240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会

ゲーム機 周辺機器

240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会

ベンキュージャパンは、都内の品川シーズンテラスにてBenQ ZOWIEシリーズ ゲーミングディスプレイの新製品内覧会を実施しました。

今回の出展では、世界初の240Hz垂直リフレッシュレートで動作するゲーマー向けディスプレイ新製品「XL2540」や、反応速度に優れた27インチ「RL2755」、24インチの「RL2455」、そして「XL2430」、「XL2411」、「XL2735」が展示されていました。

XL2540

目玉となる240Hzの「XL2540」は、Blizzardの人気FPS『オーバーウォッチ』を使って展示されており、その滑らかな反応速度を実際に確認。60Hzや144Hzに比べ、240Hzでは視点を動かすと描写されるコマとコマの間が感じられない程に滑らかに映ります。

ベンキュージャパンの担当者に「XL2540」の詳しい特徴を聞いてみると、240Hz動作ではさらに高いフレームレートを維持しなければならないため、GTX 1080のハイエンドグラフィックカードが要求されるようです。またディスプレイ本体とグラフィックカードはディスプレイポートで接続するようです。

さらに本ディスプレイには、ディスプレイ左右に、より高い集中力を確保するための取り外し可能なアイシールドが付属します。筆者も実際に取り付けられたディスプレイを見てみると、端から先の奥が視界に入らないためゲームプレイの没入感を削ぐことがないと感じました。

ディスプレイの画像モードはFPS1やFPS2、RTSと、任意に設定出来るゲーマー1から3、動画、標準の8つです。ゲーマー1から3は、付属のS.Switch Arcから即座に切り替えられます。

モニタ正面

モニターの設定は、ボタンかS.Switch Arcから行える

モニター横のアイシールドは、前へ畳むとヘッドセットやヘッドフォンを置ける伸縮棒が展開出来る。USBポートもあり

アイシールドはドライバだけでなくコインでも取り外し出来る

モニタ上下の移動率

赤い点を移動させることで上下移動位置の限界も設定出来る

画面モード

入力端子

背面

「XL2540」の枠は、画面からの光が反射しないようなベゼルデザインとなっているため、まさにゲーミングのために生まれたと言えるようなディスプレイとなっています。本体の仕様は、24.5型ワイドで解像度は1920x1080のフルHD、応答速度は1ms(GtG)。入出力端子はHDMI v2.0が1口、HDMI v1.4が1口、DVI-DLが1口、DisplayPortが1口、Micジャック x1(in/out)が1口、ヘッドフォンジャックが1口です。ベンキュー製品にはおなじみのフリッカーフリーやブルーレイト軽減モードに加え、スピーカーも内蔵。

「XL2540」は国内で2月17日からの発売を予定しており、オープン価格を想定していますが、実売価格は8万円前後になるとのことです。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 18 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. VR版『Fallout 4』E3でプレイアブル出展、ディレクターは「人生で最も想像を絶するもの」と絶賛

    VR版『Fallout 4』E3でプレイアブル出展、ディレクターは「人生で最も想像を絶するもの」と絶賛

  2. 新型Xbox Oneコントローラー「Recon Tech Special Edition」海外にて登場!

    新型Xbox Oneコントローラー「Recon Tech Special Edition」海外にて登場!

  3. Razerのプロ仕様PS4コントローラー「Raiju」海外で予約開始―価格は約2万円!

    Razerのプロ仕様PS4コントローラー「Raiju」海外で予約開始―価格は約2万円!

  4. 新たな表現に期待! HTC Viveを利用したリアルタイムプロジェクションマッピング

  5. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  6. バンダイナムコ、大型VR施設「VR ZONE Shinjuku」を期間限定オープン!

  7. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

  8. VRヘッドセット新型「Vive 2」がCESで発表との噂をHTCが否定

  9. 2013*年末企画『AMDの新グラフィックAPI“Mantle”その一連の動向に迫る』

  10. つくってあそぼ、Googleがダンボールとスマートフォンを使ったVRヘッドセットの作り方を公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top