『ドラゴンクエストIX』 北米では任天堂がパブリッシャーを担当 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドラゴンクエストIX』 北米では任天堂がパブリッシャーを担当

本日開催された任天堂のメディアサミットで、DSの ドラゴンクエストIX (Dragon Quest IX)が、北米ではスクウェア・エニックスではなく、任天堂がパブリッシャーとなって発売されることが明らかになりました。

携帯ゲーム DS
本日開催された任天堂のメディアサミットで、DSのドラゴンクエストIXが、北米ではスクウェア・エニックスではなく、任天堂がパブリッシャーとなって発売されることが明らかになりました。これは両者の“特別なパートナーシップ”によるものと説明されています。

かつて“Dragon Warrior”として、日本から約3年後に発売になった第一作目では、任天堂から発売されたこともありましたが、それ以外は海外でもエニックス(スクウェア・エニックス)から発売になっています。

本作の正式名称は“Dragon Quest IX: Sentinels of the Starry Skies”となるようです。なお発売日についてははっきりせず、現時点では2010年夏発売予定となっています。(ソース: G4TV: Nintendo (Not Square Enix) Publishing Dragon Quest IX Over Here)


【関連記事】



《Kako》
BFV最新ニュース[PR]

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 「PS Vita」国内向け出荷は2019年内に完了…現時点で「新型携帯ゲーム機の発表予定」は無し【TGS2018】

    「PS Vita」国内向け出荷は2019年内に完了…現時点で「新型携帯ゲーム機の発表予定」は無し【TGS2018】

  2. PS Vitaの一部機能が削除・サポート終了へ、「YouTube」や「マップ」アプリなど

    PS Vitaの一部機能が削除・サポート終了へ、「YouTube」や「マップ」アプリなど

  3. 『毛糸のカービィ プラス』発売決定―あの名作が新要素を加えて3DSに登場!

    『毛糸のカービィ プラス』発売決定―あの名作が新要素を加えて3DSに登場!

  4. 全然違ウ!海外版カバーアート『不思議のダンジョン 風来のシレンDS』

  5. ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

  6. 5年の歳月を費やした超大作…?自作ゲームの発売を求め、任天堂に決死の自宅ストライキ

  7. 『GOD EATER 2』21歳となったソーマが参戦決定 ― GEBからGE2への引き継ぎ条件数の全容も判明

  8. 『ムジュラの仮面 3D』の謎動画を米任天堂が公開…「何か忘れていませんか?」

  9. 農場経営シム『Stardew Valley』のPS Vita版リリース日が海外発表!クロスバイにも対応

  10. 『GOD EATER 2』生まれ変わった「銃形態」の詳細を紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top