ソニー、10月1日より発売済みPSPタイトルの大多数をダウンロード販売開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ソニー、10月1日より発売済みPSPタイトルの大多数をダウンロード販売開始

新型機PSP GoがUMDを再生できないことから、ユーザのUMDディスクをデジタル版に交換するサービスも計画しているというソニーですが、大掛かりなゲームダウンロード販売の準備も同時に進めているようです。

携帯ゲーム PSP
新型機PSP GoがUMDを再生できないことから、ユーザのUMDディスクをデジタル版に交換するサービスも計画しているというソニーですが、大掛かりなゲームダウンロード販売の準備も同時に進めているようです。

PlayStation.BlogのJeff Rubenstein氏が海外サイトに確認したところによると、既に発売されている大部分のPSP用タイトルは、10月1日(北米でのPSP Go発売日)からPlayStation Networkにてダウンロード販売が開始されるとのこと。しかし、現状確認が出来ているのはSCEのファーストパーティータイトルのみで、サードパーティーの作品は、各メーカーの対応状況によって配信時期が変わる可能性もあるようです。

尚、日本ではちょうど海外より1か月遅い11月1日にPSP Goが発売されます。ダウンロード版ソフトの購入や交換において混乱がおきないような対応が望まれますね。(ソース: Destructoid: All PSP games will be downloadable by October 1 )


【関連記事】
E3 09: ソニー、ユーザーの所持するUMDをデジタル版に交換するサービスを計画中
「最も影響力あったのはマイクロソフト」「PSP Goは高すぎ」アナリストが各社のE3発表を分析
E3 09: カラーバリエーションは2色!PSP goのスペックや詳細が発表
E3 09: マイクロソフト、Xbox 360用ソフトの完全ダウンロード販売を8月からスタート
PSPでもPlay・Create・Share! 『LittleBigPlanet PSP』の初トレイラーが公開
E3 09: PSP go「パール・ホワイト」本体のオフィシャルショットが公開
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

    【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

  2. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

    スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  3. 『Tony Hawk's Motion』ニンテンドーDS初のモーションセンサー対応に

    『Tony Hawk's Motion』ニンテンドーDS初のモーションセンサー対応に

  4. 『ムジュラの仮面』の不気味なライトが欧州クラブニンテンドーで引き換え可能に

  5. 世界を巻き込むPS Vita無料ゲーム『Destiny of Spirits』ベータテスト実施決定 ― 参加者募集スタート

  6. 『ムジュラの仮面 3D』の謎動画を米任天堂が公開…「何か忘れていませんか?」

  7. 「PS Vita」国内向け出荷は2019年内に完了…現時点で「新型携帯ゲーム機の発表予定」は無し【TGS2018】

  8. 発売から7年…「PS Vita」の出荷が完了─携帯型PlayStationの歴史にひと区切り

  9. マイト&マジックがDSに登場!Ubisoft、『Might & Magic Clash of Heroes』を発表

アクセスランキングをもっと見る

1
page top