元『Uncharted』ディレクターが『Star Wars』ゲーム開発、Amy Henning氏が「Dead Space」のVisceralへ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

元『Uncharted』ディレクターが『Star Wars』ゲーム開発、Amy Henning氏が「Dead Space」のVisceralへ

先日Naughty DogからJustin Richmond氏と同時期に退社したHenning氏ですが、彼女がVisceral Gamesへと移籍したことが明らかとなり、新作『StarWars』ゲームの開発に関与することが報告されました。

ニュース 最新ニュース
『Uncharted』シリーズにおけるライター兼クリエイティブディレクターとして初代から第3作目まで開発に参加していたAmy Henning。先日Naughty DogからJustin Richmond氏と同時期に退社したHenning氏ですが、彼女がVisceral Gamesへと移籍したことが明らかとなり、新作『StarWars』ゲームの開発に関与することが報告されました。

これはElectronic Artsの公式サイトにてVisceral GamesのヴァイスプレジデントSteve Papoutsis氏が報告したもので、Amy Hening氏はVisceral GamesとElectronic Artsが現在進めている『Star Wars』プロジェクトへとクリエイティブディレクターとして参加するとのこと。

なおNaughty Dogに加え『Tomb Raider』シリーズで知られるCrystal Dynamicsにも所属していたことで知られるAmy Henning氏ですが、過去にはEAのもとでヘリSTG『Desert Strike』開発へとアニメーターやアーティストとして参加。その後EAに雇用され『Michael Jordan: Chaos in the Windy City』のアーティストとしても活躍していました。


Twitter上にてHenning氏は23年振りEAへと戻ってきたことを報告、自身の人生を形成した『Star Wars』のユニバースへ貢献する機会に出会えたことを名誉なことだとコメント。また公式サイトでは『Star Wars』と共にAtari 2600が自身の幼少期に大きな影響を与えたと伝え、改めて古巣への帰還に喜ぶ様子を見せています。

『Star Wars』の大ファンでもあり、『Uncharted』シリーズを導いてきたライター兼ディレクターでもあるHening氏が手がける新作タイトルはどのような内容となるのか、今後のVisceralの動向に注目です。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

    『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

  2. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  3. 『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

    『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

  4. 『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

  5. 『ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン』7月発売決定!スイッチに加えPS4でも

  6. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  7. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  8. 『ディビジョン2』8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」含むタイトルアップデート3が5月に延期

  9. サバイバルACT『LEFT ALIVE』シューティングライクに楽しめる新難易度「CASUAL」 追加

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

1
page top