トンデモ攻城兵器建造ゲーム『Besiege』の正式リリース日が決定―値上げ予定なので急げ! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

トンデモ攻城兵器建造ゲーム『Besiege』の正式リリース日が決定―値上げ予定なので急げ!

2015年からSteam早期アクセスを展開していた『Besiege』の正式リリース日が決定。V1.0のアップデート内容も明らかに。

ゲーム文化 インディーゲーム
トンデモ攻城兵器建造ゲーム『Besiege』の正式リリース日が決定―値上げ予定なので急げ!
  • トンデモ攻城兵器建造ゲーム『Besiege』の正式リリース日が決定―値上げ予定なので急げ!
  • トンデモ攻城兵器建造ゲーム『Besiege』の正式リリース日が決定―値上げ予定なので急げ!
  • トンデモ攻城兵器建造ゲーム『Besiege』の正式リリース日が決定―値上げ予定なので急げ!
  • トンデモ攻城兵器建造ゲーム『Besiege』の正式リリース日が決定―値上げ予定なので急げ!
  • トンデモ攻城兵器建造ゲーム『Besiege』の正式リリース日が決定―値上げ予定なので急げ!
  • トンデモ攻城兵器建造ゲーム『Besiege』の正式リリース日が決定―値上げ予定なので急げ!

デベロッパーSpiderling Studiosは、2015年よりSteam早期アクセスを展開していた攻城兵器構築ゲーム『Besiege』の正式リリース日が現地時間2月18日に決定したことを発表しました。

早期アクセス開始時点のトレイラー

正式リリースにあわせて実施されるV1.0アップデートでは、シングルプレイヤーキャンペーン最後の島「クロルマル」が登場。クロルマルは古代の謎の砂漠の島で、非常に美しいビジュアルや難易度の高いレベルを特色としています。




また、ブロックの新しいカテゴリーとして「論理/オートメーション」が追加され、自動メカニズムの作成が可能に。ボタン1つで複数のアクションを順番に実行したり、センサーブロックでアクションを自動化できるそうです。


早期アクセス版『Besiege』は1,010円で配信中。正式リリース後は値段が上がるとのことなので、気になっていた方は早めに購入しておきましょう。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  2. PS4/PS VRタイトル中心の「State of Play」発表内容ひとまとめ

    PS4/PS VRタイトル中心の「State of Play」発表内容ひとまとめ

  3. 「QuakeCon 2020」の開幕を告げる「Welcome to QuakeCon at Home」発表内容ひとまとめ

    「QuakeCon 2020」の開幕を告げる「Welcome to QuakeCon at Home」発表内容ひとまとめ

  4. この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

  5. 様々な新要素を追加する『Blasphemous』無料DLC「The Stir of Dawn」配信開始!

  6. ゲームのモブキャラが覚醒するライアン・レイノルズ主演映画「フリー・ガイ」2021年1月22日公開決定!

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. オレンジの球体が駆け回る!『GTAオンライン』でチーター被害を受けたユーザーが状況を活かした映像を公開

  9. お子様はプレイ禁止の淫魔ACT体験版『SUCCUBUS: Prologue』Steam配信! モザイクだらけのトレイラーも

  10. レイトレーシングと高解像度テクスチャでリアルになりすぎた『マインクラフト』映像!

アクセスランキングをもっと見る

page top