『DOOM II』16面はレベルデザイナーのマイホームが元ネタだった!ゲーム内と実際の様子を比較する映像が公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『DOOM II』16面はレベルデザイナーのマイホームが元ネタだった!ゲーム内と実際の様子を比較する映像が公開

もちろんインプはいませんし、武器も配置されていません。

ゲーム文化 カルチャー
『DOOM II』16面はレベルデザイナーのマイホームが元ネタだった!ゲーム内と実際の様子を比較する映像が公開
  • 『DOOM II』16面はレベルデザイナーのマイホームが元ネタだった!ゲーム内と実際の様子を比較する映像が公開

id Softwareの伝説的FPS『DOOM II』(1994年、MS-DOS)のとあるステージについて、同作のレベル・シナリオデザインを担当していたSandy Petersen氏(現在はテーブルゲーム会社の社長)が、当時施工中だったマイホームの間取りをもとにデザインしていたことを明かしました。

YouTubeチャンネル、Sandy of Cthulhuが公開した映像では、『DOOM II』第16ステージ「Suburbs」の実機プレイの様子と、Petersen氏自ら(奥様とワンちゃん達も)が案内する自宅内の様子の比較映像を確認できます。

一部の部屋が省略されていたり、ゲームエンジンの技術的制約から2階部分が再現されていなかったりといくつか相違点はあるものの、Petersen氏の家の間取りと概ね合致していることが分かります。もちろんインプはいませんし、武器も配置されていません。

また第16ステージには、かつてPetersen氏が住んでいた実家(ご両親はまだ住んでいるそう)も登場していたことが明らかに。映像終盤には、実機プレイの様子と、素敵なご実家の様子の比較も収録されています。

25年の以上の時を経て、ようやく元ネタが明かされた『DOOM II』の第16ステージ。今日我々がプレイしているゲームにも、もしかしたらレベルデザイナーの自宅が登場していたりするのかもしれませんね。

《S. Eto》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「ゲームセンターCX」“発売20年以上”のルールにのっとりPS2/ゲームキューブ/GBAの使用が解禁!3機種のレトロゲー入りに「もうそんなに経つのか…」と驚きの声も

    「ゲームセンターCX」“発売20年以上”のルールにのっとりPS2/ゲームキューブ/GBAの使用が解禁!3機種のレトロゲー入りに「もうそんなに経つのか…」と驚きの声も

  2. 残されたのは主人公1人……海外プレイヤーが『スカイリム』で全生物の殺害を達成

    残されたのは主人公1人……海外プレイヤーが『スカイリム』で全生物の殺害を達成

  3. 名作ホラー『零~zero~』がパチスロ化!YouTubeコメント欄では賛否両論巻き起こる

    名作ホラー『零~zero~』がパチスロ化!YouTubeコメント欄では賛否両論巻き起こる

  4. 高評価ドット絵アクションシューター『HUNTDOWN』Steam/GOG版配信開始!暴力的な未来で悪を狩れ

  5. 水没都市探検ADV『水瓶上のフェルマータ』ゲーム映像公開―懐かしくも美しいグラフィックの世界で水面下1万メートルを目指そう

  6. どうぶつ達と暮らすほっこりライフシム『Hokko Life』6月2日にSteam早期アクセス開始予定

  7. コスプレアヒルちゃんフィギュアに新作「桐生一馬」「芭月涼」「ビート」が登場!

  8. ネオポケカラー風ちびキャラ格ゲー『Pocket Bravery』のクラウドファンディングが開始!

  9. 『マジック・ザ・ギャザリング』お値段3,000万円!最も価値ある1枚「ブラックロータス(α版)」がカードショップ・晴れる屋に入荷

  10. PC版『ニーア オートマタ』用HDテクスチャーパックModの完成版がリリース

アクセスランキングをもっと見る

page top