“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外レビューひとまとめ 『Hunted: The Demon's Forge』

June 18, 2011(Sat) 00:43 / by Kako



Eurogamer: 7.0/10
Huntedの設計不足、ファンタジーとしてのぬるい背景設定を見過ごせるなら、もっと楽しいことを見つけるまでは、スラッシュ&エクスプローラな楽しい数時間を過ごせるでしょう。

Game Informer: 6.0/10
主人公のCaddocとElaraについて、気に障ったのと同じくらい、本当に好きだった。例え彼らの身体的デザインが、ステレオタイプな裸のダンディ&かろうじて布をまとうセクシーなエルフだとしても、彼らのパーソナリティは月並みな表現を超えている。

IGN: 6.0/10
カバーベースのシューター、ファンタジー設定、ホットなCo-opアクションという奇妙なブレンドはちょっと気を引きますが、完成度には問題があります。

GameSpot: 5.0/10
実行できなかった失敗というガレキの山の下に、岩のように固いアイデアが埋まっている。
GOOD: 多彩な近接アクションとカバー・シューティングのMIX。楽しい協力アクション。良質なボイスアクトとサウンドトラック。
BAD: 膨大な量の不具合と処理問題。フィニッシュ・ムーブがゲームプレイを阻害。魅力のない色使いとアートデザイン。使えない画面分割モード。

1UP: 4.2/10
あなたの時間を費やすためのもっと間違った方法を考えることもできるが、そのリストは、もっと良い方法を並べた驚くほど長大なリストに比べると色あせてしまう。


ファンタジーCo-opアクション、Hunted: The Demon's Forgeの海外レビューです。北米で5月末に発売。Metacriticでの平均点は60点台で悪くはない、というレベルに収まっています。ファンタジーという世界観にカバーベースのシューター要素、さらにCo-opという“ファンタジーなGears”とでも呼べる組み合わせは新鮮のように映りますが、それぞれの要素で特筆すべきところは見当たらない様子。全体的にデザイン面で洗練が足りないという指摘も多いです。



ふつうにクリアまででも10時間以上、キャラクターの強化でさらに時間を費やせる他、自作マップで遊べる“Crucible”モードもあります。それほど細かいことが気にならない人が、同じようなフレンドと楽しむゲームとしてはボリュームたっぷりといえそうです。ちなみに日本では現時点で発売日未定となっています。(ソース: Metacritic)


【関連記事】




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集


no image