『ドラゴンクエストIX』 北米では任天堂がパブリッシャーを担当 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドラゴンクエストIX』 北米では任天堂がパブリッシャーを担当

本日開催された任天堂のメディアサミットで、DSの ドラゴンクエストIX (Dragon Quest IX)が、北米ではスクウェア・エニックスではなく、任天堂がパブリッシャーとなって発売されることが明らかになりました。

携帯ゲーム DS
本日開催された任天堂のメディアサミットで、DSのドラゴンクエストIXが、北米ではスクウェア・エニックスではなく、任天堂がパブリッシャーとなって発売されることが明らかになりました。これは両者の“特別なパートナーシップ”によるものと説明されています。

かつて“Dragon Warrior”として、日本から約3年後に発売になった第一作目では、任天堂から発売されたこともありましたが、それ以外は海外でもエニックス(スクウェア・エニックス)から発売になっています。

本作の正式名称は“Dragon Quest IX: Sentinels of the Starry Skies”となるようです。なお発売日についてははっきりせず、現時点では2010年夏発売予定となっています。(ソース: G4TV: Nintendo (Not Square Enix) Publishing Dragon Quest IX Over Here)


【関連記事】



《Kako》
【注目の記事】[PR]

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 【拡散希望】PS StoreでPSPゲームを購入するサービスは7月2日に終了しません―その理由をわかりやすく図解【UPDATE】

    【拡散希望】PS StoreでPSPゲームを購入するサービスは7月2日に終了しません―その理由をわかりやすく図解【UPDATE】

  2. 発売前から“死に体” vs. ボイコットは“愚かな行為”――PSP Goをめぐり騒動が拡大

    発売前から“死に体” vs. ボイコットは“愚かな行為”――PSP Goをめぐり騒動が拡大

  3. 仏教系STG『摩尼遊戯TOKOYO』クラウドファンディングが開始―理由は「徳が尽き、開発が止まった」ため

    仏教系STG『摩尼遊戯TOKOYO』クラウドファンディングが開始―理由は「徳が尽き、開発が止まった」ため

  4. E3 10: 『God of War: Ghost of Sparta』のトレイラーが公開!公式サイトでは最新ショットも

  5. 全然違ウ!海外版カバーアート『不思議のダンジョン 風来のシレンDS』

  6. おねえちゃんも、かえってこなくなっちゃった…『夜廻』闇に潜む恐怖が徐々に判明

  7. 「PlayStation Vita」が近日出荷完了予定、約7年の歴史に幕下ろす

  8. 海外レビューハイスコア 『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』

  9. E3 09: 収録車数は数百台!『Gran Turismo PSP』発表

  10. 『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』の北米CMにロビン・ウィリアムズが出演

アクセスランキングをもっと見る

page top