ハードコアゲーマーのためのWebメディア

侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場

ゲーム文化 インディーゲーム

侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場

インディーデベロッパーSuperlegitgamesが開発を手掛けているローグライクRPG『Shigatari』がSteam Greenlightに登場しました。


本作はランダムに生成される江戸時代を舞台に、1人の侍が死ぬまでを描いています。 歌川国芳、歌川広重などの作品を使用した浮世絵調グラフィックが特徴的で、無防備な農民を斬り伏せたり、滝の下で瞑想したり、芸者の下を訪れたりできるほか、俳句をしたためることや切腹も実行可能となっています。


また、本作で行われる戦闘はターンベース制。標準的な攻撃、アクティブな防御に加え、中段、下段、八相など、いわゆる「五行の構え」も導入された戦略的な戦いが楽しめます。7つ存在する道場のマスターと"Emperor"を倒すことが目的となるようです。


山本常朝が著した「葉隠」の引用から始まる映像では、そんな本作のシステムや世界観を収録。選択制の会話シーンや俳句の制作システム、RPGならではの成長要素、いつでも行える「切腹」といった今作の魅力が映されています。


『Shigatari』はWindows/Mac/Linuxを対象に、2016年春のリリースを目指して開発中。Steam Greenlight通過への投票はこちらから可能です。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 30 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

    錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  2. PC版『ウィッチャー3』一人称視点Modが制作中!美麗な景色をもっと近くに

    PC版『ウィッチャー3』一人称視点Modが制作中!美麗な景色をもっと近くに

  3. eBayで『Pokemon GO』アカウントが出品中、「150匹以上ゲット済み」約30万円

    eBayで『Pokemon GO』アカウントが出品中、「150匹以上ゲット済み」約30万円

  4. 『Pokemon GO』トレーナー必携?「ポケモンずかん」風DIYスマホケース

  5. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  6. 『Pokemon GO』をドローンでプレイ!空中でポケモンゲットだぜ

  7. 【E3 2016】『Limbo』開発元の新作『INSIDE』発売日決定!―記念で『Limbo』無料配信も

  8. フロム監修『ダークソウル』フィギュア発売決定!第1弾は「騎士アルトリウス」

  9. 米国フロリダで『ポケモンGO』ユーザーが発砲事件の被害に

  10. 『ポケモンGO』珍プレー連発!ホワイトハウスに海の上、○○○なお店にもポケモン出現

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top