元『Uncharted』ディレクターが『Star Wars』ゲーム開発、Amy Henning氏が「Dead Space」のVisceralへ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

元『Uncharted』ディレクターが『Star Wars』ゲーム開発、Amy Henning氏が「Dead Space」のVisceralへ

先日Naughty DogからJustin Richmond氏と同時期に退社したHenning氏ですが、彼女がVisceral Gamesへと移籍したことが明らかとなり、新作『StarWars』ゲームの開発に関与することが報告されました。

ニュース 最新ニュース
『Uncharted』シリーズにおけるライター兼クリエイティブディレクターとして初代から第3作目まで開発に参加していたAmy Henning。先日Naughty DogからJustin Richmond氏と同時期に退社したHenning氏ですが、彼女がVisceral Gamesへと移籍したことが明らかとなり、新作『StarWars』ゲームの開発に関与することが報告されました。

これはElectronic Artsの公式サイトにてVisceral GamesのヴァイスプレジデントSteve Papoutsis氏が報告したもので、Amy Hening氏はVisceral GamesとElectronic Artsが現在進めている『Star Wars』プロジェクトへとクリエイティブディレクターとして参加するとのこと。

なおNaughty Dogに加え『Tomb Raider』シリーズで知られるCrystal Dynamicsにも所属していたことで知られるAmy Henning氏ですが、過去にはEAのもとでヘリSTG『Desert Strike』開発へとアニメーターやアーティストとして参加。その後EAに雇用され『Michael Jordan: Chaos in the Windy City』のアーティストとしても活躍していました。


Twitter上にてHenning氏は23年振りEAへと戻ってきたことを報告、自身の人生を形成した『Star Wars』のユニバースへ貢献する機会に出会えたことを名誉なことだとコメント。また公式サイトでは『Star Wars』と共にAtari 2600が自身の幼少期に大きな影響を与えたと伝え、改めて古巣への帰還に喜ぶ様子を見せています。

『Star Wars』の大ファンでもあり、『Uncharted』シリーズを導いてきたライター兼ディレクターでもあるHening氏が手がける新作タイトルはどのような内容となるのか、今後のVisceralの動向に注目です。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  2. アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

    アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

  3. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

    「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  4. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  5. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  6. ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心

  7. 【e-Sportsの裏側】追求し、共感を受けて、そして今の僕がいる。プロゲーマーPunkインタビュー

  8. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  9. 『ロマンシング サガ3』HDリマスターおよび、シリーズ最新作『ロマンシング サガ リ・ユニバース』発売決定!

  10. 『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

アクセスランキングをもっと見る

page top