海外レビューハイスコア 『Zack & Wiki: Quest for Barbaros' Treasure』 (宝島Z) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Zack & Wiki: Quest for Barbaros' Treasure』 (宝島Z)

家庭用ゲーム Wii




IGN: 9.0/10
あなたを夢中にさせる、時に天才的なまでの環境パズルと美しいグラフィックが出会った思いもよらない、トップクオリティーの仕事ぶり。それはまた、これまでサードパーティからめったになかったものを見事に詰め込んでみせた、Wiiを本当に生かしたオリジナルタイトルでもあります。


NintendoPower: 9.0/10
あのポイント&クリック型アドベンチャーゲームは、ここ何年も絶滅の危機でした。それだけにカプコンによる魅力的なZack & Wikiの登場は、実に喜ばしい出来事です。


GameSpot 8.5/10
Wiiのモーションセンサー技術と、挑戦的でありながら取っ付き易い謎解きデザインの見事な融合。




GamePro: 8.5/10
子供にとってかなりパーフェクトなゲームに思えるということは、大人にとっても実はかなりチャレンジングなゲームだということです、これホント。Zack & Wikiは、長い時間あなたを虜にしてしまう、ひどく素晴らしいアドベンチャーゲームです。


GameTrailers: 8.4/10
カラフルで独創的で、なんといっても純粋に楽しい。いかにもアドベンチャーゲーム的な、試行錯誤のプレイスタイルはそのまま、ほとんどのプレイヤーにとって、この独特のユニークなゲーム体験や発見のスリルは、少々のイライラを乗り越えるだけの価値があることでしょう。



[size=x-small]今月のGamer's Dayで行われたゲームプレイデモ[/size]


***** ***** *****



今週アメリカと日本で発売を迎えた、カプコンのWiiリモコンを生かした発想力開放アドベンチャーこと、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&itemid=126-10080]宝島Z バルバロスの秘宝[/url](Zack & Wiki: Quest for Barbaros' Treasure)。

当初はなかなか動きの見えてこなかったカプコンから、待望のWiiオリジナル作品として、海外でも春先のプライベートショーで大きく公開されるも(当時の名前はそのまんまTreasure Island Z)、発売までなかなか思うように注目が集まらなかったようですが、今週に入って各サイトから出て来た海外レビューでは、どこも思わぬ掘り出し物として非常に好意的。


[size=x-small][url=http://www.gametrailers.com/player/26695.html]TVCM[/url]に登場の草野さんも、体験プレイで不思議発見![/size]


IGNなどのプレビューによると、Power StoneやBreath of Fireといったシリーズを手がけてきた日本人のスタッフによって手掛けられ、ルーカスアーツの名作アドベンチャーMonkey Islandなどを思い起こさせるポインタ誘導型のクラシックなスタイルと、Wiiリモコンを生かした斬新な謎解きがひとつになった、懐かしくも新しい今時ピュアなパズラーアドベンチャー。

どうしても触ってみるまで面白さの伝わりにくそうなゲームということで、日本でも[url=http://www.capcom.co.jp/takarajimaz/]公式サイト[/url]から抽選で体験版の配布を行ったりしていましたが、来月の7日までビデオゲームを置いている全国のTSUTAYA各店では、ただいま体験版の無料レンタルも行っているそうです。

まだまだサードパーティでは貴重な、Wiiの機能をきちんと生かしたオリジナルタイトルだけに、これから徐々に口コミで評判が広がってくれるといいですね。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.metacritic.com/games/platforms/wii/projecttreasureislandz]Metacritic[/url])[/size]

 
【関連記事】
ベイブ抜きでもゲームはホット!IGNの『Best of E3 2007』が今年も発表に
英国ビデオゲームアワード 『Wii Sports』が6部門で受賞の快挙
『ストリートファイターIV』が発表!UKのイベントから突然のレポート

DSで名作アドベンチャー『Myst』タッチペンプレイ動画
『Dreamfall: The Longest Journey』Steamクライアントで購入配信中
Syberiaのデザイナーが手掛ける新作アドベンチャー『Paradise』


とうとう実現!あの『大神』がWiiで登場へ…
Wiiリモコンでやっぱりアミーゴ復活 『サンバDEアミーゴ』 海外のセガが正式発表
VCで海外デビューの『罪と罰』 Wiiで続編も…? 雑誌Nintendo Powerより

オンラインで陸海空の大バトル! 『Battalion Wars 2』 動画プレビュー
Wiiザッパーでリンク再び… 『Link's Crossbow Training』 動画プレビュー
全然違ウ!海外版カバーアート『ブレスオブファイアII 使命の子』

海外レビューハイスコア『The Legend of Zelda: Phantom Hourglass』(夢幻の砂時計)
海外レビューハイスコア『Hotel Dusk: Room 215』(ウィッシュルーム 天使の記憶)
海外レビューハイスコア『Resident Evil 4 Wii Edition』(バイオハザード 4)

(C)CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 



 
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Halo』シリーズのXbox 360向け4作品がXbox One下位互換機能に一挙対応!

    『Halo』シリーズのXbox 360向け4作品がXbox One下位互換機能に一挙対応!

  2. 期待作『レッド・デッド・リデンプション 2』の新情報が近日公開か!―Rockstarが気になる予告

    期待作『レッド・デッド・リデンプション 2』の新情報が近日公開か!―Rockstarが気になる予告

  3. 【TGS2017】『スチームワールド ディグ 2』日本語版発表!『SteamWorld Heist』も日本語化進行中

    【TGS2017】『スチームワールド ディグ 2』日本語版発表!『SteamWorld Heist』も日本語化進行中

  4. 『モンスターハンター:ワールド』加工屋/オトモアイルー含むハンター必見の最新情報!

  5. 本格レースシム『Project CARS 2』がPS4/Steamで国内向けに発売

  6. 近日より『オーバーウォッチ』ライバルプレイの罰則が強化―3回のシーズンBANで永久BANに

  7. 【TGS2017】『アサシンクリード オリジンズ』日本初公開の「Xbox One X」にてハンズオン―本当に美しい、驚きの4K風景!

  8. 【TGS2017】『バイオハザード7』無料EP「Not A Hero」プレイ動画が公開!ゴールドエディションカプコン限定版も

  9. 【9/19更新】『モンスターハンター:ワールド』新要素や発売日は?現時点の情報まとめ

  10. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』“PvP”オープンβ事前ダウンロード開始!―紹介トレイラーも公開

アクセスランキングをもっと見る

page top