次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加

ニュース

次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加
  • 次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加
!注意!本記事にはネタバレ表現が含まれています。閲覧にはご注意ください。

Ubisoftより2016年にリリースされたオープンワールドタイトル『ウォッチドッグス 2(Watch Dogs 2)』。国内外で配信されたアップデート1.11にてエンディングが一部追加された、と海外メディアが報告しています。

10GBを超える本パッチでは、今後配信予定の有料DLC「Human Conditions」の準備に絡んだロケーションや、新衣装/エモート/ダンスを導入していますが、「ナラティブ」の項目では、エンディングに何かを追加した旨が記載されています。

この”何か"に当たるのは、エンディング部分に追加された2分30秒ほどの新たなシーン。アップデートを適用すると、主人公らが所属するDedSecの声明ムービーと、正体不明の男2名が交わす怪しげな会話を視聴可能(海外ユーザーによる英語版映像)に。男2名の会話内容は、DedSecの下位組織が中東、南米、ヨーロッパなどに誕生し、ハクティビストが増えている、というもので、男はこの会話を受け、「そうか、電話しろ」などと会話を続けます。

また、この男2名の会話音声ファイル名が「51.462014, -0.112504.wav」と座標のようになっており、そこがイギリス、ロンドンのブリクストンを示していることから、次回作、あるいは『ウォッチドッグス 2』DLCの舞台がロンドンになるのではないか、と海外メディアKotakuが予想しています。

KotakuがUbisoftに問い合わせたところ、担当者は「プロダクションチームは、『ウォッチドッグス』の伝承を拡張し、DedSecの潜在的な未来をほのめかすため、キャンペーンの終わりに何かを少しだけ入れたかった」とコメントしたとのこと。

なお、ゲームのエンディングが、発売後のパッチによって追加/変更されることは過去にもあり、2012年の『Mass Effect 3』や2010年の『Portal』などが例として挙げられています。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 20 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

    『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

  2. 『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

    『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

  3. モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

    モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

  4. 中二ラクガキ『ドローン・トゥ・デス』4月国内配信!PS Plusフリープレイでも提供

  5. 海外サイトが選ぶ『名作アクションRPGシリーズ』TOP10

  6. EA DICE新作『Star Wars Battlefront II』詳細は4月のイベントにて公開

  7. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  8. 『Destiny 2』日本語吹替え映像!前作大型アップデート「勝利の時代」も

  9. MMO『The Secret World』がF2PアクションRPGとして再始動

  10. 『マフィア III』体験版国内配信!DLC「もっと速く!」もリリース【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top