『Crackdown』発売を迎え、早くもダウンロードコンテンツが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Crackdown』発売を迎え、早くもダウンロードコンテンツが登場

ニュース 最新ニュース

日本では明日発売となる[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Crackdown&kcatid=]Crackdown[/url]ことライオットアクトですが、ゲームの完成後もアップデートは続けられており、さっそく発売に合わせて今回は4種類の新エージェント用スキンがダウンロードできるようになるそうです。一部で待望の女性キャラは含まれませんが、中にはあのサム・フィッシャー([url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Splinter+Cell&kcatid=]Splinter Cell[/url])風三つ目ヘッドギアを被っているものもあるんだとか。



もちろん無料ですが、今回はゴールドメンバーシップが必要みたい。以前デモ版がリリースされた時には当初、ダウンロード可能なのが"[b]Xbox Liveの全ての地域―日本とドイツを除く[/b]"なんて書かれていてちょっぴり悲しい感じだったのですが、今回は無事[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=936]ドイツ[/url]を除く全ての地域で利用できるそうです。(現在はデモ版もダウンロードできますよ!英語版のままですが、公式に[url=http://www.xbox.com/ja-JP/games/r/riotact/demo_0001.htm]解説ページ[/url]もできました。)

まず最初に選択することになる主人公のスキンだと思われるので、海外版を注文された方もこれから明日購入される方も、いきなりゲームを始める前に、まずはダウンロードのチェックをお忘れなく。[size=x-small](ソース: [url=http://kotaku.com/gaming/crackdown/four-new-crackdown-agents-free-238104.php]Kotaku[/url])[/size]

関連記事:海外レビューハイスコア『Crackdown(邦題:ライオットアクト)』


関連記事:『Crackdown』、体験版リリースから24時間内のダウンロード回数記録更新!


関連記事:『Crackdown』でできる10の事


[i]Crackdown[/i]
過去の記事一覧


(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

    PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

  2. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

    『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  3. 『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

    『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

  4. Quantic Dream元従業員が劣悪な職場環境を非難―同社CEOは強く否定

  5. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  6. 『MotorStorm』『Driveclub』元開発者が新作SFゲーム制作中―Unreal Engine 4採用

  7. 海外セガが謎の予告イメージを公開!―『テーマホスピタル』後継作との噂も

  8. 第21回「D.I.C.E. Award」ノミネート作品発表―『Horizon Zero Dawn』は10部門ノミネート!

  9. 『ペルソナ』シリーズ最新作『P3D』『P5D』収録曲発表―キャラ別ダンススタイルも

  10. 幻想的な映像が続く『YUMENIKKI -DREAM DIARY-』のプロモーションビデオが公開!

アクセスランキングをもっと見る

page top