海外レビューハイスコア 『MadWorld』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『MadWorld』

白黒の画面と過激なまでのバイオレンス表現が話題となった MadWorld の海外レビューハイスコアです。バイオレンスさだけでなくアクションゲームとしての面白さ爽快感をも備えた本作はどのような評価を受けたのでしょうか。

家庭用ゲーム Wii


1UP: 9.1/10

Wiiのシステム上の制約によりPlatinum Gamesの開発者は創造的な作品にすることを余儀なくされた。そして彼らは過激なまでのバイオレンスさと面白さが詰まった大乱闘を融合し、その創造力を見せ付けた。


Game Informer: 9/10

酷い方法で敵を虐殺する事があなたの目的ならば、本作はノンストップのハイライトリールだ。ボスバトルは特に面白く、例えるならばスターウォーズ映画並みの予算で制作されたMortal Kombatのフェタリティのよう。


Nintendo Power: 9/10

ゲームは確かに残忍ではあるが、そのド派手な暴力表現は陰惨というよりユーモラス。ハードコアゲーマーなら必携のタイトル。


Multiplayer.it: 8.9/10

MadWorldはスマートなグラフィックスとド派手な暴力表現、そしてブラックユーモアで満たされたとてつもないアクションゲームです。


G4 TV: 8/10

あなたは汗をかくことなく7時間程度で街を綺麗に"掃除"する事ができる。しかしその7時間は他の20時間程のゲームでは見ることの出来ない血の騒乱となっている。

* * * * *

白黒の画面と過激なまでのバイオレンス表現が話題となったMadWorldの海外レビューハイスコアです。バイオレンスさだけでなくアクションゲームとしての面白さ爽快感をも備えた本作はかなりの高評価となっています。

!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は動画の視聴をご遠慮下さい。

※GameTrialerによるレビュー動画/font>

ある意味ではWiiの限界に挑戦したとも言える過激なバイオレンス表現は、アメコミ風のグラフィクススタイルやアクションの豊富さによって"ブラックユーモア"として昇華しているようです。

一部のレビュアーでは面白いとしつつも"短命"と言われてしまっていますが、これだけの高評価を受けている本作はWii用ハードコアゲームの門戸を開くには十分な完成度と言っても良いのではないでしょうか。(ソース:Metacritic, イメージ: Flickr, ムービー: GameTrailers)

【関連記事】
過激なシーンがたっぷり! 『MadWorld』のゲームプレイ映像やトレイラーを一挙にご紹介
過激で残虐!『MadWorld』最新トレイラー&直撮りゲームプレイ映像
スポーツニュース風にお贈りする殺戮ショー! 『MadWorld』最新トレイラー
フィニッシュムーブが炸裂!『MadWorld』芸術的にバイオレンスなゲームプレイ映像

MadWorldの関連記事をGame*Sparkで検索!


《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「PS5」の販売情報まとめ【10月3日】―「TSUTAYA」の抽選受付がもうじき終了、明日から始まる新たな受付先の予告も

    「PS5」の販売情報まとめ【10月3日】―「TSUTAYA」の抽選受付がもうじき終了、明日から始まる新たな受付先の予告も

  2. スイッチ版『The Elder Scrolls V: Skyrim Anniversary Edition』リリース―通常版はDLC購入でアップグレード可能

    スイッチ版『The Elder Scrolls V: Skyrim Anniversary Edition』リリース―通常版はDLC購入でアップグレード可能

  3. 『鳥類弁護士の事件簿』待望の日本ローカライズ!セオリーを打ち破る破天荒さが無罪を勝ち取る?【TGS2022】

    『鳥類弁護士の事件簿』待望の日本ローカライズ!セオリーを打ち破る破天荒さが無罪を勝ち取る?【TGS2022】

  4. 『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加

  5. 薬剤師ライフシムRPG『Potion Permit』コンソール向け国内版が発売延期―9月22日から2022年中へ

  6. 長らく音沙汰がなかった『Beyond Good and Evil 2』にリブート版『セインツロウ』にも携わった新ライターが参加

  7. 西洋剣術スクールで実地体験!『ラスラー ~中世のならず者~』のアウトローバトルを体験する前に“正統派騎士道”を学んできた

  8. 『スカイリム AE』待望のスイッチ版登場か?台湾のレイティング機関のリストにて見つかる

  9. 再び国道依存症にならないか?PS5『デス・ストランディング ディレクターズカット』で進化した数々のポイント

  10. PS Plus8月度フリープレイは『CoD: MW2』リマスターに、新作パーティACT『Fall Guys』が登場!【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top