ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Battlefield 5』の舞台は第一次世界大戦か―海外小売店に情報掲載

ニュース

『Battlefield 5』の舞台は第一次世界大戦か―海外小売店に情報掲載
  • 『Battlefield 5』の舞台は第一次世界大戦か―海外小売店に情報掲載
  • 『Battlefield 5』の舞台は第一次世界大戦か―海外小売店に情報掲載
正式発表は行われていないものの、既に開発が進められていることが明らかとなっている『Battlefield』シリーズ最新作(『Battlefield 5』)。詳細が殆ど伝えられていない中、スイスの小売店World of Gamesが本作の商品情報を掲載しているのが発見されました。

そこでは対象プラットフォームはPC/PS4/Xbox One、発売日は2016年10月26日という製品情報の他に、「Mehrspieler Taktik Shooter im 1. Weltkrieg」(Multiplayer tactical shooter in WW1)と記載されており、ゲームの舞台が第一次世界大戦になる可能性が浮上しています(現在は“第一次世界大戦”の部分が削除)。


もちろん今は噂の段階ですが、Electronic ArtsのCFOであるBlake Jorgensen氏は2014年のUBS Global Technology Conferenceにて、「Battlefieldはミリタリースタイルのゲームに戻る」と発言しており、真実である可能性はなきにしもあらずです。

近年は現代~未来設定のミリタリーFPSの多さから、『Battalion 1944』や『Rising Storm 2: Vietnam』など過去の戦争を扱った作品への注目も高まっています。もし本当に『Battlefield』最新作が第一次世界大戦を舞台にしているとしたら、ファンから大きな期待が寄せられるのではないでしょうか。今後の続報や正式発表が待たれます。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 112 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『タイタンフォール 2』アクションフィギュア予約開始―新タイタン&ジャック・クーパー

    『タイタンフォール 2』アクションフィギュア予約開始―新タイタン&ジャック・クーパー

  2. オープンワールドのサンドボックス泥棒シム『Klepto』がSteam早期アクセスで配信開始

    オープンワールドのサンドボックス泥棒シム『Klepto』がSteam早期アクセスで配信開始

  3. 『The Orion Project』開発者が『CoD』からのアセット盗用認める―担当アーティスト解雇

    『The Orion Project』開発者が『CoD』からのアセット盗用認める―担当アーティスト解雇

  4. 『ストV』ゼニー廃止に伴う追加補填が発表―バトルコスチューム配布へ

  5. これはイカがなものか…『スプラトゥーン』そっくりなモバイルゲームが見つかる―もはや移植版レベル

  6. ゾンビオープンワールド『State Of Decay』PCパッケージ版が海外発表

  7. 『DARK SOULS III』最新レギュレーション1.09配信決定―性能が大量調整

  8. 『FIFA 17』に「J1リーグ全18クラブ」フル収録―日本人選手がFrostbiteで描かれる!

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

アクセスランキングをもっと見る

page top