【年末企画】『最もたくさん読まれた記事』TOP10(2016年) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【年末企画】『最もたくさん読まれた記事』TOP10(2016年)

Game*Spark オリジナル

【年末企画】『最もたくさん読まれた記事』TOP10(2016年)
  • 【年末企画】『最もたくさん読まれた記事』TOP10(2016年)

気づけば終りを迎える2016年。Game*Sparkでは今年も様々なゲームニュースを記事にしてお伝えしましたが、その中で最もたくさん読まれた記事は一体どんなニュースだったのでしょうか。PC版サイトとスマホ版サイトそれぞれでのTOP10をご紹介(概要文は掲載当時のもの。また、特集記事やまとめ記事は除外しています)。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

◆PC版サイト

1位: 新ハイエンドモデル「PS4 Pro」開封映像が海外メディアより到着!
国内外での発売が目前に控えたハイエンドモデル「PlayStation 4 Pro(PS4 Pro)」。本機の開封映像が海外メディアGameSpotより公開されています。




2位: 米TIME誌「今年の発明品ベスト25」に「PlayStation VR」選出
海外メディアTIME誌は、「The 25 Best Inventions of 2016(TIME誌が選ぶ2016年の発明品ベスト25)」のひとつとして、ソニー・インタラクティブエンタテインメントのVRデバイス「PlayStation VR」を選びました。




3位: 海外レビューハイスコア『ポケットモンスター サン・ムーン』
11月18日よりリリースされた『ポケットモンスター サン・ムーン』の海外レビューをお届けします。本記事では『ポケットモンスター サン』へのメディアレビュー(36件)に準拠して紹介しています。




4位: 『ジェットセットラジオ』などSEGAの3作品がSteamで無料配布!
SEGAは、Creative AssemblyとRelic Entertainment共催のイベント「Make War Not Love 3 A Bloody Valentine」にてSEGAの3タイトルをSteamにて期間限定で無料配信しました。




5位: 『グランツーリスモSPORT』のVR対応は一部モードのみに
ロンドンで開催されたイベント“Future of Play”において、PS4 Proへの対応が発表された『グランツーリスモSPORT』ですが、以前より伝えられていたVRへの対応は一部モードでのみになることが明らかとなりました。




6位: カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!
E3 2016で電撃的に発表されたPS4向け新作『バイオハザード7 レジデントイービル』の体験版として登場した『バイオハザード7 ティザー~ビギニングアワー~』。この謎多き体験版に多くのファンが挑戦していますが、今なお真相の解明には至っていません。




7位: 『Overwatch』女性キャラ「トレーサー」に“性的表現”の指摘、勝利ポーズ修正へ
Blizzard Entertainmentの『Overwatch(オーバーウォッチ)』ディレクターJeff Kaplan氏は、ユーザーから「無個性な性的表現」であると指摘された“Tracer(トレーサー)”の勝利ポーズを修正する方針であると、公式フォーラムを通して伝えました。




8位: Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始
Ubisoft設立30周年の記念として行われている、Ubisoft Club(Uplay)向けPCゲームの無料配布キャンペーン。本キャンペーンにおける9月度の配布タイトル『The Crew』PC版無料配信が国内外で開始されました。




9位: 『オーバーウォッチ』のハンゾーになりきった男がハリウッドで逮捕!
Blizzard手がける新作FPS『オーバーウォッチ』の登場キャラクター「ハンゾー」になりきった男が、ロサンゼルスのハリウッドにて逮捕されたとのニュースが伝えられています。




10位: 『スカイリム』高画質化Mod適用版とリマスター版の比較映像!
E3 2016にて正式発表された、『The Elder Scrolls V: Skyrim』のリマスター版となる『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』。名作が遂に現世代コンソール向けに登場するということで興奮しているファンも多いでしょう。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


◆スマホ版サイト

1位: カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!
E3 2016で電撃的に発表されたPS4向け新作『バイオハザード7 レジデントイービル』の体験版として登場した『バイオハザード7 ティザー~ビギニングアワー~』。この謎多き体験版に多くのファンが挑戦していますが、今なお真相の解明には至っていません。




2位: 『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベル40到達、Bot利用のデータ確認目的で
海外では7月6日よりリリースされた『ポケモンGO(Pokemon GO)』ですが、とある海外プレイヤーよりトレーナーレベル上限値を確認したとの報告がRedditに寄せられ、ゲームメディアや一部ユーザーの間で大きな注目を集めています。





3位: ライトニングは実在した…?あまりにも本気すぎる『FF13』コスプレ
2013年にファイナルファンタジー公式Twitterが実施した女性キャラの人気投票において、見事1位に選出された『ファイナルファンタジーXIII』の主人公ライトニング。米国在住のコスプレイヤーKiloryさんは、そんなライトニングの衣装をまとったコスプレ画像を6点披露。




4位: 『ポケモンGO』各チームリーダーの姿が明らかに―ポケモンセンターの存在も
遂に日本でもリリースされ、各地で大きな反響を呼んでいる『ポケモンGO』。本作に搭載されている対戦機能ジム戦ですが、赤/青/黄色の各チームを率いるチームリーダーの姿と名前がアメリカはサンディエゴで開催中のComic-Con 2016にて公開されました。




5位: 『ポケモンGO』アップデート実施―ポケモンの強さを評価してくれる機能が実装
ナイアンティックは、iOS/Android向けゲームアプリ『ポケモンGO』のアップデートを実施したと発表しました。




6位: 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBAN
海外ハードコア『ポケモンGO』プレイヤーのJimmy Derocherさんは、数週間の計画期間を費やし、正規の方法で100万経験値を一日で得られる方法を考案。その挑戦の最中に不正ツールを使用したチートとみなされ、不幸にもBANされてしまう出来事があったようです。




7位: 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中
先日、突如として公式ウェブサイト上で情報が披露された『Year Of The Ladybug』は、プラットフォーム、発売時期など未定なコンセプト段階でありながら、完成度の高いアートデザイン上のキャラクターや奇妙な世界観、企画書により、世界中から多くの注目集まっている作品。その非常に魅力的な本作品をご紹介します。




8位: 任天堂の新ゲーム機は「ニンテンドースイッチ」!
任天堂は、新たなゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を発表しました。これまで任天堂の新ゲーム機は「NX」という開発コード名で発表されていましたが、今回は正式名称やどのような機能が存在するか紹介する映像が公開されました。




9位: 狂気の話題作『Year Of The Ladybug』初のトレイラーまもなく公開
狂気にまみれた世界観や恐ろしい敵デザインが大きな話題となったインディータイトル『Year Of The Ladybug』。本作の開発を担当しているMint Mentisが初のトレイラー公開を予告しました。




10位: 『レインボーシックス シージ』SAT導入の新拡張が予告―「時は、来たれり」
Ubisoftより発売中のタクティカルFPS『レインボーシックス シージ(Tom Clancy's Rainbow Six Siege)』。本作の新拡張関連とみられる新たな予告イメージが海外公式Twitterにて公開されました。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

様々なニュースが盛り沢山だった2016年。果たして2017年に一体どんなニュースが飛び出てくるのでしょうか。今後の展開が楽しみですね。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

特集

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【げむすぱ放送部】『Blackwake』火曜夜生放送!-紅茶でも飲みながら気ままに海戦しようぜ!

    【げむすぱ放送部】『Blackwake』火曜夜生放送!-紅茶でも飲みながら気ままに海戦しようぜ!

  3. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明―「大変困惑している」

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明―「大変困惑している」

  4. 【今から遊ぶ不朽のRPG】第12回『Diablo』(1996)

  5. 小島監督が海外インタビューで『DEATH STRANDING』について語る

  6. 【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  7. 任天堂「ニンテンドースイッチ」の発売日やスペック、対応ソフトは?―現時点の情報まとめ

  8. 『オーバーウォッチ』24人目の新ヒーローは一体誰?―ディレクターがヒント

  9. 【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?

  10. 禁断のボツカード案も?『ハースストーン』名物開発者ベン・ブロードにインタビュー

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top