eBayが仮想アイテムのリアルマネートレードを全面禁止に! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

eBayが仮想アイテムのリアルマネートレードを全面禁止に!

ニュース 最新ニュース


酷い時にはゲーム内の様相すら変えてしまったと言われる一方で、そもそも禁止すべきなのかという議論すら未だ決着をみない、仮想アイテムの現金取引[b]RMT[/b]。そんな中、ネットオークションの代名詞でもあるeBayが公式に取引禁止を打ち出したことで大きな話題となっています。



オンライン競売世界最大手のeBayでは、先月ごろから仮想アイテム類の取引が削除されるようになったと噂になっていたそうですが、26日になって[url=http://games.slashdot.org/article.pl?sid=07/01/26/2026257&from=rss]Slashdot[/url]が直接連絡を試みたところeBayの広報担当者が、RMTに対する新たなポリシーについて公式に語りました。eBay上で現在削除対象となっているのは、仮想アイテム、通貨、キャラクター、アカウントなどすべてにわたります。

広報によるとこれは、仮想アイテムを取り巻く"法的な複雑"さが理由だと説明しています。今後、「売り手は知的財産(IP)の所有者であるか、所有者によって配布する許可を得ている必要がある」んだそう。

一方で、当然ながら現在でもeBay上でRMTの出品をすべて削除できているわけではもちろんなく、たとえ削除ルールが浸透してもそれでは場所を代えるだけだという話にもなってしまいます。根本的に売りたい人と買いたい人がいる限りなくならない問題でもあるだけに、そもそも禁止すべきなのかという話が出る背景には[b]禁止できるのか?[/b]というのが大きな現実としてあります。

仮想空間を初めから取引の対象としたSecond Lifeの人気や、Ever Questを運営するSOEがRMTサービスを公式に立ち上げたという話は実際にプレイしているユーザー以外からも大きな話題となりました。最近のこうした流れの一方で、ついに全面禁止を打ち出したオークション最大手の対応は、今後の成り行きに注目が集まります。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.thelastboss.com/post.phtml?pk=2081]The Last Boss[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/41566401@N00/245080017/]Flickr[/url])[/size]

関連記事:eBayオークション ゲーム機セット 開始価格はなんと2万5000ドル(約300万円)


関連記事:オンライン仮想人生ゲーム『Second Life』登録者数が200万人突破
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. 『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

    『アサシン クリード オリジンズ』 「隠れし者」1月23日国内配信!本編から4年後が舞台

  3. 『オーバーウォッチ』新マップ「Blizzard World」1月23日入場開始―海外発表

    『オーバーウォッチ』新マップ「Blizzard World」1月23日入場開始―海外発表

  4. 病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

  5. ヒラメキパズル新作『Scribblenauts Showdown』が海外発表!―今度はみんなでバトルだ

  6. PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

  7. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  8. SIE新副社長にジム・ライアン氏―SIEEプレジデントなどを兼任

  9. 『METAL GEAR SURVIVE』国内オープンベータ開催決定―シングルゲームプレイも

  10. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

アクセスランキングをもっと見る

page top