2015年米国年末商戦の人気プラットフォームは? 世代別統計データ明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2015年米国年末商戦の人気プラットフォームは? 世代別統計データ明らかに

米国で最も買い物が行われる日であるブラックフライデーが終わり、米調査会社が当日の各ゲームプラットフォームの売り上げ比率を明らかにしています。

ゲーム文化 カルチャー
2015年米国年末商戦の人気プラットフォームは? 世代別統計データ明らかに
  • 2015年米国年末商戦の人気プラットフォームは? 世代別統計データ明らかに
  • 2015年米国年末商戦の人気プラットフォームは? 世代別統計データ明らかに
米国で最も買い物が行われる日であるブラックフライデーが終わり、調査会社が当日の各ゲームプラットフォームの売り上げ比率を明らかにしています。

このデータは市場調査会社InfoScoutによるもので、米国のミレニアル世代(18歳から35歳)とミドル世代(36歳から55歳)の30万人から、PlayStation、Xbox、任天堂のプラットフォームで、ブラックフライデー当日にオンラインで購入された比率を集計しています。


ミレニアル世代における昨年のプラットフォーム別のシェアはXboxがトップでしたが、今年はPlayStationが48%を占めトップとなり、Xboxは32%、任天堂は19%に。ミドル世代では、Xboxが37%とトップで、次いでPlayStationが33%、任天堂が30%と、ミレニアル世代とはやや異なった結果となっています。

また、ミレニアル世代のブラックフライデー当日のシェアは通常日に比べPlayStationが8%上昇、Xboxは7%の下落、任天堂は1%下落しており、PlayStationプラットフォームがシェアを広げる形に。一方、ミドル世代は通常日からさほど変化しておらず、世代によってブラックフライデーの行動が異なっているという興味深いデータとなっています。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Marvel's Spider-Man』コミカライズが海外で開始―キングピンとの死闘が描かれる冒頭4ページが公開

    『Marvel's Spider-Man』コミカライズが海外で開始―キングピンとの死闘が描かれる冒頭4ページが公開

  2. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

    『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  3. 個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

    個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

  4. 『デビル メイ クライ』再アニメ化!『悪魔城ドラキュラ』アニメ版とのクロスオーバーも……?

  5. 『モータルコンバット』科学検証番組第3弾―サブゼロの氷の斧で物は切れるのか?

  6. インディゲームイベント「TOKYO SANDBOX」秋葉原で4月開催ー84スタジオ、120タイトル出展

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. PS4版『レインボーシックス シージ』国内公式大会が開催決定ー誰でも参加可能

  9. YouTube、ゲーミング機能「YouTube Gaming」を本体に統合…専用アプリは2019年3月終了へ

  10. PC版『レインボーシックス シージ』賞金総額300万円超の国内大会開催決定ー最強チームがここで決まる

アクセスランキングをもっと見る

1
page top