ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表

ゲーム文化 カルチャー

米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表
  • 米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表
米国の消費者専門誌のオンライン版「Consumer Reports.org」より、「2014年度で最も暴力的なゲーム 5本」が発表されました。

主に市場調査や消費財の比較検討などを始めとした、様々なコンシューマー向けレポートを発表してきたConsumer Reports。米国の団体Consumers Unionによって運営されている同メディアから発表された「2014年度で最も暴力的なゲーム5本」は、以下の通りです。
  • 『Grand Theft Auto V』
  • 『Watch Dogs』
  • 『The Evil Within』
  • 『Assassin’s Creed Unity』
  • 『Sunset Overdrive』

ESRBのレーティング情報と共に、2014年で最も痛ましく犯罪的なゲームとして伝えられたのは、オープンワールドで描かれる大作クライムアクション『GTA V』やサバイバルホラー『The Evil Within』などを始めとした作品。同メディアでは、これらは「子どもに近付けるべきではない」ようなタイトルであるとも語られています。また、この5本とは対照的な存在とも言える「2014年度で最も子ども向けなゲーム 5本」も発表されています。

  • 『Skylanders: Trap Team』
  • 『Disney Infinity 2.0』
  • 『Pokemon Alpha Sapphire/Omega Ruby』
  • 『Super Smash Bros.』
  • 『LittleBigPlanet 3』

これらの5本は前述の「子どもに近付けるべきではない」タイトルとは相反するように、「ちっちゃなゲーマーに笑顔を与える」タイトルとして紹介されています。ディズニーやピクサーの人気キャラクターが登場する『Disney Infinity 2.0』や海外でも絶大な人気を誇る『ポケモン』シリーズ最新作、そしてキュートなルックスと奥深いクリエイトモードを備えた『LBP 3』などは、ファミリーフレンドリーなゲームとしてチョイスされたとのことです。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 39 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

    ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  2. ブリーフ姿で戦う実写格ゲー『Brief Karate Foolish』がSteam Greenlightに出現!

    ブリーフ姿で戦う実写格ゲー『Brief Karate Foolish』がSteam Greenlightに出現!

  3. Ubisoftが海外向け書籍部門を設立、第1弾はジャンヌ・ダルク登場の小説版『アサクリ』

    Ubisoftが海外向け書籍部門を設立、第1弾はジャンヌ・ダルク登場の小説版『アサクリ』

  4. 豪華クルーズ船が会場の超ゴージャスな『Dota 2』大会「Nanyang Championship Cruise Cup」10月開催へ

  5. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  6. 狂気に支配される新作『Year Of The Ladybug』初のトレイラー遂に公開

  7. Oculusラッキー氏、非公式政治団体関与の報道に対し声明―一部を認める

  8. デンマーク産アニメ風2DパズルADV『Forgotton Anne』発表!―シームレスなシネマティック体験が特色

  9. 【TGS2016】『DEATH STRANDING』ステージ―小島監督が世界のファンに回答、『メタルギア』にも

  10. 悪夢のインディー新作『Year Of The Ladybug』初トレイラーが1週間延期

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top