Appleがビデオゲーム事業に本格参入?の噂再燃 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Appleがビデオゲーム事業に本格参入?の噂再燃

投資会社プルデンシャルのアナリストが主張するところによれば、[b]Apple Computer[/b]は現在ソフトウェアからハードウェアにまで渡る多数のゲーム開発者を雇い入れており、本格的なビデオゲーム市場に参入する強い可能性があるといいます。

ニュース 最新ニュース

投資会社プルデンシャルのアナリストが主張するところによれば、[b]Apple Computer[/b]は現在ソフトウェアからハードウェアにまで渡る多数のゲーム開発者を雇い入れており、本格的なビデオゲーム市場に参入する[url=http://gamesindustry.biz/content_page.php?aid=21550]強い可能性があるといいます[/url]。



Appleは長年ハードウェアとソフトウェアを自社で同時に手がけてきた企業であり、その成果であるiPodが製品ジャンルを遥かに超える影響力を持った今では、こういう噂がささやかれるのも当然なのかもしれませんが、同様の噂は[url=http://www.gamespot.com/pages/news/show_blog_entry.php?topic_id=24660295]以前から何度かささやかれて[/url]おり、今回もアナリストがとてもありそうだと言っている以外にこれといって新たに根拠が増えたわけでもなさそうです。

[url=http://en.wikipedia.org/wiki/Apple_II_series]Apple (II)[/url]といえば、実は[url=http://en.wikipedia.org/wiki/Atari_VCS]Atari (VCS)[/url]と並ぶ世界で最初に成功したゲームプラットフォームでもあったわけですが、その後のMacintoshでは有力開発者を抱えていたもののゲームマーケットでの存在感が薄くなり、目立った『成果』は日本のバンダイにライセンスした[url=http://en.wikipedia.org/wiki/Apple_Pippin]Pipin[/url]があるだけです。

IT業界屈指のブランド力を誇るAppleでも、強いバックグラウンドを持つ大企業同士が資本と鎬を削りあう現在のゲーム機ビジネスに自力で参入できるとはとても思えませんが、一方で[url=http://www.apple.com/jp/itunes/store/]iTunes Store[/url]ではiPodでしかプレイできないものの、Xbox Live アーケードのようなカジュアルゲームのダウンロードサービスは既に始まっており、Appleの映画配信同様この販路の強みを生かしたものになるのかもしれません。
[size=x-small](ソース:
[url=http://gamesindustry.biz/content_page.php?aid=21550]GamesIndustry.biz[/url])[/size]
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. サンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表!―プレイヤーによりコンテンツが創造

    サンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表!―プレイヤーによりコンテンツが創造

  2. 『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

    『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

  3. 『Diablo III』のクロスプレイ実装は現時点で計画無し―海外メディアに対しBlizzardが声明

    『Diablo III』のクロスプレイ実装は現時点で計画無し―海外メディアに対しBlizzardが声明

  4. 爆乳ハイパーバトル『閃乱カグラ Burst Re:Newal』海外版が発売延期、PS4版「スキンシップ」モード削除が影響

  5. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  6. スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  9. Blizzardが『Diablo III』のクロスプレイ実現に取り組んでいることが判明―海外メディア報道

  10. ディストピアアクションADV『We Happy Few』オーストラリアでの審査に合格、発売可能に

アクセスランキングをもっと見る

page top