新生『DOOM』PC/PS4/Xbox One版は1080p/60fpsで動作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新生『DOOM』PC/PS4/Xbox One版は1080p/60fpsで動作

ゲーム機 技術

新生『DOOM』PC/PS4/Xbox One版は1080p/60fpsで動作
  • 新生『DOOM』PC/PS4/Xbox One版は1080p/60fpsで動作
先日ドイツにおいて表現規制なしで発売されることが伝えられたid Software開発のシューター新生『DOOM』ですが、Bethesda.netにて本作が各プラットフォームで1080p/60fps動作を実現していることが伝えられています。

ドイツのidスタジオのリードプロジェクトプログラマーBilly Khan氏によれば、最新エンジンid Tech 6を採用した新生『DOOM』なら、PC/PS4/Xbox Oneプラットフォーム上で1080p/60fps動作を実現しながら、ビジュアル的な魅力を維持できるとのこと。また、id Tech 6の持つ物理ベースのレンダリングとダイナミックライティングにより、アーティストがこれまで以上にキャラクターをリアリスティックかつ魅力的に描くことが出来るようになったようです。他にもドイツのid Software技術チームには、以前にCrytekなどの他社で働いていた社員も多く、idTechを新たなレベルへと押し上げる方法を模索できていると述べています。

なお、前世代のゲームエンジンとなるid Tech 5は、2011年の『RAGE』や2014年の『Wolfenstein: The New Order』とTango Gameworksの『サイコブレイク(The Evil Within)』、2015年の『Wolfenstein: The Old Blood』で採用されていました。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 任天堂の新ゲーム機は「ニンテンドースイッチ」!据え置き&携帯ゲーム機のハイブリッドマシン!

    任天堂の新ゲーム機は「ニンテンドースイッチ」!据え置き&携帯ゲーム機のハイブリッドマシン!

  2. 『レインボーシックス シージ』最新日本語パッチノート!嫌がらせ対策システム導入

    『レインボーシックス シージ』最新日本語パッチノート!嫌がらせ対策システム導入

  3. 携帯型Steam Machine「SMACH Z」国内向け並行輸入販売が決定

    携帯型Steam Machine「SMACH Z」国内向け並行輸入販売が決定

  4. Razerのプロ仕様PS4コントローラー「Raiju」海外で予約開始―価格は約2万円!

  5. VRゾンビシューター『Arizona Sunshine』のリリース日が決定!―HTC Vive/Oculus Rift対応

  6. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

  7. VRヘッドセット新型「Vive 2」がCESで発表との噂をHTCが否定

  8. 恐竜と触れ合えるVR体験ゲーム『ARK Park』が発表!―PS VR/Vive/Rift対応

  9. 携帯型Steam Machine「SMACH Z」Kickstarterキャンペーンが再始動

  10. ロジクール最新ゲーミングマウス「G402」をレビュー、全FPSユーザーに最適化された正確性

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top