米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表

ゲーム文化 カルチャー

米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表
  • 米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表
米国の消費者専門誌のオンライン版「Consumer Reports.org」より、「2014年度で最も暴力的なゲーム 5本」が発表されました。

主に市場調査や消費財の比較検討などを始めとした、様々なコンシューマー向けレポートを発表してきたConsumer Reports。米国の団体Consumers Unionによって運営されている同メディアから発表された「2014年度で最も暴力的なゲーム5本」は、以下の通りです。
  • 『Grand Theft Auto V』
  • 『Watch Dogs』
  • 『The Evil Within』
  • 『Assassin’s Creed Unity』
  • 『Sunset Overdrive』

ESRBのレーティング情報と共に、2014年で最も痛ましく犯罪的なゲームとして伝えられたのは、オープンワールドで描かれる大作クライムアクション『GTA V』やサバイバルホラー『The Evil Within』などを始めとした作品。同メディアでは、これらは「子どもに近付けるべきではない」ようなタイトルであるとも語られています。また、この5本とは対照的な存在とも言える「2014年度で最も子ども向けなゲーム 5本」も発表されています。

  • 『Skylanders: Trap Team』
  • 『Disney Infinity 2.0』
  • 『Pokemon Alpha Sapphire/Omega Ruby』
  • 『Super Smash Bros.』
  • 『LittleBigPlanet 3』

これらの5本は前述の「子どもに近付けるべきではない」タイトルとは相反するように、「ちっちゃなゲーマーに笑顔を与える」タイトルとして紹介されています。ディズニーやピクサーの人気キャラクターが登場する『Disney Infinity 2.0』や海外でも絶大な人気を誇る『ポケモン』シリーズ最新作、そしてキュートなルックスと奥深いクリエイトモードを備えた『LBP 3』などは、ファミリーフレンドリーなゲームとしてチョイスされたとのことです。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 39 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』マップ開発に痛恨のミス…ディレクターが今明かす「ドラド」誕生秘話

    『オーバーウォッチ』マップ開発に痛恨のミス…ディレクターが今明かす「ドラド」誕生秘話

  2. Twitch配信者が24時間チャリティー放送中に死去、原因は「深刻な睡眠不足」か

    Twitch配信者が24時間チャリティー放送中に死去、原因は「深刻な睡眠不足」か

  3. 玉ねぎ…ではない!『DARK SOULS』ジークマイヤー珠玉コスプレ

    玉ねぎ…ではない!『DARK SOULS』ジークマイヤー珠玉コスプレ

  4. 初代「Xbox」日本発売15周年!思い出深いタイトルは?

  5. 【猫の日企画】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題―スパくんだと?

  6. 血も涙もない世界で生きるサイドスクロールRPG『LISA』がSteam Greenlightに登場

  7. 実際にプレイ可能な手のひらサイズのアーケードマシンが海外発表!―『パックマン』など登場予定

  8. 名作FPS『Doom』を「ポルシェ911」で運転プレイする男が危険すぎる

  9. 『Dota2』クイーン・オブ・ペインがねんどろいど化!さらにリナがfigmaに!

  10. WW2時の沈没潜水艦を探すホラー『See Light』―オープンワールド採用

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top