中国国内のデジタルコンテンツ配信規制が強化―政府管理体制の強化が狙いか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中国国内のデジタルコンテンツ配信規制が強化―政府管理体制の強化が狙いか

ニュース ゲーム業界

中国国内のデジタルコンテンツ配信規制が強化―政府管理体制の強化が狙いか
  • 中国国内のデジタルコンテンツ配信規制が強化―政府管理体制の強化が狙いか
近年、中国国内で従事するソフトウェア企業に向けて、ソースコードやノウハウの開示を迫るなど、規制を高めつつある中国政府。そんな規制に新たな一文が加わり、ゲームを含めた国内外のデジタルコンテンツ企業は新しい方針を迫られています。

中国の情報メディアを管轄、統制する国家新聞出版広電総局と中国工業情報化部が共同で発表した内容によれば、現地時間の2016年3月10日から施行される規制により、中国国内でデジタルコンテンツを運営、配信する国外資本の企業はゲームやアニメーションから、芸術と文芸を含むテキスト、画像データ、オーディオといったデジタルコンテンツの配信が規制されます。

以前までの法律では外資系企業は、国内に「共同企業」や「合併企業」などの中国法人を設置することで、運営を行うという方法がありました。しかし、今回の規制により、「外資系企業との合併企業、共同企業であってもオンラインコンテンツの配信不可」といった方針へと変更となり、中国国内でコンテンツを展開するためには「コンテンツを配信するサーバーおよびストレージを直接中国国内に設置しなければならない」という点が追加。今までのように海外から中国政府の認可を受け、コンテンツを配信するといった手法が不可能になりました。

今回の規制は、中国資本の企業にイニシアチブを与え、海外からの影響を排除し、政府管理体制の強化を行いたい、といった意図が窺えます。これまで、規模の大きな市場である中国向けにデジタルコンテンツを配信していた外資系企業への損失が考えられることはもとより、中国でのコンテンツ普及のための新たな条件は、新規参入者も二の足を踏むことになるかもしれません。
《scarecrow》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

    『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

  2. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

    『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  3. 【TGS2017】日本ゲーム大賞発表!大賞は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

    【TGS2017】日本ゲーム大賞発表!大賞は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

  4. 『NieR:Automata』世界累計出荷&ダウンロード販売本数200万本突破!

  5. PS4/Xbox One/PC『Project CARS 2』予約特典やシーズンパスの詳細が明らかに

  6. 全DLC収録『Fallout 4: Game of the Year Edition』発表!海外で9月発売【UPDATE】

  7. たった1ドルからゲームをまとめ買いできる「Humble Bundle」とは ― 仕組みや購入方法を解説!

  8. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  9. DontNod手がける吸血鬼アクションRPG『Vampyr』の発売延期が発表

  10. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

アクセスランキングをもっと見る

page top