先行入力型のターンベース戦闘ゲーム『Frozen Synapse』がiPhoneにて年内にもリリースへ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

先行入力型のターンベース戦闘ゲーム『Frozen Synapse』がiPhoneにて年内にもリリースへ

Mode 7 Gamesが2011年にリリース、Metacriticでは85/100と高評価を獲得したターンベース戦略ゲーム『Frozen Synapse』。開発者のPaul Taylor氏がTwitter上にて年内にも同作をiPhone向けにリリースすることを明らかにしました。

ニュース 最新ニュース


インディーデベロッパーMode 7 Gamesが2011年にリリースし、レビュー集積サイトMetacriticでは85/100と高評価を獲得したターンベース戦略ゲーム『Frozen Synapse』。すでにPC/Max/Linuxに加えiPad/Androidでも配信されている同作ですが、開発者のPaul Taylor氏が新たにiPhone版を年内にもリリースすることを明らかにしました。

Taylor氏は「発表: 『Frozen Synapse』がiPhoneに来ます」とツイート。リリース時期はまだ確定していないものの、すでにUIに関するミーティングを行ったと報告しており、今年の終わりまでには間違いなく発売されるだろうと続けています。

『Frozen Synapse』はトップビューからマップを見渡し、銃火器を所持した小隊を操作して相手チームを倒すというターンベース型のストラテジーゲーム。プレイヤーはターンが始まる前に各隊員の行動予定を先行入力、ターンが始まるとその入力に沿って全キャラクターがリアルタイムで行動していくというのが基本ルールです。相手が次の数秒間でどのようなアクションを取るのかを先読みする戦略性が魅力的なタイトルで、対戦マルチプレイヤーモードやCo-opモードも搭載されています。



なおMode 7は現在この『Frozen Synapse』の精神を受け継いだターンベース型の近未来フットボールゲーム『Frozen Endzone』を開発中。ベータ版がSteam早期アクセスにて24.99ドルから発売されています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント

    「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント

  2. スイッチ『脳トレ』の川島教授は『ゼルダの伝説 BotW』の祠を全制覇するほどのゲーマーだった!『スマブラSP』出演の経緯など、驚きの秘話が公開に

    スイッチ『脳トレ』の川島教授は『ゼルダの伝説 BotW』の祠を全制覇するほどのゲーマーだった!『スマブラSP』出演の経緯など、驚きの秘話が公開に

  3. 『Dauntless』のデベロッパーPhoenix Labsが買収―シンガポールの企業Seaの傘下へ

    『Dauntless』のデベロッパーPhoenix Labsが買収―シンガポールの企業Seaの傘下へ

  4. 『ポケモンHOME』各種機能を紹介した公式サイトオープン!“すべてのポケモンが集まる場所”が2月配信に向け本格始動

  5. ACT&経営西部劇『Gunman And The Witch』配信決定!魔女の少女の力を借りてアウトローと戦え

  6. スタイリッシュダークな世界観のターン制タクティクス『Othercide』クローズドベータ参加者募集を開始

  7. 関西のゲームクリエイター勉強会「GCC2020」セッション情報第一弾が公開ー BlizzardやSNKが登壇しゲーム開発について語る

  8. 『ARK:Survival Evolved』拡張DLC「Genesis」配信延期、海外リリース日は2月25日に

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『スマブラSP』第5弾「Miiファイターコスチューム」公開!『カップヘッド』や『アサシン クリード』の衣装が登場

アクセスランキングをもっと見る

page top