『Crackdown』発売を迎え、早くもダウンロードコンテンツが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Crackdown』発売を迎え、早くもダウンロードコンテンツが登場

ニュース 最新ニュース

日本では明日発売となる[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Crackdown&kcatid=]Crackdown[/url]ことライオットアクトですが、ゲームの完成後もアップデートは続けられており、さっそく発売に合わせて今回は4種類の新エージェント用スキンがダウンロードできるようになるそうです。一部で待望の女性キャラは含まれませんが、中にはあのサム・フィッシャー([url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Splinter+Cell&kcatid=]Splinter Cell[/url])風三つ目ヘッドギアを被っているものもあるんだとか。



もちろん無料ですが、今回はゴールドメンバーシップが必要みたい。以前デモ版がリリースされた時には当初、ダウンロード可能なのが"[b]Xbox Liveの全ての地域―日本とドイツを除く[/b]"なんて書かれていてちょっぴり悲しい感じだったのですが、今回は無事[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=936]ドイツ[/url]を除く全ての地域で利用できるそうです。(現在はデモ版もダウンロードできますよ!英語版のままですが、公式に[url=http://www.xbox.com/ja-JP/games/r/riotact/demo_0001.htm]解説ページ[/url]もできました。)

まず最初に選択することになる主人公のスキンだと思われるので、海外版を注文された方もこれから明日購入される方も、いきなりゲームを始める前に、まずはダウンロードのチェックをお忘れなく。[size=x-small](ソース: [url=http://kotaku.com/gaming/crackdown/four-new-crackdown-agents-free-238104.php]Kotaku[/url])[/size]

関連記事:海外レビューハイスコア『Crackdown(邦題:ライオットアクト)』


関連記事:『Crackdown』、体験版リリースから24時間内のダウンロード回数記録更新!


関連記事:『Crackdown』でできる10の事


[i]Crackdown[/i]
過去の記事一覧


(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

    『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  2. 『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

    『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

  3. 「2017 Golden Joystick Awards」の投票受付が開始!―ノミネート作品リスト

    「2017 Golden Joystick Awards」の投票受付が開始!―ノミネート作品リスト

  4. デベロッパーの働きかけによりSteamがオーストラリアドルなど11の通貨に対応か

  5. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  6. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  7. Steamが「レビュー荒らし」に対策、ユーザーレビューにヒストグラム表示が追加

  8. 今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

  9. 全DLC収録『Fallout 4: Game of the Year Edition』発表!海外で9月発売【UPDATE】

  10. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

アクセスランキングをもっと見る

page top