今からはじめる『SMITE』―神々が激突する3人称視点MOBAを初心者向けに徹底解説 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今からはじめる『SMITE』―神々が激突する3人称視点MOBAを初心者向けに徹底解説

3Dアクションゲームのようなプレイ感で楽しめるド迫力な3人称視点MOBA『SMITE』。『Dota 2』や『League of Legends』と言った2大巨頭に次ぐ、“第3のMOBA”を楽しむ方法について解説します。

連載・特集 特集
今からはじめる『SMITE』―神々が激突する3人称視点MOBAを初心者向けに徹底解説
  • 今からはじめる『SMITE』―神々が激突する3人称視点MOBAを初心者向けに徹底解説
  • 今からはじめる『SMITE』―神々が激突する3人称視点MOBAを初心者向けに徹底解説
  • 今からはじめる『SMITE』―神々が激突する3人称視点MOBAを初心者向けに徹底解説
  • 今からはじめる『SMITE』―神々が激突する3人称視点MOBAを初心者向けに徹底解説
  • 今からはじめる『SMITE』―神々が激突する3人称視点MOBAを初心者向けに徹底解説
  • 今からはじめる『SMITE』―神々が激突する3人称視点MOBAを初心者向けに徹底解説
  • 今からはじめる『SMITE』―神々が激突する3人称視点MOBAを初心者向けに徹底解説
  • 今からはじめる『SMITE』―神々が激突する3人称視点MOBAを初心者向けに徹底解説

今回ご紹介するのは、人気ジャンル「MOBA」にサードパーソンシューター要素を加えたHi-Rez Studiosの意欲作『SMITE』です。独特のゲームシステムで敷居が高いと思われがちな「MOBA」に、3Dアクションゲームのようなプレイ感で挑むことが出来るのは、MOBA初体験のゲーマーにとっても注目出来る点と言えるでしょう。本記事では、MOBAの2大巨頭である『Dota 2』と『League of Legends』に次ぐ新たなMOBA『SMITE』の基本システムやプレイ開始方法をガイドしていきます。


■『SMITE』ってどんなゲーム?

『SMITE』では、“God”と呼ばれる神話や歴史の偉人をモチーフにした神々的存在をプレイアブルキャラクターとして操ることになります。セルケトやアヌビスと言ったエジプト神話をイメージしたGodのほか、変わり種では、「三国志」の関羽や「西遊記」の孫悟空と言ったGodも登場。世界的に有名な人物がテーマにされている為にそれぞれの特色を覚えやすく、多数のキャラクターが登場しがちなMOBAジャンルの中では、ある種フレンドリーとも言える設定となっています。



チュートリアルでプレイすることになる「Neith」は、遠距離攻撃によってダメージを出していく“ハンター”と呼ばれる役割を持ったGodです。『Dota 2』『LoL』で言えば、いわゆるキャリー(ADC)に分類される特徴を持っています。MOBAジャンルを経験したことがないユーザーに向けてざっくり説明すれば、「敵に近付く必要がない」「チームを勝利に導く」「攻撃型」タイプのキャラクターです。


■アカウント作成、インストール方法


まずは 『SMITE』を始めるまでの準備について。公式Webサイトの右上に表示されている「Create Account」からアカウントを作成し、「DOWNLOAD GAME」ボタンからクライアントを入手、インストールしてみましょう。アップデートにはそれなりに時間が必要となるので、空いた時間にはチュートリアル映像などをチェックするのがオススメです。なお、ゲーム内でボーナスを獲得出来る招待システムも導入されているので、身近な知り合いに『SMITE』プレイヤーがいる方はチャンスを逃さず招待を受けましょう。


■そしてチュートリアルへ


起動直後に開始されるチュートリアルを終えたら、「Conquest Tutorial」に挑戦してみましょう。

MOBAの基本要素「タワー」。この攻城塔を奪い合う攻防戦が序盤のキモです

タワーの奥に配置される重要オブジェ「フェニックス」。彼らが護衛する「タイタン」を破壊した側が勝ち

「Conquest」は、タワーを守って味方の兵士を進軍させて敵タワーを破壊し、敵陣地の重要オブジェクトを破壊して勝利を掴むという基本的なMOBAに則ったモードです。しかし従来の見下ろし視点MOBAと比べてTPS的な要素が強い本作の視界は、非常に限られています。これによりGank(奇襲)の重要性が高められており、ビジュアル的にも大乱闘なイメージになり易く、特に集団戦では見下し視点のMOBAよりも強い迫力が感じられます。


操作体系はそれぞれのスキルが1キーから4キーにデフォルトで割り振られていますが、移動はWASD、攻撃は左クリックとなっています。このあたりはMOBA未経験ユーザーにとって、むしろ親しみ易いポイントと言えるのではないでしょうか。ストラテジックな対人戦シューターと思ってプレイしても、さほど違和感はないかもしれません。

敵の「本拠地」と言うより「ボスモンスター」と言った方が近いかも。終盤はほとんどお祭り騒ぎです

見事勝利を掴んだ「Neith」。リザルト画面ではなぜかパラパラっぽいダンスを披露

アナウンスやクエストアイコンに従いながらプレイすれば、恐らく20~30分ほどでチュートリアルを完了することが出来るでしょう。ここからは、敵AIを相手にしたCo-opモードでゲーム全体の流れを覚えながら腕を磨いていくのをオススメします。


■チュートリアルが終わったら



全てのGodsはこちらのページから確認することが出来ます。記事執筆時点で60種類以上が用意されており、すべてのGodはゲーム内マネー“Favor”を用いて利用可能になります。実際の通貨によって購入出来るゲーム内マネー“Gem”では、Godのバンドルパックや一部の特別スキンのほか、ボイスセットなどを利用することが出来ます。



ちなみに、スキルが重要となるメイジなら「Poseidon」、サポート重視なガーディアンならば「Ymir」が比較的挑戦し易く設計されているので、初心者にもオススメと言えるでしょう。もちろん「カッコいい!」「かわいい!」と思ったGodを真っ先に使ってみるのもアリですが、能力を引き出せないまま足を引っ張ってしまわぬよう注意しましょう。逆に「このGodなら自信アリ!」と言う方は、スキンでハデに着飾ってその自信を誇示してみるのも良いかもしれません。


■更なる楽しみかた
また、『SMITE』も他のe-Sports採用MOBAと同様、プロゲーマーが活躍するシーンにおいて盛り上がりを見せています。2015年1月に開催された『SMITE』世界大会公式Webサイトでは、『LoL』を超える賞金総額で注目を集めた大会の試合結果が公開中です。

そしてTwitchでも多くの海外ゲーマーが『SMITE』プレイ配信を行っています。更に公式YouTubeチャンネルでは、スタッフによるおちゃめな公式映像なども公開。初心者にとって参考になるのはもちろんのこと、ある程度MOBAを嗜んできた方にとっても、そのスリルと迫力は新鮮に感じられることでしょう。競技性の高いゲームタイトルなので、「視聴者」として選手やチームを応援するのも、またひとつの楽しみ方です。チュートリアルを終えた方は、ひたすらいろいろなGodを練習してみたり、対人戦で大活躍してみたり、様々な楽しみ方を探ってみてはいかがでしょうか。
《subimago》

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top