【年末年始企画】2017年に注目したい「ゲーム業界の著名人」10人 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【年末年始企画】2017年に注目したい「ゲーム業界の著名人」10人

Game*Spark オリジナル

【年末年始企画】2017年に注目したい「ゲーム業界の著名人」10人
  • 【年末年始企画】2017年に注目したい「ゲーム業界の著名人」10人
  • 【年末年始企画】2017年に注目したい「ゲーム業界の著名人」10人
  • 【年末年始企画】2017年に注目したい「ゲーム業界の著名人」10人
  • 【年末年始企画】2017年に注目したい「ゲーム業界の著名人」10人
  • 【年末年始企画】2017年に注目したい「ゲーム業界の著名人」10人
  • 【年末年始企画】2017年に注目したい「ゲーム業界の著名人」10人
  • 【年末年始企画】2017年に注目したい「ゲーム業界の著名人」10人
  • 【年末年始企画】2017年に注目したい「ゲーム業界の著名人」10人
本記事では、Game*Spark読者なら目が離せないことであろう「2017年に注目したいゲーム業界の著名人達」をご紹介。海外ゲームを筆頭に国内外で人気を博している有名人のこれまでの活動経歴、続報が気になる関連ニュースをお届けします。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆



■Michael Chu(マイケル・チュウ) - Blizzard Entertainment / Lead Writer
    経歴: Blizzard Entertainmentで品質保証アナリストを担当(2000年11月~2002年10月)。主な担当タイトルは『Warcraft III: The Frozen Throne』『Warcraft III: Reign of Chaos』『Diablo II: Lord of Destruction』。その後はLead Writerとして『World of Warcraft』『Diablo III』『Overwatch』などの看板タイトルに参加。そのほか、『Diablo』『Overwatch』関連のショートストーリーやコミックも担当。2004年10月から2006年4月までは、Obsidian Entertainmentでデザイナーとしても活動し、『Neverwinter Nights 2』『Star Wars: Knights of the Old Republic II: The Sith Lords』を手掛ける。


■Jeffrey Kaplan(ジェフリー・カプラン) - Blizzard Entertainment / Lead Writer
    経歴: 2002年5月からBlizzard Entertainmentでアソシエイトゲームデザイナーを担当。その後もゲームデザインを主に活動し、2013年から現在までにかけてゲームディレクター兼バイスプレジデントとしてBlizzardに在籍。『Overwatch』のほか、『Warcraft III: Reign of Chaos』『World of Warcraft』などにも参加。過去には『EverQuest』ギルドリーダーとして活動していたことでも知られる。








■Todd Howard(トッド・ハワード) - Bethesda Game Studios - Game Designer/Director/Producer






■Neil Druckmann(ニール・ドラックマン) - Naughty Dog / Creative Director






■Sam Houser(サム・ハウザー) - Rockstar Games / President






■Mathijs de Jonge - Guerrilla Games / Game Director






■Ken Levin(ケン・レヴィン) - 元Irrational Games / Creative Director






■Phill Robb(フィル・ロブ) - Turtle Rock Studios / Creative Director






■PewDiePie(ピューディパイ) - YouTuber






■小島秀夫 - コジマプロダクション / ゲームデザイナー


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


以上、「2017年に注目したいゲーム業界の著名人達」10人でした。期待作の開発やリリースを控えるデベロッパー、次なる活動が興味深いゲームデザイナーやストリーマーなどにわたってご紹介しました。海外人気の高い著名人を主に集めましたが、過去の経歴や参加経験のあるタイトルについては意外なものも見つかったのではないでしょうか。2017年を賑わせるであろうゲーム業界ニュースを読み進めるための、ちょっとしたガイドとして役に立てば幸いです。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 34 件

編集部おすすめの記事

特集

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【特集】『ゲームに登場するお母さんキャラ』10選―ディア・ママ!

    【特集】『ゲームに登場するお母さんキャラ』10選―ディア・ママ!

  2. 【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

    【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  3. 【年末企画】『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20 (2016年)

    【年末企画】『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20 (2016年)

  4. 【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

  5. 【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?

  6. 【今から遊ぶ不朽のRPG】第12回『Diablo』(1996)

  7. 禁断のボツカード案も?『ハースストーン』名物開発者ベン・ブロードにインタビュー

  8. 【特集】『ゲームの女性ヘアスタイル』10選―また髪の話してる…

  9. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  10. 【特集】『1-2-Switch』ぼっちでも楽しいゲーム6選 ─ ひとりでも赤ちゃんをあやして遊べる!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top