現在Valveは3本のフルVRゲームを開発中―「既存コンテンツをVR化するだけでは成功しない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

現在Valveは3本のフルVRゲームを開発中―「既存コンテンツをVR化するだけでは成功しない」

ゲーム機 VR

現在Valveは3本のフルVRゲームを開発中―「既存コンテンツをVR化するだけでは成功しない」
  • 現在Valveは3本のフルVRゲームを開発中―「既存コンテンツをVR化するだけでは成功しない」

ValveのGabe Newell氏は、ワシントン州ベルビューの本社で行われた海外メディアとのラウンドテーブルにおいて、現在3本のVRゲームを開発していることを明らかにしました。詳細なゲーム内容は伝えられていないものの、それらはUnityとSource 2での両方で構築されており、『The Lab』のような実験タイトルではない、フルゲームになるとのことです。

『The Lab』プレイ映像

また、現在のValveがソフトウェアとハードウェアを同時にデザインすることができると伝えるとともに、任天堂の宮本茂氏の名前を挙げ「これは宮本氏が常に持っていたものです。彼はゲームをデザインする際に、入力デバイスが何であるかを考えてシステムをデザインする能力がありました。これがより良いエンターテインメント体験の構築を可能にするのです」と語っています。

そして、VRはギミックではなく、バーチャル体験の分野における全く新しい言語であると強調。単に既存のコンテンツをVR空間に入れるだけでは全く成功しないだろうとも述べています。ちなみにValveは以前に『Half-Life 2』や『Team Fortress 2』をVRに対応させましたが、開発者にとってマイルストーンではあっても、ユーザーにVRシステムを買わせるまでの魅力はなかったとのことです。

    「既存のVRシステムを80%安くしたら巨大な市場になるでしょうか? 人々が1日に20時間をVRに費やす魅力的な理由はまだありません。一旦何かが得られれば、何百万人もの人々が興奮し、コスト削減を気にし始めます。これは時期尚早のコスト削減がすべての悪の根源であるという古いジョークのようなものです」

2018年~2019年までには、VRのディスプレイ技術が他のどのディスプレイ技術よりも進化すると予想しているGabe Newell氏。同氏率いるValveはこれまで様々な革新を見せてきただけに、前述の3本のVRゲームにも大きな注目と期待が注がれるのではないでしょうか。

新型Viveコントローラーのプロトタイプ
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 20 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. ピアノで『Doom』をプレイする異色のアーケードマシン“Doom Piano”

    ピアノで『Doom』をプレイする異色のアーケードマシン“Doom Piano”

  2. Razerのプロ仕様PS4コントローラー「Raiju」海外で予約開始―価格は約2万円!

    Razerのプロ仕様PS4コントローラー「Raiju」海外で予約開始―価格は約2万円!

  3. 映画「ジョン・ウィック」のVRゲーム『John Wick Chronicles』がSteam配信開始!

    映画「ジョン・ウィック」のVRゲーム『John Wick Chronicles』がSteam配信開始!

  4. 英セキュリティー研究者がCanon製プリンター上で『Doom』を起動させることに成功

  5. 『Dota 2』VR観戦が実装!SF映画さながらのライブ視聴デモ映像

  6. 「Steam コントローラ」「Steam リンク」をお値打価格で日本から!デジカ特別セール開催中

  7. 任天堂の新ゲーム機は「ニンテンドースイッチ」!据え置き&携帯ゲーム機のハイブリッドマシン!

  8. Steamコントローラーが50万台セールス達成!―最新アップデート情報も公開

  9. 初代Xboxのコントローラーデザイン案が披露!―ドリームキャストからの影響も?

  10. Steamクライアントが複数タイトルを同時DL可能に、非公式データベースが示唆

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top