

インディーデベロッパーSuperlegitgamesが開発を手掛けているローグライクRPG『Shigatari』がSteam Greenlightに登場しました。


本作はランダムに生成される江戸時代を舞台に、1人の侍が死ぬまでを描いています。 歌川国芳、歌川広重などの作品を使用した浮世絵調グラフィックが特徴的で、無防備な農民を斬り伏せたり、滝の下で瞑想したり、芸者の下を訪れたりできるほか、俳句をしたためることや切腹も実行可能となっています。


また、本作で行われる戦闘はターンベース制。標準的な攻撃、アクティブな防御に加え、中段、下段、八相など、いわゆる「五行の構え」も導入された戦略的な戦いが楽しめます。7つ存在する道場のマスターと"Emperor"を倒すことが目的となるようです。


山本常朝が著した「葉隠」の引用から始まる映像では、そんな本作のシステムや世界観を収録。選択制の会話シーンや俳句の制作システム、RPGならではの成長要素、いつでも行える「切腹」といった今作の魅力が映されています。


『Shigatari』はWindows/Mac/Linuxを対象に、2016年春のリリースを目指して開発中。Steam Greenlight通過への投票はこちらから可能です。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 30 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 利用者の趣向に合ったゲームを選んでくれるサイト「Letme.AI」

    利用者の趣向に合ったゲームを選んでくれるサイト「Letme.AI」

  2. 新海誠監督作「君の名は。」に『メタルギアソリッド』がチラリ―あのセガサターンも?

    新海誠監督作「君の名は。」に『メタルギアソリッド』がチラリ―あのセガサターンも?

  3. 海外ユーザーが『ポケモンGO』をドリキャス「ビジュアルメモリ」に強引移植中

    海外ユーザーが『ポケモンGO』をドリキャス「ビジュアルメモリ」に強引移植中

  4. 『LoL』国際大会「IWCQ 2016」予選終了、日本代表は5位敗退

  5. イタリア美女が贈る『FF7』ティファのセクシーコスプレショット!

  6. 悪夢のインディー新作『Year Of The Ladybug』初トレイラーが1週間延期

  7. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

  8. 【CEDEC 2016】『バイオハザード7』VR化への道のり...全編完全対応への難しさ語る

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top