名作海洋冒険SLGのHDリマスター版『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』7つの海の冒険は今でも魅力満載!【爆速プレイレポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

名作海洋冒険SLGのHDリマスター版『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』7つの海の冒険は今でも魅力満載!【爆速プレイレポ】

『大航海時代』シリーズ30周年、「シブサワ・コウ」40周年記念作品。自由で素敵な航海を!

連載・特集 プレイレポート
名作海洋冒険SLGのHDリマスター版『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』7つの海の冒険は今でも魅力満載!【爆速プレイレポ】
  • 名作海洋冒険SLGのHDリマスター版『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』7つの海の冒険は今でも魅力満載!【爆速プレイレポ】
  • 名作海洋冒険SLGのHDリマスター版『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』7つの海の冒険は今でも魅力満載!【爆速プレイレポ】
  • 名作海洋冒険SLGのHDリマスター版『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』7つの海の冒険は今でも魅力満載!【爆速プレイレポ】
  • 名作海洋冒険SLGのHDリマスター版『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』7つの海の冒険は今でも魅力満載!【爆速プレイレポ】
  • 名作海洋冒険SLGのHDリマスター版『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』7つの海の冒険は今でも魅力満載!【爆速プレイレポ】
  • 名作海洋冒険SLGのHDリマスター版『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』7つの海の冒険は今でも魅力満載!【爆速プレイレポ】
  • 名作海洋冒険SLGのHDリマスター版『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』7つの海の冒険は今でも魅力満載!【爆速プレイレポ】
  • 名作海洋冒険SLGのHDリマスター版『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』7つの海の冒険は今でも魅力満載!【爆速プレイレポ】

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。そこで“なるべく早く”ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」となります。

今回は2021年5月20日にコーエーテクモゲームスよりPC/ニンテンドースイッチ向けにリリースされた『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』について生の内容をお届けしたいと思います。


『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』とは

世界中を航海しながら各勢力と争い、7つの海の覇者を目指す海洋冒険シミュレーション。プレイヤーは出身や所属などが異なる7人の主人公を選び冒険や戦闘、イベントなどをこなして名声や資金を集めて自身の商会を強化していく必要があります。

本作は1999年にPCで発売された『大航海時代IV PORTO ESTADO』をベースに、2000年発売「パワーアップキット」(PC)と2006年発売『大航海時代 RIVOTA NOVA』(ニンテンドーDS/PSP)の追加要素を収録したHDリマスター版。『大航海時代』シリーズ30周年と「シブサワ・コウ40周年」記念として発表された作品です。

シリーズの中でも比較的ストーリー性が高い本作。時代設定も「大航海時代」の幕開けとなる15世紀よりもかなり先で、世界の港事情がある程度明らかになっているほか、多くの地域にヨーロッパなどの勢力が進出しています。

『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』の実内容に迫る!

本作は北海やインド洋、東アジアなど7つの海に隠されている「覇者の証」を集めるのが目的。そのためには、それぞれの海を支配している最大勢力を倒す必要があります。7人の主人公たちは独自のストーリーを持ち、海ごとのイベントや仲間になるキャラクターも異なるため、攻略方法もさまざまです。

主人公によっては「拿捕した船をそのまま入手できる」「交易品を少し高く売却できる」などの特殊能力を持っています。ただし「一部の施設が利用できない」「毎年上納金を納める必要がある」などデメリットのある主人公も存在。イベントでその海の勢力と問答無用で交戦状態になるなど、慣れないうちは序盤が難しい主人公もいるため注意が必要です。

本作を初めて遊ぶ際には、ゲームのチュートリアルが用意されている主人公「ラファエル」を選ぶのがおすすめです。ラファエルは序盤から仲間が集めやすく、特殊能力として「軍事投資が安い」「依頼の報酬が多い」を持っています。また、プレイ開始時に統率力や謀略術などの技能を設定可能です。

7人の主人公それぞれで違った展開が楽しめる本作。アジアスタートの主人公では「アジアからヨーロッパを目指す」といった、大航海時代ジャンルのゲームでは比較的珍しい流れも楽しめます。

まずは港巡りから!交易の基本は「安く買って高く売る」

今回はラファエル編で本作の基本を追っていきます。冒頭のストーリーが終了後、提督&3人の仲間と1隻の小型船でゲーム開始です。まずは最初の仲間のひとりフリオ爺さんのアドバイスに従い、船を動かす水夫を集め、交易品を買って近くの港へ向かいましょう。

本作の操船は、帆の開閉と向きを操作して行います。風向きは常に画面上に表示されているので、帆が風を受けて速く進めるように適切に操作することが重要です。まずは、ラファエルの初期港である「リスボン」で購入したアーモンドを売りに地中海の入口「セウタ」へ。大航海時代シリーズは遊んでいるうちに地名を覚えられるのも魅力ですね。

到着した「セウタ」で商売を開始するためには、まずは総督府で商売の許可を取らなくてはなりません。本作では港ごとに勢力のシェアが設定されており、シェアがない港で商売をすることができません。シェアは投資などで獲得できますが、全勢力で100%を分け合う形式のため、例えばすでに50%抑えられている場合は50%までしか獲得できません。

「セウタ」では、フリオ爺さんが20%分のシェアを購入してくれました。シェアが大きくなると購入できる交易品の数が増えるほか、100%シェアを獲得した港からは毎月上納金が収められます。とは言え最初はそんなお金もないため、アーモンドを売りさばき、セウタで新たな交易品を購入。交易の基本は「安く買って高く売る」ことですが、本作ではその港で取り扱っている交易品でも無い限りは簡単に損はしない仕様なので安心しましょう。

ラファエル編では、地中海からアフリカ、北海などの港をめぐりながら少しずつシェアを獲得し、交易を重ねているうちに少しずつ資金や仲間が集まってきます。ある程度資金の余裕ができたら新しい船を購入して交易品の積荷を増やしましょう。当たり前の話ですが、交易品が倍になれば儲けも倍になるのです。

本作の基本はとにかくお金を稼ぐこと、そして名声を得ること。そのためには、より儲かるために船を強化しなくてはなりません。

各地でCG付きのイベントが発生。

仲間を集めて船を強化!適材適所で航海を快適に!

各地の港を巡っているうちに、プレイヤーと冒険をともにする仲間が増えていると思います。仲間キャラクターはプレイヤーを支えてくれる大切な存在。ゲーム内の甲板画面から、船内のさまざまなコマにキャラクターを配置することで、航海中のサポートを行えます。

船内には操帆、見張り、船医などの種類があります。見張りに仲間を置くことで港の発見距離アップ、船大工では航行中にダメージを回復できるなどの効果があります。ただし、役職任命には専用の部屋を船に増設する必要があるほか、キャラクターが最低ステータスを満たしていなければなりません。足りないステータスはレベルアップでの上昇で補うか、各地のギルドなどで入手できるアイテムを装備させましょう。また、船のサイズも船内施設の設置数や種類に関わります。

初期で重要な役職は「操帆手」「測量士」「操舵手」です。操帆コマすべてにキャラクターを置くことで、帆を半開状態で自動的に風向きをあわせてくれる、測量士がいる状態だとシェアのある港間の航路が繋がっていたら自動移動が可能に。操舵手がいる場合は船の操作がしやすくなるほか、自動移動速度もアップします。

なお、甲板画面で「冒険」「交易」「戦闘」それぞれに適切な自動配置もできます。また、キャラクター配置を登録しておくことも可能です。

「覇者の証」を目指せ!相手のシェアを奪い取れ

交易を重ねて船団も大きくなる頃には、主人公の名声値も少しずつ高まってきていると思います。名声値が高くなることで、その海域ごとの勢力とのイベントなどが発生。主人公と海域によってさまざまな状況となり、ときには他勢力と協力関係や敵対関係になることも。もちろん、プレイヤーの選択によって自由な攻略も可能です。

敵対した勢力を倒すためには相手の港のシェアを削り、影響力を下げていく必要があります。シェアを奪うためには「投資で敵対している相手からシェアを奪う(敵対状態なら可能)」「海戦で勝利する」「諜報活動で相手の評判を落とす」などの方法があります。敵対勢力を倒し、プレイヤーの影響力が大きくなったら「覇者の証」への道が拓けるかも知れません。

なお、通常時でもシェアを奪う方法はいくつか存在します。一番簡単なのは「流行品を大量に売る」ことです。流行品は交易所の商人も必要なため、大量に売りさばくとこっそりシェアを上げてくれるのです。流行品は広場で確認できるほか、船内に「礼拝室」を作り、街の広場で交易品を配布することで意図的に流行を起こせるのです。

もちろん船団を強化して、片っ端から喧嘩を売るのもひとつのプレイスタイル。本作で覇者を目指す方法はひとつではないのです。

違う港に運ぶことで流行を作ってくれるNPCも。

各勢力への親書も重要な戦略。

まだまだ遊び要素はたくさん!自由な旅を!

本作の楽しみ方は交易や戦闘だけではありません。この世界にはさまざまな宝物が隠されており、プレイヤーの到着を今や遅しと待ち受けているのです。宝物を手に入れるために大切なのが、大きな街の酒場にいる「看板娘」です。看板娘は酒場のマスター経由で話しかけられます。

彼女たちにはそれぞれ「欲しい物」が設定されており、対応するプレゼントを贈ることでさまざまな情報を提供してくれるようになります。プレゼントは各港のギルドで購入できるので、航海中に見つけて資金に余裕がある場合はとりあえず買っておくのがおすすめです。

プレゼントをもらった看板娘たちは、その地域で噂になっている宝物の位置を教えてくれるようになります。また、ギルドで「遺跡の地図」を購入してイベント発生条件を満たしている場合はその道を教えてくれることも。酒場娘経由で入手できるアイテムはどれも協力なものが多いため、プレイヤーの大きな助けになります。

そのほか、余った船や仲間を利用して海域内で自動交易させる「地方艦隊」、『大航海時代IV ROTA NOVA』から追加された宝の地図探しなどの要素も存在。大きな利益を得られる交易航路を見つけることで報奨金を得られる「黄金航路」なども用意されています。本作は海の覇者になるという最終目的や主人公ごとのストーリーもありますが、基本はとても自由な作品です。世界の海をぜひ楽しみましょう!


ここまで紹介してきた『大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version』。ゲームはすでに20年前に完成しており、シリーズでも人気作品だっただけにその内容は間違いなく良質です。ただし、シリーズ共通で決して派手なゲームではないため、少しずつ自身を強化していきたいプレイヤー向けではあります。

ただ。今回のHD版で感じたのは操作が一部やりづらいということ。筆者はPC版でプレイしているのですが、特に「マウス操作だと航海中なぜか重くなる」「コントローラーでカーソル移動がしづらい」2つの問題が深刻です。いろいろ試した結果「航海はコントローラー、それ以外はすべてマウス」というちょっと変わった操作になっています。かつて遊んだPS版だともう少しコントローラー操作しやすかったのですが……。

やや操作に難はあるものの、自由な交易や宝探しなどの冒険など、多種多様な楽しみ方が用意されている本作。ストーリーに従わずいきなり日本や新大陸を目指すこともできるのです(当然難易度は高いです)。かつてオリジナル版をプレイした人はもちろん、じっくり系の海洋冒険シミュレーションというジャンルが気になる人にはぜひおすすめしたいタイトルです。なお、公式サイトにはマニュアルもあるためゲームプレイに悩んだら読んでみましょう。

最後に、シリーズファンにオススメしたいのが本作の「30周年記念版」です。こちらには初代『大航海時代』や『大航海時代Online』など、歴代作品のサウンドトラック10枚組を収録。初期作品を手掛けた菅野よう子さんの「サザン・トワイライト 喜望峰でダンス」「CLOSE TO HOME クロース・トゥ・ホーム」や、各作品オープニングテーマなど名曲の数々をたっぷりと楽しめますよ!

タイトル:大航海時代IVwith パワーアップキット HD Version
対応機種:PC/ニンテンドースイッチ
記事におけるプレイ機種:PC(Steam)
発売日:2021年5月20日
記事執筆時の著者プレイ時間:7時間
価格:4,180円



《Mr.Katoh》
Mr.Katoh

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top