“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

新生『DOOM』日本版5月19日リリース決定―CERO Zで表現規制ナシ!

新生『DOOM』日本版5月19日リリース決定―CERO Zで表現規制ナシ!

March 11, 2016(Fri) 15:15 / by G.Suzuki

!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

ベセスダ・ソフトワークスは、id Software開発のバイオレンスシューター新生『DOOM』を国内で5月19日に発売すると発表しました。

今回日本国内で発売される『DOOM』は、表現規制なしの北米版と同じ仕様で対象年齢は18歳以上のCERO Zとなります。対応言語は日本音声/日本語字幕だけでなく、英語の音声/字幕にも切り替え可能です。ゲームエンジンはid Tech 6を採用し、全対象プラットフォームにおいて1080p/60fpsで動作します。またPC版のシステム要件やマルチプレイ、マップエディターの情報は、海外で実施されるベータテスト以降の4月に発表予定です。


マルチプレイトレイラー

本作は、PC/PS4/Xbox One向けに海外で5月13日に、国内で5月19日に発売予定(PC版はダウンロードのみ)。価格は7,980円(税抜)です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2016年3月11日 15:34:07 ID: aOkOsP7SBhhg
    17 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>12
    CERO云々というより、一時期各社が異常なまでに「自主規制」してただけじゃないかな。
    以前からNINJAGAIDEN2みたいにモロに人体欠損描写の有るゲームも出てたわけだし。

    という訳で、今こそデッドスペースのリマスター版を作って、
    日本でも販売してくれませんかね…。

  • 2016年3月11日 15:19:15 ID: l3oj5UW5/CKy
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    DOOMOありがとう

  • 2016年3月11日 15:18:55 ID: 5uYRos6tbXXf
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    ベセスダさん、最近頑張りすぎじゃないですか!?
    ありがとう!!

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 58 件

no image