長く遊べそうなのは新品で…「ゲームを(中古ではなく)新品で買う理由」海外調査結果 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

長く遊べそうなのは新品で…「ゲームを(中古ではなく)新品で買う理由」海外調査結果

最近では海外でも話題になることの多いゲームの中古問題。これに対応するため、メーカーはパッケージでしか手に入らない特典やダウンロードコンテンツ、EAのようなオンラインパスの導入を行ってきましたが、今回中古に関する新たな調査結果「新品を買う人が中古を好まな

PC Windows
最近では海外でも話題になることの多いゲームの中古問題。これに対応するため、メーカーはパッケージでしか手に入らない特典やダウンロードコンテンツ、オンラインパスの導入などを行ってきました。今年10月のNPDによる調査では、パッケージの新品ゲームのシェアは北米市場において59%にとどまり、残りの41%で中古、デジタル販売、ソーシャルゲーム、レンタルなどを占めるとのこと。

今回中古に関する新たな調査結果「新品を買う人が中古を好まない理由」が報告されています。まずもっとも多かったのが、「ディスクの傷、説明書の紛失がイヤ、単純に新しいものが良い(54%)」。次いで「発売日に手に入れたい(49%)」。そこから少し数字が下がって「特典などが欲しかった(26%)」「限定版が欲しかった(20%)」。となり、「新品で買うことがゲーム産業の経済的安定を助けるから」は16%にとどまっています。

調査を行ったCowen & CompanyのDoug Creutz氏は、70%の人が「長期間遊ぶ計画がある」ゲームを(中古と内容が同じでも)新品で買いたいと思っているという結果を挙げ、「ユーザーがより多くの使用頻度/利用価値をそこに期待できれば、中古より高い新品のゲームを買うことを正統化することも、より容易になる」としています。

発売日に手に入れたいと思わせるほどの期待感、ほしいと思わせる特典、長く遊ぶことを計画させる内容(というより前情報)、さらに言えば、ユーザーに助けたい、応援したいと思わせるメーカーであること。これらの条件が全て揃えば、確かにそのゲームを新品で買う人は多そうです。

一方で、期待に比して内容が伴わないゲームであれば、発売直後に中古が数多くかつ安価で出回り、条件に該当しない人がそちらに流れることになってしまいます。となれば結局、新品で買ってそのまま手放したくないような、いつまでも遊べるゲームをつくることが一番の中古対策、といえるでしょうか。
(ソース: MCV: Why some gamers don’t like pre-owned)


【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 超自由オープンワールド『クラフトピア』大型アップデート「地獄」12月22日配信決定!新マップや新時代などコンテンツ多数追加

    超自由オープンワールド『クラフトピア』大型アップデート「地獄」12月22日配信決定!新マップや新時代などコンテンツ多数追加

  2. 『サガ フロンティア リマスター』2021年夏にリリース!新たな主人公やオリジナル版未実装イベントが追加

    『サガ フロンティア リマスター』2021年夏にリリース!新たな主人公やオリジナル版未実装イベントが追加

  3. 『Fallout 76』大型アップデート「Steel Dawn」のハイライト映像を公開

    『Fallout 76』大型アップデート「Steel Dawn」のハイライト映像を公開

  4. マップ外に広がる風景は?『レッド・デッド・オンライン』グリッチ利用で空高く飛ぶ遊びが流行中

  5. 『Dead by Daylight』チャプター18「A Binding of Kin(肉親の結合)」は12月2日に登場!

  6. 『ファイナルファンタジーXIV』大型アップデートパッチ 5.4「もうひとつの未来」12月8日リリース決定

  7. 『ライザのアトリエ2』今作もライザたちが水着に! 発売後の無料アップデート&有料DLC情報公開

  8. コールドスリープから目覚めた保守員サバイバルホラー『CryoSpace』発表

  9. 2D3Dハイブリッドの悪魔っ娘ACT『Demon Turf』無料トライアル版が配信開始

  10. 超自由オープンワールド『クラフトピア』11月8日0時より二刀流や新ボスなど要素多数追加の大型アップデート配信!【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top