スマホMOBA『Vainglory』のPC/Mac版がSteamにて早期アクセス開始―スマホ版とのクロスプレイも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スマホMOBA『Vainglory』のPC/Mac版がSteamにて早期アクセス開始―スマホ版とのクロスプレイも

Super Evil Megacorpは、元祖・スマホMOBA『Vainglory(ベイングローリー)』のWindows/macOS向け早期アクセスをSteamにて開始しました。

ニュース 発表
スマホMOBA『Vainglory』のPC/Mac版がSteamにて早期アクセス開始―スマホ版とのクロスプレイも
  • スマホMOBA『Vainglory』のPC/Mac版がSteamにて早期アクセス開始―スマホ版とのクロスプレイも
  • スマホMOBA『Vainglory』のPC/Mac版がSteamにて早期アクセス開始―スマホ版とのクロスプレイも
  • スマホMOBA『Vainglory』のPC/Mac版がSteamにて早期アクセス開始―スマホ版とのクロスプレイも
  • スマホMOBA『Vainglory』のPC/Mac版がSteamにて早期アクセス開始―スマホ版とのクロスプレイも
  • スマホMOBA『Vainglory』のPC/Mac版がSteamにて早期アクセス開始―スマホ版とのクロスプレイも
  • スマホMOBA『Vainglory』のPC/Mac版がSteamにて早期アクセス開始―スマホ版とのクロスプレイも
  • スマホMOBA『Vainglory』のPC/Mac版がSteamにて早期アクセス開始―スマホ版とのクロスプレイも

Super Evil Megacorpは、元祖・スマホMOBA『Vainglory(ベイングローリー)』のWindows/macOS向け早期アクセスをSteamにて開始しました。

48人以上のヒーローによる戦略性の高い戦闘が楽しめる本作では、スマートフォンとPCによる対戦/協力クロスプレイが可能。自社開発のクロスプラットフォームゲームエンジン「E.V.I.L.エンジン」を使って構築され、高品質のグラフィック、精密な操作性、そしてプラットフォームを超えた競技性を提供します。


Super Evil MegacorpのCEO、Kristian Segerstrale氏と、同スタジオの共同創設者で『Vainglory』ゲームディレクターのQ. Wang氏は以下のように語っていま
す。

「Super Evil Megacorpは、プラットフォームや操作方法を超越した美しいグラフィックと深みがあるゲーム体験を提供したいと願うゲーム業界のベテランが集結したゲームスタジオです。世界に何十億台と使用されているスマートフォン、パソコン、ゲーム機、次世代デバイス等、どんなデバイスでも公平なゲームプレイを実現することでゲーマーがどこでも誰とでも競える環境を作りたいと考えています」
―Kristian Segerstrale氏

「私たちはクロスプラットフォームを入念にテストプレイし、昨年末のVaingloryインビテーショナルではPC対スマホのエキシビションマッチを披露しました。その節はスマホのチームが圧勝でしたが、Steamコミュニティの参戦を楽しみにしています!」
―Q. Wang氏



以下は、『Vainglory』の主な特徴です。
  • ユニークなコンビネーションやプレイスタイルが操れる、48体以上のユニークなヒーロー
  • 独自ゲーム機能「Adrenaline(アドレナリン)」:正確なスタッターステップ(通常攻撃の間の移動)による攻撃速度ブースト
  • 流れる方向に移動速度ブーストを与えるマップ内の川
  • 味方につけるとレーンを推し進め、ゲームの展開を早めるドラゴン
  • ヒーロー毎に様々なプレイスタイルやビルドを可能にするアビリティのオーバードライブや柔軟なアイテムの選択肢

基本無料タイトル『Vainglory』のPC/Mac版はSteamにて早期アクセス中です。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

    宇宙シム『Flatspace』がSteamで無料配信開始!宇宙海賊から宇宙を駆けるタクシーまで自由に生活可能

  2. 開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

    開発中ゲームの約10%以上は次世代機向け―GDC、ゲーム開発のトレンド調査レポートを公開

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. 2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

  5. 『SOMA』開発のFrictional Gamesの新作告知サイトに新たな手掛かり―奇妙なアイコンと不気味な動画が発見される

  6. 「最も野心的な新規タイトル」制作のため新作バトロワ『STORMDIVERS』の開発が保留に

  7. 新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

  8. 【吉田輝和の絵日記】『龍が如く7 光と闇の行方』横浜で観光&転職しながら"スジモン”とコマンド式バトル!

  9. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  10. 『サムライスピリッツ』DLC「緋雨閑丸」が9月に無料配信!シーズンパス2で「真鏡名ミナ」参戦も

アクセスランキングをもっと見る

page top