ホテルの壁に浮かび上がるDoomguy | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ホテルの壁に浮かび上がるDoomguy

ゲーム文化 その他


サラエボのホテルに映し出されたDoomguy([b]Doom[/b]の主人公Flynn Taggartの通称)。これはDamiano Colactio氏によるこの作品はサラエボで行われた国際芸術祭のオープニング作品であり、内戦によって被害を受けたサラエボの運命を表現したものだそうです。都市が内戦時に受けた多大なる被害を物語るようにDoomguyの顔は苦悶の表情を浮かべエネルギーは14%に減ってしまいますがやがてエネルギーは100%に戻ります。そしてDamiano Colactio氏は言います。


一見堂々としたホテルは内戦時、多大なる被害を受けた。
サラエボはFlynnのように廃墟から不死鳥のように蘇るのです。


内戦の爪痕は深く、サラエボにはいまだ破壊された建物が多く残っています。今回展示されたDoomguyのように100%まで回復するといいですね。[size=x-small](ソース: [url=http://www.joystiq.com/]Joystiq[/url])[/size]
《RIKUSYO》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. Valveの新オフィスに「パイロランド」出現!―『TF2』パイロさんの見る世界がそこに…

    Valveの新オフィスに「パイロランド」出現!―『TF2』パイロさんの見る世界がそこに…

  2. ロックマン風ACT新作『Super Mighty Power Man』のKickstarterがキャンセルに

    ロックマン風ACT新作『Super Mighty Power Man』のKickstarterがキャンセルに

  3. 【特集】今からはじめるMod導入―「Nexus Mod Manager」で『Skyrim』や『Fallout』を遊び尽くす!

    【特集】今からはじめるMod導入―「Nexus Mod Manager」で『Skyrim』や『Fallout』を遊び尽くす!

  4. 『STAR WARS バトルフロント II』“ルートボックス騒動”2転3転?―ベルギー公共放送、報道を否定、“ルートボックス”は依然調査中

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 『オーバーウォッチ』「D.Va」メックのハイクオリティコスプレが超クール!

  7. 『Dead Space: Downfall』Steam配信開始―あのサバイバルホラーアクションのアニメ版

  8. 新作スケボーゲーム『Session』のKickstarterが開始!―PC/Xbox Oneでのリリースを予定

  9. 異形のバケモノ管理SLG『Lobotomy Corporation』は『SCP』の世界観を色濃く映す

  10. リュウが変形ロボに!?『ストリートファイターII』×「トランスフォーマー」シリーズ発売決定

アクセスランキングをもっと見る

page top