家庭内暴力の疑いで警察が出動する騒動、実はKinectを遊んでいるだけだった | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

家庭内暴力の疑いで警察が出動する騒動、実はKinectを遊んでいるだけだった

ニュース 最新ニュース

全身を使用したアクティブなゲームプレイが楽しめるXbox 360のKinect。しかしながら北欧の都市スウェーデンでは、そのKinectの持ち味が災いしてか、少しお騒がせな騒動が起こっていたようです。

騒動が起こったのは真夜中の事。スウェーデン南東部に位置するヨーテボリ近くのウッデバラのアパートでは、住人のRobert Johanssonさんが友人5人とKinectのボクシングゲームをプレイしていたそうです。しかしながらその様相は内部と外部では大きく異なり、カーテンに映し出されたのはパンチを繰り出す家庭内暴力者と思わしき人物の影。通行人がそれを発見し警察当局に通報、警官8人程が出動する事態となってしまったようです。

“警察の方から誰に暴力を振るっているのかと尋ねられた時、とても罰の悪い思いでした。それはただのコンピューターゲームだったのです。”と答えたのは暴力行為の疑いを掛けられてしまった住人のJohanssonさん。

少しお騒がせな結果となった今回の騒動、ストックホルム警察のスポークスマンは、「我々は常に家庭内暴力に関する呼び出しに対応します。幸運にも今回は誤報でした。」とコメントを残しています。(ソース: Metro via Destructoid)

【関連記事】
Microsoft、KinectのWindows用公式SDKを発表
『Dead Space 2』や『LBP2』が健闘!2011年1月の北米セールスデータ
『Stacking』のDouble Fine、セサミストリートを題材にしたKinectタイトルを発表
噂: 『Gears of War Kinect』はスポーツゲームの可能性も?
「レビュアーもレビューされるべき」ゲーム開発者が提言
《Round.D》

ニュース アクセスランキング

  1. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

    『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  2. 『Call of Duty: WWII』キャンペーン/マルチ情報が公開―オマハビーチ以外の舞台は?

    『Call of Duty: WWII』キャンペーン/マルチ情報が公開―オマハビーチ以外の舞台は?

  3. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

    『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  4. 『Days Gone』のSIE Bend Studioが規模拡大、リリース後も意欲的に活動か

  5. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

  6. 『MARVEL VS. CAPCOM INFINITE』海外9月発売!新参戦キャラも

  7. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  8. 第二次世界大戦が舞台の最新作『Call of Duty: WWII』が近日正式発表!【UPDATE】

  9. 噂: 『Call of Duty: WWII』のβテストはPS4先行か―さらなる販促資料が浮上

  10. 噂: PC版『ヴァンキッシュ』登場か?―PC版『ベヨネッタ』で謎のアップデート

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top