『Medal of Honor』のタリバン兵問題でTreyarchがEAを擁護 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Medal of Honor』のタリバン兵問題でTreyarchがEAを擁護

ニュース 最新ニュース

マルチプレイモードでタリバン兵を操作できることが一部で問題視され、米軍基地内のショップで発売禁止なるなど波紋を呼んだ新作Medal of Honor。Call of Duty: Black Opsでライバル的な存在とも言えるTreyarchが、EAを擁護するコメントをしています。

同スタジオのボスMark Lamia氏は、MCVのインタビューに対し「(Black Opsでは)冷戦時代を描いていますが、そこには間違いなく議論を呼ぶ題材が含まれるでしょう」と発言。しかしあくまでそれらを娯楽作品を作る視点で見ており、創造の自由を強く支持していきたいと強調しました。

また、ゲームは現実の事件を基にしながらも歴史の再現をしているわけではなく、単にプレイヤーを夢中にさせるためのストーリー上の背景であると説明。多くの本や映画で同じことが行われており、ゲームだけをあのように批判するのは不当に思える、とのコメントを残しています。

同時期に発売されるためセールスを争うことになりそうなMedal of HonorとCall of Dutyですが、開発者の表現の自由に対する考えは同じようです。(ソース: MCV: Treyarch: MOH controversy was unfair)


【関連記事】
『Medal of Honor』が米軍基地内のGameStop全店舗で発売禁止に
英国国防大臣が『Medal of Honor』を批判、同国内で発売中止を要求
タリバン兵を使用できる『Medal of Honor』に戦争犠牲者の遺族が抗議
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

    PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  2. 『ストV』新コスなどがまとめて買える「Premier Pass」期間限定販売中

    『ストV』新コスなどがまとめて買える「Premier Pass」期間限定販売中

  3. 任天堂、平成29年3月期決算発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算384万本、ニンテンドースイッチは274万台販売

    任天堂、平成29年3月期決算発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算384万本、ニンテンドースイッチは274万台販売

  4. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  5. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  6. 『Call of Duty: WWII』キャンペーン/マルチ情報が公開―オマハビーチ以外の舞台は?

  7. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  8. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  9. 第二次世界大戦が舞台の最新作『Call of Duty: WWII』が近日正式発表!【UPDATE】

  10. 『MARVEL VS. CAPCOM INFINITE』海外9月発売!新参戦キャラも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top