海外で『MOTHER 3』のDS発売を目指す運動が展開中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外で『MOTHER 3』のDS発売を目指す運動が展開中

"MOTHER"と聞いてあのRPGをまっさきに連想する方は少なくないはず。海外では[b]Earthbound[/b]としてマザー2のリリースがありましたが、最新作(といってももうだいぶ前…)マザー3は依然リリースされず。そんな中、DSでのマザー発売を願う人たちの大規模キャンペー

家庭用ゲーム Wii
[size=x-small]主役はスターマン?な海外版マザー2。なぜかネスが搭乗しているロボット風。[/size]


"MOTHER"と聞いてあのRPGをまっさきに連想する方は少なくないはず。糸井重里のシナリオが冴えるゲームで、コアなファンからライトなファンまで、まさに「おとなもこどももおねーさんも」楽しんだゲームです。海外ではSNES(スーパーファミコン)でマザー2のローカライズ作品が[b]Earthbound[/b]として発売されたのですが、Mother3は依然としてリリースされていません。そもそもファーストのマザーからして翻訳を含むローカライズが終了していたのにもかかわらず、NESからSNESへの移行期において頓挫したという歴史があります。その結果としてマザー"2"がEarthbound"1"としてリリースされました。


[size=x-small]EarthboundのED。どせいさんフォントも忠実に再現[/size]


マザー3が、海外でのローカライズの時のようにニンテンドー64を含むハードの変更の波で発売が遅れ、ついに発売されたハードがGBAだったこともあるのか、現在のところローカライズは予定されていないようです。というよりもまだリリースされていなかったことにちょっと驚き。GBAでリリースしたことが作品の質を落とすことにはなってはいませんが、やはり現段階でGBAで新作を販売するというのは難しいのかもしれません。そういうことも影響してか、海外では[url=http://kotaku.com/gaming/mother/rumor-mother-trilogy-coming-to-ds-187542.php]Mother Trilogy Coming to DS[/url](マザーの3作品がまとめてDSで登場!)なんて噂もありました。

そんな感じで、今もなおリリースの無いマザー3の海外版。米国の最大ファンサイト[url=http://starmen.net/forum/?t=msg&th=33499]Starmen.net[/url]ではこの状況に対して大規模なキャンペーン運動が始まっている(開始日が2007年の5月13日=マザーズデイ!)とか…。その内容というのがこちら。

・Earthboundのファンアートやポスターを封筒に入れ、任天堂に郵送しまくる。
・ネット上でEarthboundを喧伝しまくる。
・マザーの新作への要望を任天堂に電話しまくる。

[size=x-small]キャンペーンの方法はこんな感じ[/size]


DSでマザー3を発売してもらうことが目標のようで、上記のような運動を組織的に行っているそう。電子メールでは無く、形のあるメールを使うことで、削除を容易に行わせないといった狙いもあるようです。海外サイトではこれを概ね肯定的に捉えていて、「古風だが悪くない行動主義」といった評価をしています。

日本でもこうしたことがたまーにあります。どちらもファンの熱い思いがこもった運動ですよね。国内ではなんとなくDSでの『マザー・トリロジー』はありそうな気もしてきますし、その一方で、スマブラ最新作『大乱闘スマッシュブラザーズX』でネスが参戦するのかどうかも気になるところ。海外でもこれだけ熱心なファンがいるので、任天堂がDSでのリリースを検討する、といった目標の達成が見られる日が来るかもしれません。
[size=x-small](ソース:[url=http://www.siliconera.com/2007/06/28/earthbound-fans-don%e2%80%99t-quit-they-demand-mother-3/]Siliconera: Earthbound fans don’t quit, they demand Mother 3[/url])[/size]

【関連記事】
本日の一枚『フィアンセのために作られたMOTHERなDSケース』
イギリスで二コール・キッドマンが任天堂のイメージキャラクターに(UPDATE)
『スマブラX』と『超兄貴』の意外な接点

(C)Nintendo




《Kako》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FF7 リバース』配信ガイドライン公開―野村哲也氏から配信禁止区間がない理由の説明も

    『FF7 リバース』配信ガイドライン公開―野村哲也氏から配信禁止区間がない理由の説明も

  2. 『Dead Island 2』Xbox版が海外でGame Pass入り―ロサンゼルス舞台のゾンビARPGが突然の発表

    『Dead Island 2』Xbox版が海外でGame Pass入り―ロサンゼルス舞台のゾンビARPGが突然の発表

  3. 主人公は選ばれた英雄じゃない、一般人として大冒険に挑むオープンワールド『Outward Definitive Edition』スイッチ版発売日決定!

    主人公は選ばれた英雄じゃない、一般人として大冒険に挑むオープンワールド『Outward Definitive Edition』スイッチ版発売日決定!

  4. 韓国での発売中止が噂された幕末オープンワールド『Rise of the Ronin』、「当初から発売計画はなかった」―海外メディアへSIE回答

  5. 『スト6』新キャラ「エド」を先行プレイ!“格ゲー力”が試される―多彩な必殺技を武器に、勇気を持って踏み込め

  6. シリーズ最新作『New 電波人間のRPG FREE!』スイッチにて2024年中に基本無料で配信【Nintendo Direct 2024.2.21】

  7. ヴァニラウェア新作『ユニコーンオーバーロード』は、「気がつけば我が社最大のコンテンツ量」―仲間キャラは60人以上に

  8. 日本のARPG金字塔シリーズ3作目が『EGGコンソール ハイドライド3 PC-8801mkIISR』としてスイッチにて発売

  9. 『ファンタジーライフi グルグルの竜と時をぬすむ少女』最新映像!「ライフ」を切り替え、自分だけの島を作り上げるRPG【Nintendo Direct 2024.2.21】

  10. 『FF7リバース』クラウドの声は櫻井孝宏さん続投か?新映像の“聞きなれたボイス”にファン安堵

アクセスランキングをもっと見る

page top