『Call of Duty: Advanced Warfare』は新ゲームエンジンを採用、開発期間はすでに2年半が経過 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty: Advanced Warfare』は新ゲームエンジンを採用、開発期間はすでに2年半が経過

最新作『CoD: Advanced Warfare』では、新たなゲームエンジンを採用していることや、すでに2年半以上の開発期間が費やされていることが明らかとなりました。

ニュース ゲーム速報
前作『Call of Duty: Ghosts』では"次世代機向けに改良された"というやや肩透かしなゲームエンジンの一新が伝えられていましたが、最新作『CoD: Advanced Warfare』では、新たなゲームエンジンを採用していることや、すでに2年半以上の開発期間が費やされていることが明らかとなりました。

これはGame Informer誌の最新号にて開発を担当するSledgehammer Gamesが明らかにしたもので、共同創設者のMichael Condrey氏は「ゲームをコントロールしサポートするためブランドの新技術作りに2年半を費やしてきた」とコメント。「今世代からメモリが10倍になったようなものが次世代だ。追加メモリと新たな融合テクノロジーで、全て圧縮する必要は無くなった」と伝え、思い通りに開発が行える環境をアピールしています。

なお『Call of Duty』シリーズはActivisionより3スタジオによる3年開発サイクルがすでに発表されており、今回のSledgehammerを含めTryarchとInfinity Wardはそれぞれ3年の開発期間をかけて今後新作を開発していくことになります。


先日公開された第1弾トレイラー

現時点でこの新ゲームエンジンが新規で構築されたものなのか、あるいはid Tech EngineをベースにしたIW engineの新バージョンであるのかは不明ですが、トレイラーでは確かに前作『CoD: Ghosts』より進化したビジュアルが確認可能でした。Game Informer誌の記者も同作のシングルプレイヤーキャンペーンを視聴し、慣れ親しんだどんな過去作よりも遥かにピンと張った雰囲気のあるグラフィッククオリティを有していたと伝えています。

なおサウンドでは『Metal Gear Solid』シリーズで知られるHarry Gregson-Williams氏がコンポーザーとしてサウンドトラック製作に参加。オーディオディレクターのDon Veca氏は、『CoD: Advanced Warfare』が今までで最も素晴らしいサウンドを有したゲームになるとアピールしています。
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

    『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  2. 『FFXIV』「漆黒のヴィランズ」ジョブ

    『FFXIV』「漆黒のヴィランズ」ジョブ"踊り子"、プレイヤー種族"ロスガル"など新要素が続々―新レイドも

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  5. 『ファイプロ ワールド』SUDA51手がけるDLCシナリオの配信が決定!あの衝撃が再び…?

  6. 高評価吸血鬼RPG新作『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』発表!日本語にも対応予定

  7. 『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

  8. 新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

  9. PS4『サムライスピリッツ』発売時期が2019年初夏に決定!戦闘メインの最新トレイラーも

  10. 『FFXIV』新拡張「漆黒のヴィランズ」7月2日発売決定!新ジョブ「ガンブレイカー」やヴィエラ族、ダンジョンなどが追加

アクセスランキングをもっと見る

1
page top