“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

ライリーの毛がファサー『Call of Duty: Ghosts』PC版で見るNVIDIAグラフィック技術

March 08, 2014(Sat) 02:43 / by RIKUSYO


これまでにも様々なPCゲームでグラフィック技術の進化を見せてきたNVIDIAですが、新たに『Call of Duty: Ghosts』のPC版を用いて幾つかの技術を披露する最新トレイラーが公開されています。トレイラーでは煙の流れを実現する「Turbulence」、ライリーの毛がファサーっとなびく「Dynamic Moving Fur」、ジャギーを抑える「TXAA」が紹介。いずれも無効状態と有効状態の双方の映像が収められており、大きな違いを確認する事ができます。

ハードウェアの進化、新技術の登場でゲームはますますリアルになっており、今後の更なる発展がとても楽しみです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2014年3月8日 03:47:46 ID: 0SR/tHF5CrQN
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    グラフィックばかり磨いて中身が疎か、っていうゲーム論は好きじゃないけど
    このゲームの場合はそんな所に力注いでいる場合かと言いたくなってしまう。

  • 2014年3月8日 09:12:38 ID: aYCE+EsfvCds
    7 スパくんのお友達さん
    通報する

    初代Xboxのねずみくすの頃からフサフサは性能をアピールするにはもってこいの題材なんだな
    年月が経って技術は進歩しているが俺の頭髪のフサフサは減っているんだな

  • 2014年3月8日 02:59:27 ID: 8nX+h9nTNzNj
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    いい加減ハードウェアPhysXの夢は諦めた方が良いんじゃねーかな……
    代償があまりにもデカ過ぎるわ。仕方ないとは言え、描画対象増え過ぎ。
    AGEIA P1買った俺ですら、今じゃPhysXのロゴを見かけると逆に敬遠したくなる。

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 54 件

no image