海外レビューハイスコアゲーム『あつまれ!ピニャータ』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコアゲーム『あつまれ!ピニャータ』

ニュース 最新ニュース

●[b]1UP: [size=medium]9.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―Rareのゲームの歴史の中で、最も素晴らしいタイトル。好奇心をそそられれる

●[b]GameSpy: [size=medium]9.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―このゲームは庭を造る方法が無数にあり、遊び方も無数にある

●[b]IGN: [size=medium]9.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―キャラクターは可愛く、そして新たな発見に富んでいる

●[b]TeamXbox: [size=medium]8.4[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―RTSゲームより、とても挑戦的なゲームだ

●[b]GameSpot: [size=medium]8.3[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―特定の年齢を対象としない、幅広い年齢層で誰でも遊べるゲーム



海外ではアニメも放映されているあつまれ!ピニャータ。箱庭SLG、極彩色のキャラクターに加え、開発元が良質ゲームを輩出しているREAR社とのことで、一躍脚光を浴びているゲームです。

動物たちや原住民(?)とのイベントも豊富で、特に仕種が可愛いキャラクターは日本でも巷で口コミが始まっています。海外での主要プレスの評価も高く、期待を裏切らない内容になっているのは間違いないでしょう。日本で発売されてからのユーザーの反応が楽しみなタイトルです。発売は2007年1月11日です。

[i]あつまれ!ピニャータ[/i]過去の記事一覧

(c)2006 Microsoft Corporation. All rights reserved.
《Taka》

ニュース アクセスランキング

  1. エレクトロニック・アーツ、Visceral Gamesスタジオを閉鎖―『Dead Space』シリーズなど開発

    エレクトロニック・アーツ、Visceral Gamesスタジオを閉鎖―『Dead Space』シリーズなど開発

  2. 『グランツーリスモSPORT』の山内一典氏、イタリアの大学で名誉学位を受贈

    『グランツーリスモSPORT』の山内一典氏、イタリアの大学で名誉学位を受贈

  3. ソニー・ミュージックエンタテインメントがゲームパブリッシャーに…『TINY METAL』などインディ作品を展開

    ソニー・ミュージックエンタテインメントがゲームパブリッシャーに…『TINY METAL』などインディ作品を展開

  4. 『DARK SOULS』アストラの上級騎士スタチューの工場製作版ビジュアルが公開!

  5. 『STAR WARS バトルフロント II』デザインのPS4 Proが数量限定で発売―ゲームソフトも同梱

  6. 『PUBG』チーターのBANがついに32万人オーバー―直近24時間では約2万人のBANも

  7. 『Dying Light』英国でゾンビ対策された家付き限定版を発売、お値段約4600万円

  8. PS4『ARK:Survival Evolved』3つのポイント紹介―100種を超える恐竜達

  9. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  10. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

アクセスランキングをもっと見る

page top