ハードコアゲーマーのためのWebメディア

16歳少年ハッカーがSteamの脆弱性を発見、審査を回避して謎ゲーの不正リリースに成功

ゲーム文化 カルチャー

16歳少年ハッカーがSteamの脆弱性を発見、審査を回避して謎ゲーの不正リリースに成功
  • 16歳少年ハッカーがSteamの脆弱性を発見、審査を回避して謎ゲーの不正リリースに成功

マンチェスター在住のコーダーRuby ‘rubiimeow’ Nealon氏は、Steamのループホールを利用してValveの審査を回避しながら『Watch Paint Dry』なるゲームを一時的にリリースしました。

何らかの手段でSteamworksアカウントを取得した彼は、「Steamトレーディングカード」機能を利用しながら、実際にはSteam上に存在していないゲーム作品のアプリケーションID/セッションIDをデータベース内で操作。Steamの脆弱性を突いて、“ペンキが乾く様子を見つめるだけのゲーム”を一時的にストア上に登場させたとのことです(Googleキャッシュ)。彼はこのことをValveに自主的に報告しており、現在『Watch Paint Dry』はSteamから削除済み。不正リリースに至るまでの手段も修正された模様です。

Ruby ‘rubiimeow’ Nealon氏は「一連の責任は自分にあるし、捕まってしまうのもプランの内。ちょっとした悪ふざけに過ぎないよ」とコメントしながら、以前からこのループホールを報告する意向だった旨と、悪意がなかったことを告白。現在までに不正リリースに関連した被害報告は伝えられていない模様です。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 36 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  2. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  3. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  6. 英雄は悩殺!『オーバーウォッチ』マーシーの天使コスプレ―D.Vaちゃんのごろ寝ショットも

  7. 海外美人レイヤーの『オーバーウォッチ』ロードホッグコスプレ―マコちゃん可愛い!

  8. まさに寝落ち!『オーバーウォッチ』でアナに眠らされ続けてサーバーから強制退場

  9. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  10. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top