ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『Ryse: Son of Rome』の要求スペック詳細が発表― 4Kには780/Titanを要求

PC Windows

Crytekは、PC版『Ryse: Son of Rome』の要求スペック詳細を発表しました。これは、Steamストアページに掲載された最低/推奨スペックをより細かく解説したものです。

    最小動作環境:
  • CPU: Intel Core i3 2.8 GHz (3220T) または AMD Phenom II X4 3.2 GHz (945)
  • メモリ: 4 GB RAM
  • GPU: NVIDIA GeForce GTX 560 または AMD Radeon HD 7770
  • OS: 64 bit Windows (Vista、7、8)
  • HDD: 26GB
    推奨動作環境:
  • CPU: Intel Core i5 3.3 GHz (2500k) または AMD FX-6350 3.9 GHz
  • メモリ: 8 GB RAM
  • GPU: NVIDIA GeForce GTX 660Ti または AMD Radeon 260x/7850
  • OS: 64 bit Windows (Vista、7、8)
  • HD: 26GB
    4Kプレイ向け推奨動作環境:
  • CPU: Intel Core i7 3.5 GHz (2700k) または AMD FX-8350 4.0 GHz
  • メモリ: 8 GB RAM
  • GPU: NVIDIA GeForce GTX 780/ Titan または AMD Radeon 290x
  • OS: 64 bit Windows (Vista、7、8)
  • HD: 26GB
これらの動作環境の中で、CPUが4K動作でも2011年に発売したi7 2700kを要求するのに対して、グラフィックカードではGTX 780/TitanやR9 290xといった最新で高性能なGPUを要求していることに注目が集まります。そのため、PC版をプレイしようと考えているユーザーは、使用しているPCのグラフィックカードを確認しておくとよいかもしれません。

PC版『Ryse: Son of Rome』はSteamで10月10日に発売予定。価格は4,980円で予約購入を受け付けています。


9月4日に公開されたPC版トレイラー
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 30 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 恐竜シューター『The Orion Project』盗用疑惑でSteam販売停止―登場武器が『CoD:BO3』と酷似

    恐竜シューター『The Orion Project』盗用疑惑でSteam販売停止―登場武器が『CoD:BO3』と酷似

  2. 90年代の日本産STGへの愛が込められた『ザイドニア』プロジェクトが公開

    90年代の日本産STGへの愛が込められた『ザイドニア』プロジェクトが公開

  3. 『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

    『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

  4. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

  5. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  6. 『シヴィライゼーション VI』が電撃発表! 日本語版情報やトレイラーも

  7. CygamesのTCG『Shadowverse』PC版がSteam Greenlightに登録、クロスプレイ対応か

  8. 非対称マルチホラー『Dead by Daylight』クローズドベータ始動!狩りが始まる…

  9. 【特集】『Steamでプレイすべきシューティングゲーム』10選

  10. 『Overwatch』ランクマッチの離脱ペナルティーには「シーズン中BAN」も―PTR参加者報告

アクセスランキングをもっと見る

page top