“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

新生『DOOM』PC/PS4/Xbox One版は1080p/60fpsで動作

新生『DOOM』PC/PS4/Xbox One版は1080p/60fpsで動作

February 26, 2016(Fri) 12:30 / by G.Suzuki

先日ドイツにおいて表現規制なしで発売されることが伝えられたid Software開発のシューター新生『DOOM』ですが、Bethesda.netにて本作が各プラットフォームで1080p/60fps動作を実現していることが伝えられています。

ドイツのidスタジオのリードプロジェクトプログラマーBilly Khan氏によれば、最新エンジンid Tech 6を採用した新生『DOOM』なら、PC/PS4/Xbox Oneプラットフォーム上で1080p/60fps動作を実現しながら、ビジュアル的な魅力を維持できるとのこと。また、id Tech 6の持つ物理ベースのレンダリングとダイナミックライティングにより、アーティストがこれまで以上にキャラクターをリアリスティックかつ魅力的に描くことが出来るようになったようです。他にもドイツのid Software技術チームには、以前にCrytekなどの他社で働いていた社員も多く、idTechを新たなレベルへと押し上げる方法を模索できていると述べています。

なお、前世代のゲームエンジンとなるid Tech 5は、2011年の『RAGE』や2014年の『Wolfenstein: The New Order』とTango Gameworksの『サイコブレイク(The Evil Within)』、2015年の『Wolfenstein: The Old Blood』で採用されていました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2016年2月26日 14:22:13 ID: /KvYZeNsBppA
    10 スパくんのお友達さん
    通報する

    本文すら読まずに脊髄反射してる人はしょうがないが、とりあえず元発言をざっと和訳したのを置いておくよ。だいぶ印象が変わるはず。

    -- 以下、発言内容 --

    プレイヤーには「DOOMやidTech6作品は、一体どうやって普通30fpsも無理そうな美麗な映像で60fps1080pを達成してるのか」と驚いてもらいたい。我々の目標は60fps1080pで最も美麗なゲームだ。

    idTech6では美術スタッフやデザイナーがワールドの飾り付けを素早く高精度で行うことができる。また、idTech6の物理ベースレンダラーと動的ライティングシステムにより、美術スタッフはキャラクタや環境をかつてなかったほどリアルで鮮烈にすることができる。

  • 2016年2月26日 14:04:26 ID: MbbHIwo+zGyX
    4 スパくんのお友達さん
    通報する

    グラが綺麗なのはもう当たり前になってきてるから、
    これからは60fpsを前提にして欲しいよね、やっぱり。

    勿論ジャンルや作品にもやるけど。

  • 2016年2月26日 16:22:23 ID: FTtOXvgsAeHL
    17 スパくんのお友達さん
    通報する

    面白けりゃそんなことはどうでもいいよ派
    テクスチャ解像度が!シェーダーの品質が!とか二の次よ
    プレイしてて面白くなけりゃその時点でポイなんで

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

no image