『ウルトラストリートファイターII』一人称視点で必殺技を繰り出す「放て!波Do拳」モード公開、波動拳をその手で打ち出せ! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ウルトラストリートファイターII』一人称視点で必殺技を繰り出す「放て!波Do拳」モード公開、波動拳をその手で打ち出せ!

家庭用ゲーム Nintendo Switch

『ウルトラストリートファイターII』一人称視点で必殺技を繰り出す「放て!波Do拳」モード公開、波動拳をその手で打ち出せ!
  • 『ウルトラストリートファイターII』一人称視点で必殺技を繰り出す「放て!波Do拳」モード公開、波動拳をその手で打ち出せ!
  • 『ウルトラストリートファイターII』一人称視点で必殺技を繰り出す「放て!波Do拳」モード公開、波動拳をその手で打ち出せ!
  • 『ウルトラストリートファイターII』一人称視点で必殺技を繰り出す「放て!波Do拳」モード公開、波動拳をその手で打ち出せ!
  • 『ウルトラストリートファイターII』一人称視点で必殺技を繰り出す「放て!波Do拳」モード公開、波動拳をその手で打ち出せ!
  • 『ウルトラストリートファイターII』一人称視点で必殺技を繰り出す「放て!波Do拳」モード公開、波動拳をその手で打ち出せ!
  • 『ウルトラストリートファイターII』一人称視点で必殺技を繰り出す「放て!波Do拳」モード公開、波動拳をその手で打ち出せ!
  • 『ウルトラストリートファイターII』一人称視点で必殺技を繰り出す「放て!波Do拳」モード公開、波動拳をその手で打ち出せ!
  • 『ウルトラストリートファイターII』一人称視点で必殺技を繰り出す「放て!波Do拳」モード公開、波動拳をその手で打ち出せ!

カプコンは、ニンテンドースイッチソフト『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』に搭載される新モードなどを発表しました。

本作は、対戦格闘ゲームの一大ブームの火付け役として知られている『ストリートファイターII』をベースに、新たなファイターを加え、またグラフィックもリファインするなど、かつての名作を最新ハードで楽しめる調整や新要素が多彩に用意された一作です。


そしてこのたび、遊びの幅を更に広げる新モード「放て!波Do拳」や「カラーエディット」機能などの情報を公開。「放て!波Do拳」では、モーション操作とボタンの組み合わせで、波動拳などの必殺技を繰り出すことができます。子供時代に、波動拳のポーズを真似た経験がある方も少なくないはず。覚えがあるゲームファンは、今度はゲーム画面に向かって波動拳を放ちましょう!

◆君も今日からストリートファイター!? 新感覚モード「放て!波Do拳」を実装!



一人称視点でリュウになり切り、迫りくるシャドルー兵をなぎ倒す「放て!波Do拳」モードでは、左手と右手それぞれにJoy-Con(L)、Joy-Con(R)を持ち、モーション操作とボタンの組み合わせで、あの波動拳や昇龍拳を繰り出せます。


「放て!波Do拳」には、敵を倒してクリアを目指す「ステージモード」の他に、体力が0になるまで戦い続けて己の力を試すことのできる「エンドレスモード」や、技を出す練習ができる「修練モード」、計3つのモードを用意。


さらに、プレイ内容に応じてキャラクターを強化するための「成長ポイント」が与えられ、攻撃力や防御力など6種類のパラメーターに割り振ることが可能です。ハイスコアを目指すため、自分にあったカスタマイズ強化をしましょう。

◆好きなキャラクターを自分色に染めよう! 「カラーエディット」機能を搭載



キャラクターを自分だけのオリジナルカラーに編集、保存できる「カラーエディット」機能を実装。タッチスクリーンを使って直観的にキャラクターカラーをカスタマイズできます。保存したカラーは、もちろんアーケードやバーサス、オンライン対戦にも反映可能です。

変更したカラーは各キャラ合わせて10種類まで保存可能。バトルだけでなく、見た目もライバルと差をつけましょう。



◆『SF』シリーズの高解像度イラスト集約!



「SF」シリーズの魅力の1つに、個性的なキャラクターデザインが挙げられます。本作には、「ストリートファイターアートワークス覇」から厳選したイラストを収録し、1,400点以上にもおよぶイラストが閲覧可能。


さらに、250dpiの高解像度を実現しており、細かい文字も拡大すれば読み取ることができるので、ファンにはたまらない要素と言えるでしょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』は発売日未定。価格は、パッケージ版が4,990円(税抜)、ダウンロード版が4,620円(税抜)です。

(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

記事提供元: インサイド
インサイド

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

    PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

  2. スイッチ版『スカイリム』はリマスター版か否か?海外メディアがハワード氏へ直撃

    スイッチ版『スカイリム』はリマスター版か否か?海外メディアがハワード氏へ直撃

  3. スイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

    スイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  4. キャラカスタマイズを紹介する『Mass Effect: Andromeda』最新映像!

  5. PS「ベストヒットインディーズ セール」がPS Storeにて実施―PS Plus加入者は最大80%OFF!

  6. PS4向け初代『ダライアス』収録の30周年記念製品リリース!『Gダラ』までのサントラも収録

  7. チビるほど恐怖!サバイバルシューター『The Brookhaven Experiment』PS VR版が国内でリリース

  8. 狂気のアーカム再び…PS4『バットマン:リターン・トゥ・アーカム』リリース!

  9. SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験、ジョイコン「乳搾り」にご満悦

  10. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top