『Grand Theft Auto IV』の更なる詳細がGame Informerに掲載 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Grand Theft Auto IV』の更なる詳細がGame Informerに掲載

家庭用ゲーム Xbox360

[size=x-small]※雑誌に掲載されたスクリーンショットの一部[/size]


先日お伝えしたとおり、ゲーム雑誌Game Informerの5月号に[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Grand+Theft+Auto+IV&kcatid=]Grand Theft Auto IV[/url]の新情報などが掲載されました。[url=http://www.xboxic.com/news/2717]Xboxic[/url]、[url=http://www.destructoid.com/gta-iv-details-emerge-update--30906.phtml]DESTRUCTOID[/url]には雑誌のスキャンも掲載されています。掲載された内容を見ているとワクワクがどんどん大きくなっていきますね。以下は掲載された内容をまとめたものです。



●Niko Bellicが主人公。
●マルチプレイヤーは含まれるが詳細はまだ。MMOではない。
ゲームは2004年前半から開発していた。
●歩行アニメーションは地形によって変化する。物理学も良くなりキャラクターアニメーションはよりリアルになった。
Liberty Cityはゲームの唯一の場所
●雑誌編集者が見たのはXbox360版。
●雑誌編集者が見たDemoの空に飛行機はなく、ゲームに飛行機は登場しない模様。空の旅の他の形態は除外するべきではない(これは恐らくGame Informerの思い)。
●MetLifeビルはGetLifeビルへ、Statue of Liberty(自由の女神)はStatue of Happiness(幸福の像)、DUMBO (Down Under the Manhattan Bridge Overpass)はBOABO (Beneath the Offramp of the Algonquin Bridge Overpass)という名前で呼ばれる。
●Dan Houser of Rockstar Gamesの話では、ニューヨークの地形は、かつてビデオゲームでは描かれたことがないほどのレベルで再現されていると実感している。我々はゲーム中のすべての場所を眺めながら、その信じられないほど突出した出来に衝撃を受けた。それは、これまでにゲームで登場したことのないあらゆる象徴的な存在をすべて備えている。
●Rockstar NorthはGrand Theft Auto IVの中で、ニュージャージーの地域と同様にニューヨーク市の5つの自治区のうち4つを再現した。GTAの世界ではBrooklynはBroker、ManhattanはAlgonquin、QueensはDukes、BronxはBohan、New JerseyはAlderneyとなる。
●地理的にはSan Andreasより小さいが、この世界の1インチは無駄にせず地方や巨大な砂漠には使われない。それは世界に通用する建築、太陽を遮る塔、この分野において今後数十年目を捉える様なタイトで緻密な中心都市。
●都市は驚くべきリアリズムの生活をもたらす。日光はガラス製品の美しい日光のきらめきは古いレンガを複雑に照らし、一袋のゴミがどれくらい現実的に見えるかを明らかにする。太陽が沈み始めて都市は全く異なる見え方をする。目を見張るような建物はゆっくりと不吉なオベリスクとなる。どのニューヨーカーもが言うように、昼と夜のニューヨークは大きく違う。Liberty Cityはその特性を完全に捕らえた。
●Niko Bellicの家は東ヨーロッパにある。そして彼のいとこのRomanのためでなければ多分Libaty Cityへと旅立つことはなかっただろう。祖国でうまくいかないNikoはいとこのRomanからのEメールを受け取り、Libaty Cityへと旅立った。RomanのEメールには「俺はアメリカンドリームを実現し、驚くべき生活をしている。2人の女性がいる、4つの風呂がある、15台のスポーツカーをもっている。」Houserは詳しく説明し、Belliecはそれを信じ込んだ。彼が自分の過去から逃げ出すために思い込む明るい将来の展望は、本当の真実とはまったくかけ離れたものだった。Romanは彼に嘘をついていた。彼は裕福でない、人気がない、そして多くのトラブルを抱えている。彼は人生の失敗を隠すためいとこに嘘をついた。
●Roman(Nikoのいとこ)は彼がアメリカで知っているただ一人の人物。彼はゲーム序盤の主な友人、動機付けとコネクションの1つとして登場する。San Andreasと違い、プレイヤーは彼の祖国でBellicを見る機会が無い。あなたは彼の人生がLibaty Cityに訪れた瞬間から展開していくのを見る。
●Nikoは"不屈の性格"、Romanは"親しみやすい道化者"
●ターゲッティングシステムの詳細は公表せず。


開発は2004年前半からということで、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Grand+Theft+Auto%3A+San+Andreas&kcatid=&x=41&y=13]Grand Theft Auto: San Andreas[/url]発売前からだったのですね。San Andreas発売後は外伝的なシリーズとなっていましたが、GTA IV発表までの繋ぎのような感じだったのでしょうか。いずれにせよかなりの時間をかけて作られているようなので期待大ですね。

記事によると飛行機が登場しないかも、とのことですがそれは寂しいですね。今回は舞台がLiberty Cityだけなので必要ないかもしれませんが、やはりニューヨークが再現された街を空中散歩したいものです。

[size=x-small](ソース: [url=http://planetgrandtheftauto.gamespy.com/fullstory.php?id=118912]Planet Grand Theft Auto[/url]、[url=http://www.destructoid.com/gta-iv-details-emerge-update--30906.phtml]DESTRUCTOID[/url]、[url=http://www.xboxic.com/news/2717]Xboxic[/url])[/size]

【関連記事】
『Grand Theft Auto IV』のアートワークがゲーム雑誌Game Informerの表紙に
全世界待望!『Grand Theft Auto IV』トレイラーついに公開

Grand Theft Auto IVの関連記事をGame*Sparkで検索!
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【TGS2017】『アサシンクリード オリジンズ』日本初公開の「Xbox One X」にてハンズオン―本当に美しい、驚きの4K風景!

    【TGS2017】『アサシンクリード オリジンズ』日本初公開の「Xbox One X」にてハンズオン―本当に美しい、驚きの4K風景!

  2. 近日より『オーバーウォッチ』ライバルプレイの罰則が強化―3回のシーズンBANで永久BANに

    近日より『オーバーウォッチ』ライバルプレイの罰則が強化―3回のシーズンBANで永久BANに

  3. 【TGS 2017】『バイオハザード7』無料EP「Not A Hero」プレイ動画が公開!ゴールドエディションカプコン限定版も

    【TGS 2017】『バイオハザード7』無料EP「Not A Hero」プレイ動画が公開!ゴールドエディションカプコン限定版も

  4. 【TGS2017】『モンスターハンター:ワールド』のTGS特別体験デモをプレイ!新マップやボルボロスが登場

  5. 【TGS2017】ロボサバイバルACT『LEFT ALIVE』トレイラー!生きるのか、生かされるのか

  6. PS VR『サマーレッスン:新城ちさと』のプロモーション映像が公開!

  7. 【TGS2017】ネメシスの進化に迫る!『シャドウ・オブ・ウォー』デモセッション&ハンズオンレポート【UPDATE】

  8. 『マインクラフト』クロスプレイ対応アップデートが配信!―スイッチ版は今冬対応

  9. 【TGS2017】『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』4分半デビュートレイラー!4K/VR対応

  10. 『Horizon Zero Dawn』拡張コンテンツ「凍てついた大地」11月7日より国内発売、予約受付も始動

アクセスランキングをもっと見る

page top