全然違ウ!海外カバーアート『ボンバーマンシリーズ』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外カバーアート『ボンバーマンシリーズ』

コンシューマではFC版からデビューした、[b]ボンバーマンシリーズ[/b]。他機種で内容をパワーアップ(ダウンもアリ)させてリリースを重ねる毎に、原盤となるFC版からキャラクターも追加され、性格付けまでされていきました。今回はこのボンバーマンシリーズの国内版

家庭用ゲーム PlayStation 2
コンシューマではFC版からデビューした、[b]ボンバーマンシリーズ[/b]。他機種で内容をパワーアップ(ダウンもアリ)させてリリースを重ねる毎に、原盤となるFC版からキャラクターも追加され、性格付けまでされていきました。今回はこのボンバーマンシリーズの国内版と海外版のアートを比較してみます。


最初にFC日本版がこちら。



「懐かしい!」と思われる方も多いでしょう。ゲーム中のキャラクターも素朴で、ボンバーマンはまだしも風船(?)みたいな敵がステージをうろうろしていたのが印象的でした。このアートのボンバーマンはカッコイイのですが、ゲーム中のものはこんなにメカニカルなボディではありません。一応イメージということでのパッケージです……。

海外版のTurboGrafx16(PCエンジン)版のボンバーマンは、こんな感じ……。



おお!またしてもかぶり物?!普通の人間が「これ、ボンバーマンの着ぐるみだから着込んでから出撃ヨロシク!」みたいな感じで装着しているような、妙すぎる違和感があります……。背後で大爆発が起こっているにも関わらず、クールな顔で爆弾を投げつけている始末。右のブルーのボンバーマンなどは、腰に手を当てて火の付いた爆弾をウェイターのようにオシャレに持っているほど!そこまで余裕なのは、無敵アイテムを取ったからなのですか?!

次にボンバーマンIIを比較してみます。国内版はこういう感じ。



ほぼボンバーマンのキャラクターが、確立したものとなっています。明るいデザインもナイス。火の付いた爆弾の上で勝負というのも、結構厳しいかも。割とほのぼの系なものです。

それでは、海外版をご紹介。NES版のボンバーマンIIはこちら。



なかなかふくよかなボンバーマンですね(笑)。現在の原型となっているデザインではあります。しかし、ここまで「おデブ」なボンバーマンは、いろいろな意味で認められないかも……。敵もスライムや、ゴブリン?!のようなものまで登場していますが、絵面的に「海外だな?」という感じが色濃く出ております……。

最近(7月28日現在)では、Xbox Live アーケードとして[b]ボンバーマン Live[/b]がリリースされたりと、発売から22年経った今でも人気はあまり衰えていません。パズルや、戦略の要素があるアクションゲームとして確立している、このタイトル。今後の展開が楽しみです。
[size=x-small](参考: [url=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3]ウィキペディア[/url])[/size]

【関連記事】
全然違ウ!海外カバーアート『ロックマン2』強力バージョン
『ウドンのカプコン画集』…スト2HDのUdon Entertainmentから豪華画集が発売に
本日の一枚 『ラーメンをすするチュン・リー』

(C)HUDSON SOFT All Rights Reserved.




《Taka》
BFV最新ニュース[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザードRE:2』オリジナルデザインのPSストアカードが登場─購入特典はレオン&クレアの専用コスチューム

    『バイオハザードRE:2』オリジナルデザインのPSストアカードが登場─購入特典はレオン&クレアの専用コスチューム

  2. 『ファークライ ニュードーン』のシステムは『5』とは異なる?“ライトRPG”アプローチを採用

    『ファークライ ニュードーン』のシステムは『5』とは異なる?“ライトRPG”アプローチを採用

  3. ベセスダが『Fallout 76』Free-to-Play化の噂を否定、Twitterでファンに回答

    ベセスダが『Fallout 76』Free-to-Play化の噂を否定、Twitterでファンに回答

  4. 『Fallout 76』次回パッチの一部内容が公開!初の大型コンテンツは今後数週間内に実装予定【UPDATE】

  5. 『Dead by Daylight』2.5.0アップデート配信!ピッグ&リージョンやサバイバー向けパークに変更

  6. 『オーバーウォッチ』トールビョーン「張飛」&ゼニヤッタ「諸葛亮」新スキン公開ーまさに「傑作品じゃあ…!」

  7. スイッチ『ドラクエXI S』公式生放送を1月25日に実施―第1回はキャスト発表特集!

  8. 『Anthem』PS4 Pro/XB1X版は1080p/60fpsで動作せずークロスセーブ/プレイにも言及

  9. 『エースコンバット7』ロングインタビュー…最新作のテーマや『エレクトロスフィア』への繋がりを語る【TGS2018】

  10. 『バトルフィールド V』チャプター2:「電撃の洗礼」近日公開!Co-opやバトロワも紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top