Blizzardから脱退したチームがMMORPGを開発 目指すはMMO界のピクサー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Blizzardから脱退したチームがMMORPGを開発 目指すはMMO界のピクサー

ニュース 最新ニュース

Next Generationに掲載された[url=http://www.next-gen.biz/index.php?option=com_content&task=view&id=4379&Itemid=2]インタビュー[/url]から、[b]Red 5 Studios[/b]という日本ではあまり聞きなれないデベロッパーが、1800万ドルという巨額の融資契約をバックに新作MMORPGを開発していることがわかりました。どうしてそんな新参開発会社が資金調達できるの!?と思ったら、答えは簡単。このRed 5 Studiosは、元Blizzardで[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-10824&kword=Warcraft]World of Warcraft[/url]の開発に携わった複数のキーメンバーによって設立され、新参ながら腕は一流なデベロッパーでした。



現在Red 5 Studiosは、早くて2007年中のリリースを目標に新作MMORPGの開発に取り掛かっており、韓国の大手メーカーであるWebzenがパブリッシャーとして名乗りを挙げています。CEOであるMark Kern氏によれば、Red 5 Studiosが目指しているのは“オンラインゲーム業界におけるピクサーのような存在”。何故Blizzardを脱退したのかについては、「意見の食い違いから」ということですが、同時に「ビジネスモデルとして利益を生み出すことよりも、まずユーザーが楽しめる新しい体験とエンターテインメントを作り出すことにフォーカスしたい」と語っているのは、もしかするとユーザーの月額料金から莫大な利益を得ているWoWへの批判が含まれているのかもしれません。

過去にも、ビル・ローパー氏を含むDiablo IIの開発に関わったチームがBlizzardを去ってFlagship Studiosという別の開発会社を設立しています。彼らの新作[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11538]Hellgate: London[/url]や、今回のRed 5 Studiosが手掛けるMMORPGは、果たして成功を収めることができるのでしょうか。また、相次ぐキーメンバーの脱退で、今後Blizzardがどのように変わっていくのかも注目されそうです。

関連記事:[url=http://www.gamespark.jp/modules/ggnpc0/article.php?storyid=802]Blizzard COOインタビュー「未発表の3タイトルがプロジェクト進行中」[/url]
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. Steamサバイバルゲーム『Next Day: Survival』早期アクセス版が配信開始ー25%オフのセールも

    Steamサバイバルゲーム『Next Day: Survival』早期アクセス版が配信開始ー25%オフのセールも

  2. 『PUBG』月間アップデートが8月初頭に延期―内部クライアント問題解決せず

    『PUBG』月間アップデートが8月初頭に延期―内部クライアント問題解決せず

  3. 米国6月ソフトセールスは格ゲー席巻!『鉄拳7』『Injustice 2』『ARMS』上位に

    米国6月ソフトセールスは格ゲー席巻!『鉄拳7』『Injustice 2』『ARMS』上位に

  4. PS4『ARK:Survival Evolved』3つのポイント紹介―100種を超える恐竜達

  5. 硬派FPS『Escape from Tarkov』開発元が日本語フォーラムの管理者を募集

  6. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  7. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  8. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  9. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  10. 新作WW2FPS『Battalion 1944』が発表―『MoH』『CoD2』の精神的後継作

アクセスランキングをもっと見る

page top