『ドラゴンクエストIX』 北米では任天堂がパブリッシャーを担当 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドラゴンクエストIX』 北米では任天堂がパブリッシャーを担当

本日開催された任天堂のメディアサミットで、DSの ドラゴンクエストIX (Dragon Quest IX)が、北米ではスクウェア・エニックスではなく、任天堂がパブリッシャーとなって発売されることが明らかになりました。

携帯ゲーム DS
本日開催された任天堂のメディアサミットで、DSのドラゴンクエストIXが、北米ではスクウェア・エニックスではなく、任天堂がパブリッシャーとなって発売されることが明らかになりました。これは両者の“特別なパートナーシップ”によるものと説明されています。

かつて“Dragon Warrior”として、日本から約3年後に発売になった第一作目では、任天堂から発売されたこともありましたが、それ以外は海外でもエニックス(スクウェア・エニックス)から発売になっています。

本作の正式名称は“Dragon Quest IX: Sentinels of the Starry Skies”となるようです。なお発売日についてははっきりせず、現時点では2010年夏発売予定となっています。(ソース: G4TV: Nintendo (Not Square Enix) Publishing Dragon Quest IX Over Here)


【関連記事】



《Kako》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 児童ポルノ法違反の恐れ?『DOA Dimensions』がスウェーデンで発売中止

    児童ポルノ法違反の恐れ?『DOA Dimensions』がスウェーデンで発売中止

  2. 韓国で『銃声とダイヤモンド』を買うと、本物のダイヤモンドがもらえるかもしれない話

    韓国で『銃声とダイヤモンド』を買うと、本物のダイヤモンドがもらえるかもしれない話

  3. ソニー「PSPにトロフィー機能は実装しない。」その理由は…?

    ソニー「PSPにトロフィー機能は実装しない。」その理由は…?

  4. 発売から7年…「PS Vita」の出荷が完了─携帯型PlayStationの歴史にひと区切り

  5. 3DS『プチコンマガジン 創刊号』配信決定!コンテスト受賞作品など39本収録で300円

  6. 海外レビューハイスコア『Brain Age 2(もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング)』

アクセスランキングをもっと見る

page top