『ドラゴンボールZ KAKAROT』海外最新動画で開発陣が3つのポイントを解説 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドラゴンボールZ KAKAROT』海外最新動画で開発陣が3つのポイントを解説

原作再現だけでなく新規エピソードも追加されボリューミーな内容になるとのこと。アクションRPGということで、直近の対戦格闘ゲームとはまた違った趣にもなっているそうです。

メディア 動画
『ドラゴンボールZ KAKAROT』海外最新動画で開発陣が3つのポイントを解説
  • 『ドラゴンボールZ KAKAROT』海外最新動画で開発陣が3つのポイントを解説
  • 『ドラゴンボールZ KAKAROT』海外最新動画で開発陣が3つのポイントを解説

バンダイナムコエンターテインメント アメリカは、「ドラゴンボール」ゲームの新作であるアクションRPG『ドラゴンボールZ KAKAROT』の内容を紹介する映像を海外向けに公開しました。

公開された映像は、E3 2019での本作プロデューサー原良輔氏とディレクター木本一輝氏(サイバーコネクトツー)へのインタビューとなっており、本作へかける意気込みに加えて従来作と比べて特徴となるシステムについて語られています。

システムについて、具体的に3つのポイントが本作ならではであるとされています。1つ目はストーリーのボリュームであり、原作再現だけではなく新たに語られるエピソードもあるとのこと。

2つ目はアクションRPGとして構築されたバトルであり、特にボスキャラクターは圧倒的な数の気弾や広範囲の爆発などを使用してくるため、プレイヤーは死闘を体感することができるとしています。

そして最後に、食事やフィールド探索、仲間との交流といった要素で、そういった戦闘以外の要素を通しても主人公の悟空を成長させていくことができるとのことです。

『ドラゴンボールZ KAKAROT』はPS4/Xbox One向けに2020年初頭に発売予定です。
《いわし》

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

メディア アクセスランキング

  1. 雰囲気抜群!『Assassin's Creed Syndicate』近代ロンドンを描くコンセプトアート

    雰囲気抜群!『Assassin's Creed Syndicate』近代ロンドンを描くコンセプトアート

  2. 『GTA: SA』のマップは端から端まで徒歩何分?―海外ユーザーが実際に検証

    『GTA: SA』のマップは端から端まで徒歩何分?―海外ユーザーが実際に検証

  3. Steam版『Dead by Daylight』に「悪魔のいけにえ」のレザーフェイス参戦!

    Steam版『Dead by Daylight』に「悪魔のいけにえ」のレザーフェイス参戦!

  4. 『Prey: Mooncrash』無料マルチプレイアップデート「Typhon Hunter」が近日リリース!

アクセスランキングをもっと見る

page top