ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新生『DOOM』PC/PS4/Xbox One版は1080p/60fpsで動作

ゲーム機 技術

新生『DOOM』PC/PS4/Xbox One版は1080p/60fpsで動作
  • 新生『DOOM』PC/PS4/Xbox One版は1080p/60fpsで動作
先日ドイツにおいて表現規制なしで発売されることが伝えられたid Software開発のシューター新生『DOOM』ですが、Bethesda.netにて本作が各プラットフォームで1080p/60fps動作を実現していることが伝えられています。

ドイツのidスタジオのリードプロジェクトプログラマーBilly Khan氏によれば、最新エンジンid Tech 6を採用した新生『DOOM』なら、PC/PS4/Xbox Oneプラットフォーム上で1080p/60fps動作を実現しながら、ビジュアル的な魅力を維持できるとのこと。また、id Tech 6の持つ物理ベースのレンダリングとダイナミックライティングにより、アーティストがこれまで以上にキャラクターをリアリスティックかつ魅力的に描くことが出来るようになったようです。他にもドイツのid Software技術チームには、以前にCrytekなどの他社で働いていた社員も多く、idTechを新たなレベルへと押し上げる方法を模索できていると述べています。

なお、前世代のゲームエンジンとなるid Tech 5は、2011年の『RAGE』や2014年の『Wolfenstein: The New Order』とTango Gameworksの『サイコブレイク(The Evil Within)』、2015年の『Wolfenstein: The Old Blood』で採用されていました。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 『Dota 2』VR観戦が実装!SF映画さながらのライブ視聴デモ映像

    『Dota 2』VR観戦が実装!SF映画さながらのライブ視聴デモ映像

  2. 【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説

    【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説

  3. NVIDIAが海外向けに約12万円のPascal世代新型TITAN Xを発表―発売は8月2日

    NVIDIAが海外向けに約12万円のPascal世代新型TITAN Xを発表―発売は8月2日

  4. ドバイの大型室内テーマパークに『FF7』『バイオハザード』が登場!

  5. ネオ新宿が舞台のFPS『Raw Data』VR作品初のSteam売り上げ上位

  6. VR空間にマップや戦況を表示!『Dota 2』にVR観戦モードが登場か

  7. Steamコントローラーが50万台セールス達成!―最新アップデート情報も公開

  8. スペックや発売時期は?新型本体「PS4.5/PS 4K」の気になる噂まとめ【UPDATE】

  9. 「PlayStation VR」二次予約受付、各店舗の状況は?―ソニーストアは販売終了

  10. 海外改造マニアが伝説の任天堂版「PlayStation」を分解して解析!―修理して完全動作を目指す

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top