PS VR対応クライムFPSデモ『The London Heist』を「GAME ON」会場で体験 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS VR対応クライムFPSデモ『The London Heist』を「GAME ON」会場で体験

ゲーム機 VR

PS VR対応クライムFPSデモ『The London Heist』を「GAME ON」会場で体験
  • PS VR対応クライムFPSデモ『The London Heist』を「GAME ON」会場で体験
  • PS VR対応クライムFPSデモ『The London Heist』を「GAME ON」会場で体験
  • PS VR対応クライムFPSデモ『The London Heist』を「GAME ON」会場で体験

日本科学未来館で開催されているゲーム企画展「GAME ON」。本展では、PlayStation VR対応のデモ『The London Heist』(開発元:SCE Europe)をプレイすることが可能です。『The London Heist』では、手にした銃で追っ手を撃退しながら、ロンドンのハイウェイを駆け抜けるシューティングが楽しめます。PS VRがProject Morpheusと呼ばれていた昨年から一部で展示されていた作品ですが、「GAME ON」の会場であらためて体験してきたのでミニレポートをお届けします。

『The London Heist』の操作には、PlayStation Moveを使用します。しかし、トリガー以外のボタンは使用せず、ボタン操作はトリガーのみで行うことが可能です。トリガーを押すと手を握ることができ、車の中の飲み物をつかんだり、車のダッシュボードを開けたりすることができます。


ゲーム開始からしばらくすると、車を運転する相棒から銃が渡されます。右手で銃をつかんだ後に右指のトリガーを引くと、銃弾を発射します。弾がなくなった際には、ダッシュボードの中にある弾倉を左手でつかんで右手に近づけることにより、リロードができます。なお、スクリーンショットを確認するに、銃は左手で握ることも可能のようです。


特徴的なのは、PS VRならではの没入感。車の振動などを感じることはできないものの、視界に広がるのは助手席から見る景色そのものです。また、サイドドアを空けることができ、サイドドアを開けた隙間から車体後方を見ることもできます。

一方、気になったのは距離感がつかみにくいという点です。ダッシュボードの中にある弾倉をつかもうとしたら、ダッシュボードの蓋をつかんでしまうことがしばしばありました。また、射撃時やヒット時などにPS Moveの振動が対応していなかったのも、今後改善が望まれるポイントだと感じました。
《松木和成》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. VR版『Fallout 4』E3でプレイアブル出展、ディレクターは「人生で最も想像を絶するもの」と絶賛

    VR版『Fallout 4』E3でプレイアブル出展、ディレクターは「人生で最も想像を絶するもの」と絶賛

  2. 世界初の3画面ノートPC「Project Valerie」が発表!―Razerのコンセプトデザイン

    世界初の3画面ノートPC「Project Valerie」が発表!―Razerのコンセプトデザイン

  3. 新型Xbox Oneコントローラー「Recon Tech Special Edition」海外にて登場!

    新型Xbox Oneコントローラー「Recon Tech Special Edition」海外にて登場!

  4. 任天堂の新ゲーム機は「ニンテンドースイッチ」!据え置き&携帯ゲーム機のハイブリッドマシン!

  5. バンダイナムコ、大型VR施設「VR ZONE Shinjuku」を期間限定オープン!

  6. 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会

  7. 【開封レポ】「Oculus Rift」製品版が編集部にやってきた!セットアップ手順やゲームプレイを解説

  8. 携帯Steam機「SMACH Z」で『Fallout 4』や『GTA V』は遊べるのか?―LowSpecGamerがチェック!

  9. AverMedia新型キャプチャデバイス「LGX GC550」をレビュー。ビギナーにもコアユーザーにもオススメの最上位機種!

  10. VRヘッドセット新型「Vive 2」がCESで発表との噂をHTCが否定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top