『Crackdown』発売を迎え、早くもダウンロードコンテンツが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Crackdown』発売を迎え、早くもダウンロードコンテンツが登場

ニュース 最新ニュース

日本では明日発売となる[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Crackdown&kcatid=]Crackdown[/url]ことライオットアクトですが、ゲームの完成後もアップデートは続けられており、さっそく発売に合わせて今回は4種類の新エージェント用スキンがダウンロードできるようになるそうです。一部で待望の女性キャラは含まれませんが、中にはあのサム・フィッシャー([url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Splinter+Cell&kcatid=]Splinter Cell[/url])風三つ目ヘッドギアを被っているものもあるんだとか。



もちろん無料ですが、今回はゴールドメンバーシップが必要みたい。以前デモ版がリリースされた時には当初、ダウンロード可能なのが"[b]Xbox Liveの全ての地域―日本とドイツを除く[/b]"なんて書かれていてちょっぴり悲しい感じだったのですが、今回は無事[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=936]ドイツ[/url]を除く全ての地域で利用できるそうです。(現在はデモ版もダウンロードできますよ!英語版のままですが、公式に[url=http://www.xbox.com/ja-JP/games/r/riotact/demo_0001.htm]解説ページ[/url]もできました。)

まず最初に選択することになる主人公のスキンだと思われるので、海外版を注文された方もこれから明日購入される方も、いきなりゲームを始める前に、まずはダウンロードのチェックをお忘れなく。[size=x-small](ソース: [url=http://kotaku.com/gaming/crackdown/four-new-crackdown-agents-free-238104.php]Kotaku[/url])[/size]

関連記事:海外レビューハイスコア『Crackdown(邦題:ライオットアクト)』


関連記事:『Crackdown』、体験版リリースから24時間内のダウンロード回数記録更新!


関連記事:『Crackdown』でできる10の事


[i]Crackdown[/i]
過去の記事一覧


(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 噂:「SteamOS」にWindowsゲームへの対応機能が開発中か

    噂:「SteamOS」にWindowsゲームへの対応機能が開発中か

  3. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  4. 噂:スイッチ向け『Diablo III』情報がWeb版フォーブスに一時掲載―『ゼルダの伝説』コラボアイテムの画像も

  5. SIE、マイクロソフトら「HDRのゲーム体験の更なる向上を目指す」"HGIG"に参画

  6. PC版『モンハン:ワールド』中国WeGameでの配信停止―「多数の苦情」のためか【UPDATE】

  7. 冒険家の人生描くオープンワールドRPG『Outward』がDeep Silverより発売決定!

  8. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!―誰でも無料で利用可能

  9. コメディスパイアクション『The Spy Who Shrunk Me』発表! 武器は縮小光線やバナナの皮

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top