Meta、Quest 3より安価なMRヘッドセットを2024年発売か。コストダウンのためコントローラーなし? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Meta、Quest 3より安価なMRヘッドセットを2024年発売か。コストダウンのためコントローラーなし?

Metaは、新型MRヘッドセット「Quest 3」を本日(10月10日)発売しましたが、前モデルQuest 2よりも数万円は高価となりました。しかし同社は2024年、コントローラーを同梱しない安価なヘッドセットを発売予定だと著名ジャーナリストが主張しています。

ゲーム機 VR
Image:Meta/YouTube
  • Image:Meta/YouTube

Metaは、新型MRヘッドセット「Quest 3」を本日(10月10日)発売しましたが、前モデルQuest 2よりも数万円は高価となりました。しかし同社は2024年、コントローラーを同梱しない安価なヘッドセットを発売予定だと著名ジャーナリストが主張しています。



アップルのインサイダー情報に詳しいBloombergのMark Gurman記者は、自らのニュースレター「Power On」でアップルとMetaのMRヘッドセット競争について語っています。以前Gurman氏は、Quest 3について詳細かつ正確な情報を伝えていました。



最新記事によると、Metaの匿名人物は同社が「アップルを恐れている」段階にあると語っているのこと。今年6月に、アップルが高級MRヘッドセットApple Vision Proを発表したことを警戒しているというわけです。

そのためMetaは、MRヘッドセット戦略を再構築。その一環として、Quest 3によく似ているものの、より安価な部品を使った廉価モデルを準備中とのこと。

どうやって、製造コストを下げるのか。検討している方法の1つは、ハンドコントローラーを同梱しないことです。その代わり「コントローラーを別売りにするか、ハンドジェスチャーでヘッドセットを操作する」方向が探られているようです。

加えて、廉価モデル発売後にはQuest 3をエントリーモデルとハイエンドの「中間層」製品に位置づけるとも述べています。

Apple Vision Proにもコントローラーは同梱されない予定ですが、それは洗練された視線追跡やジェスチャー操作が可能であり、必要性が薄いためでしょう。そもそも3499ドル(約52万円)という高価な製品であり、コストダウンのためではないと思われます。



今年初め、Metaが社内で従業員に公開したというAR/VRハードウェア製品のロードマップが流出。そこでは「より買いやすい」ヘッドセット、開発コード名「Ventura」を2024年発売予定とされていましたが、今回の廉価ヘッドセットとの関係は今のところ不明です。

先日の年次イベントMeta Connectで、Metaは以前は熱心に推進していたメタバースにあまり言及せず、ゲームや生産性の向上など、実用性を前面に押し出していました。それは、アップルがVision Pro発表時に強調していたのと近いアプローチです。以前、アップル社内ではメタバースという概念を禁じられているとの報道もありました

噂の廉価モデルがQuest 3とは別ものなのか、それともQuest 3のコントローラーを非同梱にした別バージョンかは不明です。前モデルのQuest 2も、発売後のソフトウェアアップデートにより新機能の追加やパフォーマンス向上が施されており、Quest 3もコントローラーなし・手のジェスチャーのみで操作可能となるのかもしれません。




Meta Quest 3 128GB
¥74,800
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Meta Quest 3 512GB
¥96,800
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Kiyoshi Tane》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 画面なしのハンドヘルド機「Pocket GO」発表―ARグラス仕様&AMD最新モデル「Ryzen 7 8840HS」搭載

    画面なしのハンドヘルド機「Pocket GO」発表―ARグラス仕様&AMD最新モデル「Ryzen 7 8840HS」搭載

  2. PS3とPS Vita本体からのPSNアカウント作成および管理が不可に―最新システムソフトウェア配信

    PS3とPS Vita本体からのPSNアカウント作成および管理が不可に―最新システムソフトウェア配信

  3. Steamゲームのコントローラー対応がわかりやすく!PS系を中心に対応表記が大幅拡充

    Steamゲームのコントローラー対応がわかりやすく!PS系を中心に対応表記が大幅拡充

  4. 去り行く「ILLUSION」に、『VRカノジョ』をプレイしながら敬礼! “とっておき”に触れた別れの夏

  5. もしもの時も安心なSteam Deck修理センターが開設―保証対象外でも有料で修理を受け付け

  6. MSXエミュレータ搭載のMSX0 Stack向けにMSXゲーム100タイトルがプロジェクトEGGで配信決定

  7. 携帯ゲーミングPCに「Ryzen 7 7840U」搭載モデル続々登場!重量わずか400gのシリーズ最新モデル「AYANEO AIR 1S」はクラウドファンディングを7月11日開始

  8. 純金とダイヤモンドで装飾されたPS4コントローラー登場―恐ろしくてレバガチャできない…【UPDATE】

  9. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

  10. 『ソウル・サクリファイス』開発陣の新作『ソウル・コヴェナント』発表!“主人公との一体化”を追求するVRドラマチックACT

アクセスランキングをもっと見る

page top