『Spec Ops: The Line』のYAGERがUE4のライセンスを取得、次世代タイトルを開発へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Spec Ops: The Line』のYAGERがUE4のライセンスを取得、次世代タイトルを開発へ

ニュース 最新ニュース

昨年6月に発売されたサードパーソンシューター『Spec Ops: The Line』を手がけたドイツのデベロッパーYAGERが、Epic Gamesの最新ゲームエンジン“Unreal Engine 4”のライセンスを取得した事が発表されました。またYAGERは今後数ヶ月で発表される次世代ゲームにて同エンジンを採用する事を伝えています。

昨年8月にも大型プロジェクトの存在を明らかにしてたYAGERですが、気になる内容については今なお不明。『Spec Ops: The Line』の続編となる可能性も十分に考えられます。詳細については正式発表を待ちましょう。

なお今回のライセンス取得に関してYAGERのマネージング・ディレクターTimo Ullmann氏はUnreal Engine 4がトリプルA級の次世代ゲームを制作する最良なツールセットであると伝えるとともに、自分達の主要なプロジェクトでEpicの最新技術を利用できる事に興奮していると語っています。
(ソース&イメージ: Game Informer)

※文中の誤字を訂正しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。

【関連記事】
協力ミッションがプレイ可能な『Spec Ops: The Line』の無料DLCが配信開始
『Spec Ops: The Line』のデベロッパーが新たな大型プロジェクトを進行中
『Spec Ops: The Line』の無料DLCが今夏配信へ、4種類のCo-opミッションを収録
砂嵐と狂気が戦場を飲み込む『Spec Ops: The Line』ローンチトレイラー
いよいよ発売が迫る『Spec Ops: The Line』最新インタビュー映像
【PS4発表】PS4で動作するUnreal Engine 4の最新リアルタイム技術デモ映像
期待のUnreal Engine 4採用ホラーゲーム『Daylight』の最新スクリーンショット4点が公開
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 『マインクラフト』の累計販売本数が1億2,000万本を突破!―毎月5,500万人がプレイ

    『マインクラフト』の累計販売本数が1億2,000万本を突破!―毎月5,500万人がプレイ

  2. 噂:『アサシンクリード』次回作とみられるスクリーン出現―エジプトが舞台?

    噂:『アサシンクリード』次回作とみられるスクリーン出現―エジプトが舞台?

  3. 『ハースストーン』新拡張「大魔境ウンゴロ」発表!135種類のカード追加

    『ハースストーン』新拡張「大魔境ウンゴロ」発表!135種類のカード追加

  4. 噂: HD版『シェンムーHD』は1と2のセットで2017年にリリースか

  5. 『シャドウ・オブ・モルドール』続編『Shadow of War』海外発表!発売は8月

  6. 噂: 『バトルフィールド 1』にゾンビモードが登場か―DLC新マップで謎の呻き声

  7. 元EA Sports代表、プロサッカークラブ「リヴァプールFC」CEOに就任

  8. 『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. オープンワールド狩猟ゲーム『theHunter: Call of the Wild』発表!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top