ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ハースストーン』新フォーマット「スタンダード」「ワイルド」が正式発表―詳細なFAQも

ニュース 発表

『ハースストーン』新フォーマット「スタンダード」「ワイルド」が正式発表―詳細なFAQも
  • 『ハースストーン』新フォーマット「スタンダード」「ワイルド」が正式発表―詳細なFAQも
  • 『ハースストーン』新フォーマット「スタンダード」「ワイルド」が正式発表―詳細なFAQも
  • 『ハースストーン』新フォーマット「スタンダード」「ワイルド」が正式発表―詳細なFAQも
  • 『ハースストーン』新フォーマット「スタンダード」「ワイルド」が正式発表―詳細なFAQも
  • 『ハースストーン』新フォーマット「スタンダード」「ワイルド」が正式発表―詳細なFAQも
  • 『ハースストーン』新フォーマット「スタンダード」「ワイルド」が正式発表―詳細なFAQも

Blizzard Entertainmentは、PC/iOS/Androidで展開しているコレクティブルカードゲーム『ハースストーン(Hearthstone)』の新たな対戦フォーマットを正式に発表、併せて本作リードゲームデザイナーのベン・ブロード氏の解説動画が公開されています。

導入される対戦フォーマットは「スタンダード」と「ワイルド」の2つ。これまでの対戦形式を刷新し、本作が長く続く上で表面化してきた問題を解決する目的で実装されます。スタンダードでは使用可能カードをその年と前年にリリースされたカードに制限するという、本作における新しい試みで、公式世界大会にも採用される今後の標準的な対戦フォーマットになります。Blizzardが提示したスタンダードフォーマットのメリットは以下をご覧ください。

    ■「スタンダード」により、ハースストーンのプレイは常に新鮮なものとなります!

  • よりダイナミックでバランスのとれたゲームが可能になります。
  • 使えるカードが限定されることで、新しく追加されるカードのインパクトが増します。
  • 開発者にとって、新しいカードをデザインする際の制約が少なくなります。
  • 新規プレイヤーは、従来のようにたくさんのカードを揃えなくてもすぐに楽しめます。

一方の「ワイルド」はこれまで通り、全てのカードを使用できる対戦フォーマット。ランク戦、カジュアル戦は「スタンダード」と「ワイルド」の両方に用意され、プレイヤーは好きなフォーマットで楽しむことが可能。また、新たなフォーマットの導入にあわせたアップデートも予定されており、基本カードとクラシックカードのバランス調整、デッキスロット数の9から18への増加などが告知されています。

ちなみに新フォーマット導入となる今年は「クラーケン年(どし)」と呼ばれるとのこと。今後、新しいハースストーンの年ごとに、アゼロスの夜空に輝く十二の星座から 1 つが選ばれ、シンボルとなります。来年も最初の拡張版のリリースと共にハースストーンの新年が始まり、スタンダード・フォーマットが更新されます。

新対戦フォーマット導入に関する公式FAQを以下に掲載しているので、こちらの記事と併せてチェックしてみてください。

    全般的な質問

  • ブログを読んでないんですが、いったい何が起こるのですか?
  • ハースストーンのランク戦とカジュアルプレイに2つのフォーマットが導入されます。そのうちの1つ「スタンダード・フォーマット」(略して「スタンダード」)のデッキでは、土台となる基本とクラシックセットのカードに加えて、その年と前年にリリースされたカードだけが使えます。もう1つの「ワイルド・フォーマット」は従来通りのプレイにつけられる新しい名前で、今まで集めたカードをすべて(もちろん「スタンダード」のカードを含めて)使えます。

  • フォーマットって何ですか?
  • カードゲームにおけるフォーマットとは、デッキに含めるカードの種類を決めるためのルールや制約のことです。

  • フォーマットを導入する理由は何ですか?
  • フォーマットの導入によってハースストーンが目指す重要な目標のいくつかを達成することができます。スタンダード・フォーマットは、より新鮮かつダイナミックなゲームを可能にし、開発者が新しいカードをデザインする際の制約を減らし、新規プレイヤーがハースストーンに参入するときのハードルを低くします。一方、ワイルド・フォーマットではこれまでにリリースされたすべてのカードを使うことができ、今まで通り破天荒で何でもありのプレイを楽しめます。

  • 「スタンダード」はどのくらいの頻度で変わるのでしょうか?
  • スタンダード・フォーマットは毎年、最初の拡張版がリリースされるときに変更されます。変更時、スタンダード・フォーマットはその年と前年にリリースされたセットへと変更されます。基本とクラシックセットの2つは常にスタンダード・フォーマットに含まれます。

  • 基本とクラシックが常に「スタンダード」に含まれる理由は何ですか?
  • これら2種類のカードはいわばハースストーンの土台です。これらのカードがハースストーンのテイストを決めるほか、機能的にも新規プレイヤーがこのゲームのシステムを学ぶのに最適なものとなっています。また、プレイヤーがたとえ一時的にプレイから離れたとしても、これらのカードが変わらずそこにあれば安心して戻ってくることができると考えています。

  • 「クラーケン年(どし)」とは何ですか?
  • 「クラーケン年」はスタンダード・フォーマットによる最初の年を象徴する呼び名です。来年も最初の拡張版のリリースと共にハースストーンの新年が始まり、スタンダード・フォーマットが更新され、また別の伝説上のクリーチャーがその年を象徴します。


    デッキの管理

  • 「スタンダード」導入後、今あるデッキはどうなりますか?
  • スタンダード・フォーマット用のカードだけで組まれたデッキはスタンダード・フォーマットのデッキになります。ワイルド・フォーマット用のカードを含むデッキは自動的にワイルド・デッキに変わりますが、デッキを選択するかデッキタイトルバーの上にマウスカーソルを合わせ、「スタンダード・フォーマット」を選択することによってスタンダード・デッキに変更することもできます。デッキに含まれるワイルド・フォーマットのカードには入れ替え済みのマークがつきます。

  • コレクションブックの中でスタンダード・カードかどうかは区別できますか?
  • 個々のカードにそれが属するフォーマットが記載されることはありませんが、コレクションブックでは構築中のデッキがスタンダードになるのかワイルドになるのかを知らせるヒントが表示されます。またコレクションブックでは、スタンダード・フォーマットのカードのみを表示するようフィルターをかけられます。

  • 新しいデッキスロットは、スタンダード・デッキにのみ利用できるのですか?
  • いいえ、スタンダード・デッキとワイルド・デッキの両方に利用できます。追加のデッキスロットは、9人のヒーロー全員をアンロックすると利用できるようになります。


    カードの作成、還元、収集

  • カードの収集はどう変わりますか?
  • スタンダード・フォーマットに含まれるアドベンチャーや拡張版は、今後もゴールドや実際のお金を使って購入することができます。スタンダード・フォーマットに含まれないカードセットは今後ゲーム内ショップでの購入ができなくなりますが、代わりに魔素を使って作ることができるようになります(これには、今まで還元も作成もできなかったアドベンチャーのカードも含まれます)。

  • アドベンチャーの購入はどうなりますか?
  • スタンダード・フォーマットに含まれるアドベンチャーについては、今後も購入が可能です。スタンダード・フォーマットに含まれないアドベンチャーは購入ができなくなります。ただし、そのようなアドベンチャーであっても、すでに1つでもその区画を所有している場合は、ゴールドを使って残りの区画を購入することが可能です。

  • スタンダード・フォーマットに含まれないカードでも作成や還元は可能ですか?
  • はい、そのようなカードはすべて(以前は作成も還元もできなかったアドベンチャーのカードも含めて)作成や還元が可能です。還元して得られる魔素の量や作成に必要な魔素の量は通常通りです。ただし、基本カードは例外で、作成も還元もできません。

    注:必要なチャレンジをクリアしていれば、スタンダード・フォーマットのアドベンチャーからも作成と還元することができます。


    ゲームプレイ

  • 「スタンダード」ではランダムな効果はどうなりますか?
  • ランダムな効果(ランダムなミニオンやカードの召喚、「発見」、変身など)は、プレイ中のフォーマットで使えるカードのみが対象となります。したがって、「スタンダード」でランダムな効果によって召喚されるのは、スタンダード・フォーマットで使えるカードのみです。ワイルド・フォーマットではすべてのカードが使えるので、ランダムな効果の現れ方は今までと変わりません。

  • 報酬はどちらのフォーマットでも獲得できますか?
  • ゴールドを獲得し、クエストをこなし、ヒーローをレベルアップさせ、ゴールデンヒーローを目指して勝利を重ねる。これらはどちらのフォーマットでも変わりはありません。ただし、シーズン終了時のランク戦の報酬及びカード裏面デザインは、「スタンダード」か「ワイルド」のどちらか一方の、よりランクが高いほうのみ受け取ることができます。また、シーズン終了時の報酬とアリーナの報酬でもらえるのは、スタンダード・フォーマットで使えるカードのみです。

  • スタンダード・フォーマットは闘技場でも利用できますか?
  • ソロプレイやアドベンチャーと同じく、闘技場は基本的にワイルド・フォーマットとなっています。したがってスタンダード・フォーマットはランク戦とカジュアルプレイにのみ適用されます(例外として酒場の喧嘩で利用できる場合があります)。

  • フォーマットは酒場の喧嘩にも適用されますか?
  • 酒場の喧嘩はルールが毎週変わり、ワイルド・フォーマットが適用されることもあれば、スタンダード・フォーマットが適用されることもあります。どちらにしても間違いなく大荒れになります!

  • フォーマットは手持ちのアドベンチャー・デッキに影響を与えますか?
  • アドベンチャーはワイルド・フォーマットです。したがって、アドベンチャー・デッキの構築には手持ちのカードがすべて使えます。

  • マッチメイクシステムはどうなりますか?
  • スタンダードを選択した場合はスタンダード・フォーマットルールを使用して作られたデッキを使う相手とマッチングされます。ワイルドを選択した場合、ワイルド・フォーマットデッキはスタンダード・フォーマットのカードも含んでいる為、ワイルド・フォーマットだけではなくスタンダード・フォーマットデッキを使う相手ともマッチングされます。

  • ワイルド・フォーマットでスタンダード・デッキは使えますか?
  • もちろんです! ワイルド・フォーマットではリリースされた日に関係なく、すべてのカードが使えます。もちろんそれにはスタンダード・フォーマットのカードも含まれます。

  • 親善試合(フレンド対戦)はスタンダード・フォーマットでプレイできますか?
  • もちろんです! 親善試合はどちらでも好きなフォーマットを選んで申し込めます。対戦相手は選ばれたフォーマットのデッキしか使えません。


    ランク戦プレイとeスポーツ

  • 「スタンダード」と「ワイルド」のそれぞれでランキングはどうなりますか?
  • スタンダード・フォーマット実装の際、ランク戦におけるあなたのランキングは両方のフォーマットに適用されます。たとえば、フォーマット実装時のランクが5なら、「スタンダード」と「ワイルド」のどちらでもランク5になります。

    その後、ランキングとマッチメイクレーティングはフォーマットごとに独立したものとなりますが、「スタンダード」と「ワイルド」の両方でレジェンドに到達することももちろん可能です。ただし、シーズン終了時のランク戦の報酬は「スタンダード」か「ワイルド」のどちらか一方の、よりランクが高いほうのみ受け取ることができます。どちらのフォーマットで受け取ったにしろ、シーズン終了時のボーナスは、スタンダード・フォーマットで使えるカードのみです。

    注:カジュアルモードでプレイをした場合、スタンダートもワイルドも両方一つのマッチメイクレーティングから算出されます。

  • Battle.netの友達に表示されるのはどちらのフォーマットのランキングですか?
  • Battle.netの友達に表示されるのは、スタンダード・フォーマットのランキングのみです。

  • ランク戦上位100名の発表は、スタンダード・フォーマットとワイルド・フォーマットのそれぞれについて行われるのですか?
  • 現時点では、スタンダード・フォーマットでのみ行う予定です。

  • ハースストーン選手権ツアーポイントは、どちらのフォーマットのランク戦でも獲得できますか?
  • 2016年のハースストーン選手権ツアーでは、スタンダード・フォーマットでのみポイントを獲得できます。

  • ブリザードのeスポーツの公式イベントはすべてスタンダード・フォーマットで行われるのですか?
  • はい。2016年のハースストーン選手権ツアーとハースストーン世界選手権では「スタンダード」が公式フォーマットになります。


    その他

  • 「クラーケン年」で更新される一部の基本カードとクラシックカードは、もともと作成に必要だった量の魔素に完全に還元できるのですか?
  • ハースストーンにフォーマットを実装する時点で、基本カードとクラシックカードの一部を見直す予定です。調整がおこなわれたクラシックカードは、期限限定で作成に必要な魔素と同量で還元できるようになります。ただし、基本カードは従来通り還元も作成もできません。

  • プレイモードが「スタンダード」と「ワイルド」に分かれたことで、マッチメイクが長くなるのではありませんか?
  • 影響はないと考えています。

  • ショップで購入できなくなったアドベンチャーでもプレイすることはできますか?
  • 引き続きプレイできるのはすでに所有しているアドベンチャーのみです。それがワイルド・フォーマットでしかプレイできなくなる前に1つでもその区画を所有している場合、引き続き残りの区画をアンロックしてプレイすることができます。ただし、アンロックに使えるのはゴールドのみで、実際のお金は使えません。

  • 新規プレイヤーですが、プレイモードでワイルド・フォーマットを選択できないように見えます。どうすればランク戦やカジュアルをワイルド・フォーマットでプレイできますか?
  • スタンダード・フォーマットに含まれないカードを1枚でも作成すれば、ワイルド・デッキを作るオプションをアンロックでき、ワイルド・フォーマットでプレイできるようになります。すでにこのようなカードをお持ちの場合は自動でワイルド・フォーマットがアンロックされている状態になります。

  • スタンダード・フォーマットに含まれないセットが、将来スタンダード・フォーマットに戻される可能性はありますか?
  • 現時点では、ワイルド・フォーマット専用のセットをスタンダード・フォーマットに戻す予定はありません。

  • 2016年の最新拡張版はどのようなものですか?
  • 想像もできないくらいすばらしいものです。きっと気に入ってもらえるはずです。期待に胸を膨らませてお待ちください!
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: 新型「PS4 Slim」は5Ghz帯に対応か、取説とUIイメージ浮上

    噂: 新型「PS4 Slim」は5Ghz帯に対応か、取説とUIイメージ浮上

  2. 『Don't Starve』開発元の新作『Hot Lava』は、「子供の想像あるある」が題材

    『Don't Starve』開発元の新作『Hot Lava』は、「子供の想像あるある」が題材

  3. PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア体験会で「極まる」新要素を見た

    PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア体験会で「極まる」新要素を見た

  4. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  5. 噂: 「PS4 Slim」に続き新型「DUALSHOCK 4」映像が出現

  6. 『ウィッチャー3』GOTY版と通常版のセーブデータが非互換な理由が判明

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. 噂: スリム型PS4本体が海外オークションに姿現す

  9. 新型PS4「NEO」発表か!SIEイベント「PlayStation Meeting」米国で9月開催

  10. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top