E3 08: Xbox 360版『FFXIII』発表の経緯とは?スクウェア・エニックスへのQ&A | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

E3 08: Xbox 360版『FFXIII』発表の経緯とは?スクウェア・エニックスへのQ&A

家庭用ゲーム Xbox360

Microsoftプレスカンファレンスでのサプライズから落ち着く間もなく、早くもスクウェア・エニックスによるプレスカンファレンスが始まっています。ここでは、発表を受け、質疑応答の形式でイベントが進行している模様。おなじみ北瀬佳範氏と、橋本真司氏が答えているようです。質問は当然のように、Xbox 360版が発表されたファイナルファンタジーXIIIに集中しました。Kotakuにて行われているLiveBlogを参照しながらお伝えしたいと思います。

※UPDATE: MTVにまとめられた記事を参考に、一部修正を加えました。

* * * * *


[size=x-small]日本版トレーラー。今回の発表ではこれとほぼ同じものが公開されました[/size]


Q: なぜソニーとの独占を終えるという決断をしたのですか?

橋本氏: 我々はハードウェアの状況を考慮しました。ハードウェアの広がりを検討した結果、このような決定に至りました。

Q: Xbox 360版とPS3版はどのように異なりますか?

北瀬氏: 我々は同じコンテンツを計画しています。しかし、ブルーレイと他のフォーマットという点は考慮しなくてはなりません。


Q: 我々はこの開発において異なるチームで臨んでいると聞いています。

北瀬氏: 開発にはクリスタルツールズを使っています。我々はPC上でそれを開発しています。今年から開発のペースは少し早くなりました。近いうちに新しいフッテージをお見せすることができると思っています。

Q: (Xbox 360版では)ディスクの枚数はどのくらいになりそうですか?

北瀬氏: それはまだ未定です。

Q: ゲームの開発プロセスはどういったものになりますか?

橋本氏: Microsoftのプレゼンテーションでアナウンスしたように、我々はXbox 360タイトルのためにタイトルの開発を始める準備ができています。先ず、日本でPS3版を完成させるでしょう。そこから北米と欧州のため、PS3版のローカライズが始まるでしょう。そこで同時に、Xbox 360版の開発も始めるつもりです。それが、我々の開発プロセスの全てです。

Q: リリースのタイミングについては?

北瀬氏: 北米と欧州の間のタイミングに関しては、できるだけ時期を近いものにしようと考えています。また、過去のケース以上に、ローカライズの時期を早めようと思います。

Q: 日本でXbox 360版がアナウンスされないのは、ハードウェアの状況ですか、それとも何らかの契約によるものですか?

橋本氏: 既に述べたように、インストールベースが北米・欧州でXbox 360版の発売を決めた理由のひとつだと考えています。日本市場におけるビジネスの方向性についてはどんな変更も持っていません。

*アジア版についても言及があり、今のところアジア版を発売するかどうかは未定とのこと

Q: Microsoftのカンファレンスで、ラストレムナントがGames for Windowsでリリースされることが発表されました。FFXIIIについては?

北瀬氏: 現在、それは未定です。

Q: モーションコントロールについては?

北瀬氏: いいえ、我々には計画がありません。

Q: ヴェルサスXIIIはマルチプラットフォームですか?

橋本氏: いいえ。

Q: FFXIIIは自社エンジンを使っていますよね?

橋本氏: それについてはどんな変更もありません。

Q: Xbox 360版の決定はどのタイミングで行われましたか?

橋本氏: それは昔からの決定、というわけではありませんでした。Microsoftとの関係同様、調整を続けなければいけませんでした。決定は最近のことです。

Q: クリスタルツールズを使うことで、ローカライズの道のりはどのようになりそうですか?

*現在はPC上で動かしている段階。Xbox 360でどのような作業負担になるかはまだ分からない

Q: PS3版とXbox 360版ではどちらがより良くなりそうですか?

橋本氏: 我々は今発表をしたばかりです。将来的にはそれを推測することができるでしょうが、そこにはいくつかのマーケットリサーチも必要になるでしょう。

Q: Xbox Liveについてはどうですか?

北瀬氏: 現在、我々はまだ判断している段階です。

Q: FFXIIとFFXIIIではどのようにゲームプレイは異なりますか?

北瀬氏: 雰囲気が異なります。テンポ、スピードも異なります。全体の方向性も異なります。それはより派手です。戦闘システムに関しては、ATBと呼ばれるものを採用しています。しかし、詳細は明らかにすることができません。

* * * * *


[size=x-small](ソース: [url=http://kotaku.com/5025033/liveblogging-square-enix-press-conference]Kotaku[/url], [url=http://multiplayerblog.mtv.com/2008/07/14/e3-final-fantasy-xiii-faqs/]MTV[/url])[/size]

【関連記事】
BREAKING! E3 08: 『ファイナルファンタジーXIII』Xbox 360向けにも発売へ
E3 08: 『スターオーシャン4』『ラストレムナント』の発売時期発表!
スクウェア・エニックスのE3 2008出展ラインアップが発表に
時を越えて復活!DS版『クロノトリガー』北米で正式に発表
あのビッグタイトルがWiiに…!?海外誌Nintendo Powerの意味深な次号予告
コードネームは“ZERO” シリーズの起源を描く『スターオーシャン4』海外インタビュー
天空トリロジー!?『ドラゴンクエスト』DS版で旧シリーズがついに海外デビュー

スクウェア・エニックスの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C) SQUARE ENIX.CO.,LTD. All Rights Reserved.








《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】『グランツーリスモSPORT』体験会レポ―新フィーチャーを続々紹介

    【特集】『グランツーリスモSPORT』体験会レポ―新フィーチャーを続々紹介

  2. PS Plus8月度提供コンテンツが先行公開!―『Life Is Strange』『ニーア』特別コンサート映像など

    PS Plus8月度提供コンテンツが先行公開!―『Life Is Strange』『ニーア』特別コンサート映像など

  3. 『モンスターハンター:ワールド』武器14種の紹介動画が登場─シームレスな世界を舞台に各武器をお披露目

    『モンスターハンター:ワールド』武器14種の紹介動画が登場─シームレスな世界を舞台に各武器をお披露目

  4. 『オーバーウォッチ』ジャンクラットが悲願の強化へ―コンカッション・マインの弾数増加、他

  5. 人生介入シミュレーション『The Sims 4』のPS4/Xbox One版が海外発表!

  6. 1人称スリラーADV『GET EVEN』8月18日に配信決定―陰鬱な最新トレイラーも公開

  7. PS4『Destiny 2』国内向けパッケージアートと予約特典発表!店舗別ではフィギュアも

  8. PS4/XB1『DiRT 4』国内発売!―「Puma」コラボTシャツが当たるTwitterキャンペーン実施

  9. 『バトルフィールド4』DLC「Final Stand」がPS4/XB1/PCで無料配信

  10. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

アクセスランキングをもっと見る

page top