ハードコアゲーマーのためのWebメディア

無断で『FIFA』に60万円課金された父親、MSから全額返金受ける―「皆さんへの警鐘になれば」

ゲーム文化 カルチャー

無断で『FIFA』に60万円課金された父親、MSから全額返金受ける―「皆さんへの警鐘になれば」
  • 無断で『FIFA』に60万円課金された父親、MSから全額返金受ける―「皆さんへの警鐘になれば」
先日、「ゲームを遊ぶ息子が約60万円の少額課金を無断で行った」「返金も拒まれた」ことが報じられていたカナダ在住の男性・Lance Perkins氏。悲惨と取るか自業自得と取るか、はたまた「マイクロトランザクション」のようなビジネスモデルの是非を問うべきか、などと様々な角度から注目を集めていたこの事件ですが、CBCより彼の返金対応が無事に行われたことが伝えられています。

当初はクレジットカード会社やMicrosoftから返金対応が棄却されていたPerkins氏ですが、新たに彼がCBCに語ったところによれば、『FIFA』プレイ中に支払われた7,625.88カナダドル(日本円で約63万円)はMicrosoftによって「全額返金処理」がなされたとのこと。Perskins氏は事件を振り返りながら「皆さんへにとっての警鐘になることを願います」「家族全体をひっくり返してしまうような事態、子どもが間違いを犯してしまう危険性は、決してただのゲームとは言えません」とコメント。クレジットカード所有者に向けて注意を呼びかけ、返金対応を受け入れたMicrosoftに感謝の意を表明しています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 34 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  2. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. SF青春ADV『ライフ イズ ストレンジ』実写映像シリーズが製作決定

  6. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  7. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  8. まさに寝落ち!『オーバーウォッチ』でアナに眠らされ続けてサーバーから強制退場

  9. ボードゲーム版『DOOM』2016年後半にも発売!マリーンVSデーモンの激突描く

  10. 【E3 2016】『Limbo』開発元の新作『INSIDE』発売日決定!―記念で『Limbo』無料配信も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top