先行入力型のターンベース戦闘ゲーム『Frozen Synapse』がiPhoneにて年内にもリリースへ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

先行入力型のターンベース戦闘ゲーム『Frozen Synapse』がiPhoneにて年内にもリリースへ

Mode 7 Gamesが2011年にリリース、Metacriticでは85/100と高評価を獲得したターンベース戦略ゲーム『Frozen Synapse』。開発者のPaul Taylor氏がTwitter上にて年内にも同作をiPhone向けにリリースすることを明らかにしました。

ニュース 最新ニュース


インディーデベロッパーMode 7 Gamesが2011年にリリースし、レビュー集積サイトMetacriticでは85/100と高評価を獲得したターンベース戦略ゲーム『Frozen Synapse』。すでにPC/Max/Linuxに加えiPad/Androidでも配信されている同作ですが、開発者のPaul Taylor氏が新たにiPhone版を年内にもリリースすることを明らかにしました。

Taylor氏は「発表: 『Frozen Synapse』がiPhoneに来ます」とツイート。リリース時期はまだ確定していないものの、すでにUIに関するミーティングを行ったと報告しており、今年の終わりまでには間違いなく発売されるだろうと続けています。

『Frozen Synapse』はトップビューからマップを見渡し、銃火器を所持した小隊を操作して相手チームを倒すというターンベース型のストラテジーゲーム。プレイヤーはターンが始まる前に各隊員の行動予定を先行入力、ターンが始まるとその入力に沿って全キャラクターがリアルタイムで行動していくというのが基本ルールです。相手が次の数秒間でどのようなアクションを取るのかを先読みする戦略性が魅力的なタイトルで、対戦マルチプレイヤーモードやCo-opモードも搭載されています。



なおMode 7は現在この『Frozen Synapse』の精神を受け継いだターンベース型の近未来フットボールゲーム『Frozen Endzone』を開発中。ベータ版がSteam早期アクセスにて24.99ドルから発売されています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  2. アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

    アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

  3. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

    「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  4. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  5. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  6. ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心

  7. 【e-Sportsの裏側】追求し、共感を受けて、そして今の僕がいる。プロゲーマーPunkインタビュー

  8. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  9. 『ロマンシング サガ3』HDリマスターおよび、シリーズ最新作『ロマンシング サガ リ・ユニバース』発売決定!

  10. 『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

アクセスランキングをもっと見る

page top