ハードコアゲーマーのためのWebメディア

3Dプリントで作られた原作に忠実な『FF7』のファンメイドフィギュア

ゲーム文化 カルチャー


ここ最近で爆発的に普及し、ゲーマーの間でもファンメイド作品の製作に用いられるようになった3Dプリンター。昨日にはスマホケースとしても使用出来るハイクオリティな『Fallout 3』のPip-Boy 3000をご紹介しましたが、新たに海外ユーザーが製作した『ファイナルファンタジー VII』のフィギュアが密かな話題となっています。

『FF VII』といえば様々な派生作品で次々とグラフィックが向上したフランチャイズの1つですが、今回はプレイステーションで発売されたオリジナル版のキャラクターモデルを忠実に再現。当時のレトロポリゴンの風味を上手に生かし、まさにキャラクター達がゲーム画面から飛び出してきたかの様な完成度。


各フィギュアはハンドメイドショップShapewaysで販売もされているようで、商品ページにてより鮮明なイメージも確認する事が出来ます。





3Dプリンターを使ったゲーム系のファンメイド作品はこれからもまだまだ登場しそうです。(ソース&イメージ: imgur - joabaldwin , Shapeways)

【関連記事】『FF7』のミッドガルを更に細かく再現した『Minecraft』ファン作品
『FF7』のミッドガルを超細かく再現した『Minecraft』ファン作品
『Mass Effect』のキャラクターを『FF7』風ローポリゴンで再現!
スクエニ北瀬氏が『FF7』リメイクに言及「少し違った内容にアレンジしたい」
Egg Toss You Carry…FF7『片翼の天使』の空耳歌詞(英語ver.)
《FURUKAWA》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  2. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  6. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

  7. SF青春ADV『ライフ イズ ストレンジ』実写映像シリーズが製作決定

  8. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  9. 英雄は悩殺!『オーバーウォッチ』マーシーの天使コスプレ―D.Vaちゃんのごろ寝ショットも

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top